ルモンド世紀の100冊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世紀の100冊(せいきのひゃくさつ)は、1999年にフランス小売業者フナック及びパリ新聞社ルモンドが実施した世論調査によるブック・ランキング

 百冊の一覧[編集]

  1. 異邦人アルベール・カミュ
  2. 失われた時を求めてマルセル・プルースト
  3. 審判フランツ・カフカ
  4. 星の王子さまアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
  5. 人間の条件アンドレ・マルロー
  6. 夜の果てへの旅ルイ=フェルディナン・セリーヌ
  7. 怒りの葡萄ジョン・スタインベック
  8. 誰がために鐘は鳴るアーネスト・ヘミングウェイ
  9. グラン・モーヌアラン・フルニエ
  10. 日々の泡ボリス・ヴィアン
  11. 第二の性シモーヌ・ド・ボーヴォワール
  12. ゴドーを待ちながらサミュエル・ベケット
  13. 存在と無ジャン=ポール・サルトル
  14. 薔薇の名前ウンベルト・エーコ
  15. 収容所群島アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  16. 『言葉たち』ジャック・プレヴェール
  17. 『アルコール』ギヨーム・アポリネール
  18. 『ブルーロータス』エルジェ
  19. アンネの日記アンネ・フランク
  20. 悲しき熱帯 (レヴィ・ストロース)クロード・レヴィ=ストロース
  21. すばらしい新世界オルダス・ハクスリー
  22. 1984年ジョージ・オーウェル
  23. 『アステリックス』ルネ・ゴシニ
  24. 禿の女歌手ウジェーヌ・イヨネスコ
  25. 『性理論に関する三つのエッセイ』ジークムント・フロイト
  26. 黒の過程マルグリット・ユルスナール
  27. ロリータウラジーミル・ナボコフ
  28. ユリシーズジェイムズ・ジョイス
  29. タタール人の砂漠ディーノ・ブッツァーティ
  30. 『“贋金づくり”の日記』アンドレ・ジッド
  31. Le Hussard sur le toitJean Giono
  32. Belle du SeigneurAlbert Cohen
  33. 百年の孤独ガブリエル・ガルシア=マルケス
  34. 響きと怒りウィリアム・フォークナー
  35. テレーズ・デスケルウフランソワ・モーリアック
  36. 地下鉄のザジレーモン・クノー
  37. 『感情の混乱』シュテファン・ツヴァイク
  38. 風と共に去りぬマーガレット・ミッチェル
  39. チャタレイ夫人の恋人D・H・ローレンス
  40. 魔の山トーマス・マン
  41. 悲しみよこんにちはフランソワーズ・サガン
  42. Le Silence de la merVercors
  43. 人生使用法ジョルジュ・ペレック
  44. バスカヴィル家の犬アーサー・コナン・ドイル
  45. 悪魔の陽のもとにジョルジュ・ベルナノス
  46. グレート・ギャツビーF・スコット・フィッツジェラルド
  47. 冗談ミラン・クンデラ
  48. 軽蔑アルベルト・モラヴィア
  49. アクロイド殺しアガサ・クリスティ
  50. ナジャアンドレ・ブルトン
  51. 『オーレリアン』ルイ・アラゴン
  52. 繻子の靴ポール・クローデル
  53. 作者を探す六人の登場人物ルイジ・ピランデルロ
  54. 『アルトロ・ウィの抑え得た興隆』ベルトルト・ブレヒト
  55. フライデーあるいは太平洋の冥界ミシェル・トゥルニエ
  56. 宇宙戦争 (H・G・ウェルズ)ハーバート・ジョージ・ウェルズ
  57. 『アウシュヴィッツは終わらない——あるイタリア人生存者の考察』プリーモ・レーヴィ
  58. 指輪物語J・R・R・トールキン
  59. 『気ままな生娘』シドニー=ガブリエル・コレット
  60. 『苦悩の首都』ポール・エリュアール
  61. Martin Edenジャック・ロンドン
  62. Corto MalteseHugo Pratt
  63. 零度のエクリチュールロラン・バルト
  64. 『カタリーナの失われた名誉』ハインリヒ・ベル
  65. 『シルトの岸辺』ジュリアン・グラック
  66. 言葉と物ミシェル・フーコー
  67. 路上 (小説)ジャック・ケルアック
  68. ニルスのふしぎな旅セルマ・ラーゲルレーヴ
  69. 『自分だけの部屋』ヴァージニア・ウルフ
  70. 火星年代記レイ・ブラッドベリ
  71. 『ロル・V・シュタインの歓喜』マルグリット・デュラス
  72. 調書ジャン=マリ・ギュスターヴ・ル・クレジオ
  73. 『トロピスム』ナタリー・サロート
  74. 『ルナールの日記』ジュール・ルナール
  75. ロード・ジムジョゼフ・コンラッド
  76. エクリジャック・ラカン
  77. 『演劇とその分身』アントナン・アルトー
  78. 『マンハッタン乗換駅』『ジョン・ドス・パソス
  79. 伝奇集ホルヘ・ルイス・ボルヘス
  80. Moravagineブレーズ・サンドラール
  81. 『死者の軍隊の将軍』イスマイル・カダレ
  82. ソフィーの選択ウィリアム・スタイロン
  83. 『ジプシー歌集』フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
  84. 『メグレと深夜の十字路』ジョルジュ・シムノン
  85. 『薔薇の奇蹟』ジャン・ジュネ
  86. 特性のない男ロベルト・ムージル
  87. Fureur et Mystèreルネ・シャール
  88. ライ麦畑でつかまえてJ・D・サリンジャー
  89. ミス・ブランデッシの蘭ジェイムズ・ハドリー・チェイス
  90. Blake et MortimerEdgar P. Jacobs
  91. マルテの手記ライナー・マリア・リルケ
  92. 心変わりミシェル・ビュトール
  93. 全体主義の起源ハンナ・アーレント
  94. 巨匠とマルガリータミハイル・ブルガーコフ
  95. 薔薇色の十字架ヘンリー・ミラー
  96. 大いなる眠りレイモンド・チャンドラー
  97. Amersサン=ジョン・ペルス
  98. ガストン・ラガフアンドレ・フランカン
  99. 活火山の下マルカム・ラウリー
  100. 真夜中の子供たちサルマン・ラシュディ

関連項目[編集]