バギオ大地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バギオ大地震
バギオ大地震の位置(フィリピン内)
バギオ大地震
本震
発生日 1990年7月16日
発生時刻 16時26分(現地時間)
震央 北緯15度42分 東経121度12分 / 北緯15.7度 東経121.2度 / 15.7; 121.2座標: 北緯15度42分 東経121度12分 / 北緯15.7度 東経121.2度 / 15.7; 121.2[1]
震源の深さ 25[1]km
規模    マグニチュード(M)7.6[2] ; 7.8[1]
被害
死傷者数 死者1621人
被害地域 フィリピンの旗 フィリピン
プロジェクト:地球科学プロジェクト:災害
テンプレートを表示

バギオ大地震(バギオだいじしん)は、フィリピンバギオ1990年7月16日16時26分に発生したマグニチュード7.8の地震ルソン島地震[2]1990年フィリピン地震[3]等ともよばれる。

110km以上におよぶ地震断層が地表に現れ、横ずれは最大で5mに達した。液状化現象地盤沈下斜面崩壊が各地で見られ、被災範囲は東西約100km、南北約150kmにわたった[3]。翌17日に逆断層運動によると考えられるモーメントマグニチュード6.4の最大余震が発生した[2]

1621人が死亡し、数千人が負傷した。当時のバギオでは最高級のホテルであったハイアット・テラス・ホテルをはじめ、ホテルなどの建築物が多数倒壊した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 理科年表』1994年版、丸善、1993年11月、p.875
  2. ^ a b c 阿部勝征 フィリピン・ルソン島地震(1990年7月16日)の地震学的調査 東京大学地震研究所彙報. 第65冊第4号, 1991年3月29日, pp.851-873
  3. ^ a b 佐藤忠信、東原紘道、小長井一男1990年フィリピン地震の地盤震動強度と構造物の被害 京都大学防災研究所年報34巻 1991年4月1日 pp.63-80

外部リンク[編集]