中国国鉄DJJ2型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
中国国鉄DJJ2型電車
博物館で他の車両とともに展示されているDJJ2の車両
博物館で他の車両とともに展示されているDJJ2の車両
営業最高速度 160 km/h
設計最高速度 270 km/h
車両定員 一等車 72人
二等車 92~98人
全長 先頭車 21,700 mm
中間車 25,000mm
全幅 3,300 mm
全高 3,840 mm
車体材質 ステンレス
アルミニウム
軌間 1,435 mm
電気方式 交流 25,000 V 50Hz(架空電車線方式)
主電動機 三相交流誘導電動機 1,225kW
制御装置 VVVFインバータ制御GTO)
南车时代 TEP28WG01型
制動方式 直通式電空制御,自動空気制御
保安装置 TVM 430

中国国鉄DJJ2型電車「中華之星」 (ちゅうごくこくてつDJJ2がたでんしゃ「ちゅうかのほし」、Zhōng Huá Zhī Xīng) は中華人民共和国鉄道部が開発した特急形車両である。

概要[編集]

DJJ2型電車(中華之星)はDJJ1型電車(藍箭)の後継として高速鉄道などでの運用を念頭に開発が進められた。外観は新幹線700系電車と似ていて、技術も取り入れられている。色は青と白のストライプが主。なお、日本新幹線車両で採用されている動力分散方式電車)とは異なって、電気機関車客車の組合せによる動力集中方式で、フランスTGVと同様に両端に機関車を配して中間に付随客車を挟む編成である。電動車株洲電力機車大同電力機車が、付随車長春軌道客車四方機車車輛が製造した。

2002年12月に試験走行が行われ、最高速度は321.5km/hを記録したと報じられた。この試験走行は秦瀋旅客専用線秦皇島駅河北省) - 瀋陽北駅遼寧省)間で行われたもの。同路線で2003年7月からは試験運行が開始されたが、信号システムが列車の運行と合わない、高速鉄道車両としては致命的な電気系統やブレーキ系統の故障の頻発など運用上のトラブルが相次ぎ、営業運転開始は遅れた。

この運行上のトラブルは、日本の新幹線の発注の可能性やその是非をめぐる議論の材料の一つとなり、中国の鉄道高速化において、新幹線E2系電車ドイツICEなど海外の高速鉄道車両をベースとした車両の導入を主体とする現在の方針に繋がっている。

2005年夏に山海関駅(遼寧省)と瀋陽北駅との間で営業運転が開始されたが、最高時速は大幅に下方修正された160キロにとどまった。そしてその後も数々の問題が発生したため2006年8月2日の運行を最後に運用を離脱し、瀋陽の車両基地に留置され、営業運転再開の目処がたたなくなった。

2011年8月中国紙・南方週末が開発に関連し、2003年鉄道相についた劉志軍が、2005年に「中華の星の最高時速は160km/hでしかない」との理由で、研究開発の中止を決定し、日本やドイツ、フランスなどの技術を導入する方針へと切り替えたと報じた[1]

2013年現在、先頭車両を含む4両が北京市中国鉄道博物館東郊館で展示されている。

編成[編集]

外観 右側 中国国鉄DJJ2型電車,向右プラス方向行驶,前パンタグラフ升起,連結器は覆閉鎖(其中1等車图像尚未绘制,暂用2等車表示)
左側 DJJ2 0001A,動力車(編成中の機関車部),左側 RZ1 25DT 10977,1等柔席車 YIDENGZUOCHE(图像尚未绘制,暂用2等車表示),左側 RZ1 25DT 10978,1等柔席車 YIDENGZUOCHE(图像尚未绘制,暂用2等車表示),左側 RZ2 25DT 10979,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 RZ2 25DT 10980,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 RZ2 25DT 10981,食堂バー車 JIUBACHE,左側 RZ2 25DT 10982,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 RZ2 25DT 10983,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 RZ2 25DT 10984,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 RZ2 25DT 10985,2等柔席車 ERDENGZUOCHE,左側 DJJ2 0001B,動力車(編成中の機関車部),右側
車番号 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 -
車に向かって ←(プラス方向) →(逆方向)
車両コード 製造当初の番号 DJJ20001A RZ125DT 10977 RZ125DT 10978 RZ225DT 10979 RZ225DT 10980 RZ225DT 10981 RZ225DT 10982 RZ225DT 10983 RZ225DT 10984 RZ225DT 10985 DJJ20001B
改番後の番号 RZ125DT110977 RZ125DT110978 RZ225DT110979 RZ225DT110980 RZ225DT110981 RZ225DT110982 RZ225DT110983 RZ225DT110984 RZ225DT110985
颜色 無地の赤い字 無地の緑の字 無地の赤い字
技術の特徴 型番 DJJ2 RZ125DT RZ225DT DJJ2
車のタイプ 動力車(Mc) 付随車(T) 動力車(Mc)
動力の分布 ●● ●● 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 〇〇 ●● ●●
重さ 78トン 78トン
軸式 Bo-Bo 2-2 Bo-Bo
平均軸重 19.5トン 19.5トン
主要設備 パンタグラフ x1 - パンタグラフ x1
高圧引通線のつなぎ合わせます 高圧引通線及のつなぎ合わせます 高圧引通線のつなぎ合わせます
牽引変圧器 x1 - 牽引変圧器 x1
牽引コンバーター x2 牽引コンバーター x2
動力台車 x2 无動力台車 動力台車 x2
動力制動(再生して主として、抵抗の予備) - 動力制動(再生して主として、抵抗の予備)
空気制動(電気指令式)
再粘着制御
車体 アルミニウム合金のトップカバー 大型中空アルミニウム合金材料の車体 線は溶接しますの気密のステンレスの車体 アルミニウム合金のトップカバー
ステンレスの車体 ステンレス車体
超軽量全体は構造を積載します 超軽量薄い壁の筒の形の構造 超軽量全体は構造を積載します
複合材料製のマスク 複合材料製のマスク
台車 型番 ICE1/2から模造した動力台車 CW-300 SW-300 ICE1/2から模造した動力台車
付属の設備 駆動制動ユニット x2 - 駆動制動ユニット x2
牽引電機 x4 牽引電機 x4
載員の空間 運転手室 乗客室,1等座席,2列+2列配置,テレビ 乗客室,2等座席,2列+3列配置 酒吧区 乗客室,2等座席,2列+3列配置 運転手室
設備室 乗務員室 バーのカウンター、供給と加熱の食事はつけます 乗務員室 設備室
便所 レストラン区 便所
中央監視抑制室、技師が駐留
生産のメーカー 株州電力機関車工場 長春軌道客車工場 四方機関車車両工場 大同電力機関車工場
車番号 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 -

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]