スロベニア鉄道310系電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SŽ series 310
SŽ 310 series EMU (04).JPG
営業最高速度 170 km/h
設計最高速度 200 km/h
編成定員 166人
車体長 81,000(編成長) mm
車体幅 2,800 mm
軌間 1,435 mm
電気方式 直流3kV
制御装置 VVVFインバータ制御
製造メーカー アルストム
備考 ETR 460がベース

スロベニア鉄道310系電車(SŽ series 310)はスロベニア鉄道が運行するインターシティ・スロベニア(InterCitySlovenija,ICS)に導入されているペンドリーノシリーズの一種ETR 460をベースとした電車方式の強制車体傾斜式高速鉄道車両である。車両の最高速度は200km/hで電気方式は直流3kVである。クロアチア(レギオスウィンガー)、チェコ(Elektrická jednotka 680)を含む中央ヨーロッパ3カ国で運行されている高速列車のうちの一つでもある。

ICSはスロベニアの首都リュブリャナを中心に、主要都市コペルツェリェマリボルなど各地を結んでいる。列車は3両で、うち2両は2等車、1両は1等車で構成されている。身障者対応設備や公衆電話、バーなどの設備を備えている。

歴史[編集]

スロベニアでの高速列車導入の動きは1990年代中頃に遡る。ETR 460を用いたスロベニアでの走行試験が1994年9月から行われ、同年9月17日にはスロベニア鉄道における最高速度208.2km/hを記録している。試験走行での結果を元に、ETR 460をスロベニア鉄道が満足できるよう設計し直され、イタリアにも乗り入れ可能なようにされた。2000年9月24日よりリュブリャナ・マリボル間で運行が開始された。2003年12月14日からはユーロシティとしてイタリアのヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅に乗り入れを開始した。しかしながら、2008年4月以降イタリアへの乗り入れは行われていない。 現在はスロベニア国内のルートで最高速度170km/hで運行されている[1]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界の高速列車 218~221頁 三浦幹男・秋山芳弘著 ダイヤモンド社