京哈線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京哈線
路線総延長 1,249 km
軌間 1,435 mm
電圧 25kV 50HZ 架空電車線方式交流
最高速度 250 km/h
京哈線
各種表記
繁体字 京哈鐵路
簡体字 京哈铁路
拼音 Jīnghā Tiělù
発音: ジンハー ティエルー
英文 Jingha Railway
テンプレートを表示

京哈線(けいはせん)は中華人民共和国中国国鉄鉄道路線北京市黒竜江省ハルビン市を連絡する全長1,249kmの路線。北京秦皇島京秦線と、瀋陽北ハルビン哈大線との重複区間となっている。中国国鉄の主要幹線である「八縦八横」の一つ。

双城堡駅舎

歴史[編集]

京哈線は1881年光緒7年)6月に中国人が初めて建設を開始した鉄道路線、唐胥線中国語版を東西へそれぞれ延長して完成した。1901年(光緒27年)に北京正陽門まで、1911年宣統3年)に瀋陽総駅まで開通した。哈大線との重複区間に関しては東清鉄道を参考されたし。

開業後、北京〜瀋陽(奉天)間は京奉線と呼ばれていたが、満州国成立に伴い北京〜山海関間を北寧線、山海関〜瀋陽間を奉山線と改称した。日本敗戦後は再び統一され、名称も京瀋線に改められた。近年になって所要時間短縮の為、天津経由から薊県経由へ変更されている。

年表[編集]

  • 1881年11月 - 唐山開平~胥各庄間(路線距離9.7km、軌間1,435mm(標準軌))が「唐胥鉄道」として開通(国の北洋通商大臣李鴻章が設立した鉱山開発会社・開平礦務局が開炭鉱の石炭輸送を目的に建設した、中国が自主的に建設した最初の鉄道路線。なお、開通当初はラバで貨車を牽引する「馬車鉄道」であった)。
  • 1882年 - 蒸気機関車の運用を開始。
  • 1888年8月 - 天津まで延長。
  • 1893年 - 臨楡(山海関)まで延長、「津楡鉄道」に改称される。
  • 1897年 - 北京城外の馬家堡(後の北京南駅)まで延長。
  • 1901年 - 正陽門東駅(後の北京駅)まで延長。
  • 1907年8月 - 「京奉線」(京奉鉄道)へ改称。
  • 1912年 - 奉天城駅(瀋陽北駅)まで延長。
  • 1928年 - 南京国民政府の樹立により「北京」は「北平」に改称され、京奉線も「平奉線」に改められた。
  • 1929年4月 - 奉天省が遼寧省に、奉天市が瀋陽市に改称。路線名も「北寧線」(北寧鉄道)に改称された。
  • 1932年 - 満州国の成立により北寧線は東西に分断。後に山海関以東は満州国鉄「奉山線」となる。
  • 1938年 - 華北交通設立。北京~山海関間を「京山線」として運営。
  • 1945年 - ソ連軍侵攻と日本敗戦により満州国崩壊。国民政府の下で再び北寧線に統合される。
  • 1949年10月 - 中華人民共和国成立。都市名が「北平」から「北京」に戻り、北寧線は「京瀋線」に改称。
  • 1994年11月11日 - 軌道直下の炭坑が原因で軌道敷が沈下。新線を建設し唐山駅(現:唐山南駅)経由から唐山北駅(現:唐山東駅)経由へ経路変更。
  • 2006年12月31日 - 京滬線経由から京秦線経由に変更し、天津~山海関間は「津山線」と改称。山海関、皇姑屯間を秦瀋旅客専用線に変更、旧線は「瀋山線」と改称。

接続路線[編集]

主要駅一覧[編集]

北京 - 北京東 - 双橋 - 薊県南 - 秦皇島 - 山海関 - 葫蘆島北 - 錦州南 - 皇姑屯 - 瀋陽北 - 鉄嶺 - 四平 - 長春 - 徳恵 - 陶頼昭 - ハルビン

関連項目[編集]