ブレーズ・サンドラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブレーズ・サンドラールBlaise Cendrars, 1887年9月1日 - 1961年1月21日)は、1916年にフランスに帰化したスイス出身の詩人小説家旅行家。本名フレデリック・ルイ・ソーゼル(Frédéric-Louis Sauser)。他にも複数のペンネームを持つ。

スイスのラ・ショー=ド=フォンに生まれる。10代半ばで学業を放棄して、ロシア、中国、ブラジルなど世界各地を放浪、最終的にパリを活動の場所とし、創作活動の傍らシャガールレジェモディリアーニなどの文化人と交流した。彼が1912年アメリカ合衆国で発表した長詩『ニューヨークの復活祭』は、アポリネールにも影響を与えたとされる。第一次世界大戦にはフランスの外人部隊に従軍するが、1915年に右手を失う重傷を負う。翌年フランス国籍を取得、1919年には処女詩集『全世界』を発表する。戦後は映画や舞台などにも関わり、バレエ・スエドワのためにアフリカの創造神話に基づく『世界の創造』(1923年)の台本を手がけた(音楽はダリウス・ミヨー)。その後、詩のほか、『金』(1925年)『ダン・ヤックの告白』(1929年)などの小説を発表した。

参考文献[編集]

  • 『岩波 西洋人名辞典』岩波書店、1956年
  • 『岩波-ケンブリッジ 西洋人名辞典』岩波書店、1997年
  • 『大百科事典』平凡社、1983年

外部リンク[編集]

関連項目[編集]