中国高速鉄道CRH5型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中国高速鉄道CRH5型電車
CRH5型電車先頭車両
CRH5型電車先頭車両
編成 8両(MT比は 5:3)
営業最高速度 250 km/h
設計最高速度 250 km/h
起動加速度 1.8 km/h/s
編成定員 固定式座席:621+1(車いすスペース)
回転式座席:585+2
全長 先頭車:27,600 mm
中間車:25,000 mm
全幅 3200 mm
全高 4270 mm
軌間 1,435 mm
電気方式 交流 25,000 V (50 Hz)
編成出力 5,500 kW
主電動機出力 550 W/基
制御装置 VVVFインバータ制御IGBT素子
制動方式 回生併用電気指令式空気ブレーキ(応荷重装置付)
製造メーカー アルストム
長春軌道客車

中国高速鉄道CRH5型電車(ちゅうごくこうそくてつどうCRH5がたでんしゃ)とは、中国中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)が第6次在来線スピードアップのために、フランスTGVを製造したアルストム社と提携して導入した高速鉄道車両である。なお、外国からの技術移転を基にライセンス生産されている全てのCRH車両は「和諧号」(和諧=調和の意)と呼ばれている。

概要[編集]

本型式はアルストム社の技術を導入して製造されたが、電気機関車による動力集中方式である TGV とは違い、旧フィアット社の「ペンドリーノETR600電車をベースとした動力分散方式による高速電車車両である。ただし、ETR600 と違い車体傾斜式車両ではない。営業運転での最高速度は 250 km/h としている。

中国側が契約した数は60編成で、そのうち3編成はイタリアで製造され、完全な形で中国に引き渡された。また6編成は組み立ては中国側とし、部品の状態で中国側に引き渡された。残りの51編成は長春軌道客車股份有限公司が製造した。この契約内容は、他の国へ発注したCRH1 - 3型と同様である。

2006年12月11日にイタリアから長春へ船便で発送され、2007年1月に到着した。中国生産車両については2007年4月に鉄道部に納入され、営業運転で使用されている。

CRH5のETR600との違い[編集]

車幅が拡張され、新幹線、他のCRH1 - 3型と同等の一列に最大5席を設置。初期の車両の座席の向きはCRH1型と同じ固定式で、CRH2型、CRH3型のように座席の向きを回転して変えることはできなかったが、一部の車両では座席が回転できるようになっている。ただし、回転式の座席を有する車両は、座席定員が減少している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]