日々の泡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日々の泡』(ひびのあわ、L'Écume des jours)は、フランスの作家ボリス・ヴィアンが書いた小説1947年出版。ジャズSFの要素と奔放なイマジネーションに彩られた青春小説。『うたかたの日々』という邦題もある。

あらすじ[編集]

コランは22歳だが、働かなくても食っていけるほどの資産を持っている。料理人のニコラは料理の芸術家だ。

ある日、コランはイジスの家で開かれるパーティに行き、そこでデューク・エリントン編曲で有名な曲と同じ名前を持つ、クロエという女の子と出会う。二人はたちまち恋に落ち、デートする。薔薇色の雲が空から降りてきて、二人を包み、他人の目から見えなくする。

二人は友人たちに祝福され、結婚する。しかし、クロエが病気にかかる。肺の中に睡蓮の蕾ができたのだ。

登場人物[編集]

  • コラン:裕福な青年。
  • クロエ:コランの恋人。
  • ニコラ:コランの料理人。
  • イジス:ニコラの恋人。
  • シック:コランの友人。
  • アリーズ:シックの恋人。ニコラの姪。
  • ハツカネズミ:コランの家にいる。コランと会話ができる。
  • ジャン=ソオル・パルトル:哲学者。『へどについての逆説』など著書多数。

言葉遊び[編集]

登場人物の一人、ジャン=ソオル・パルトルとその著書は、フランスの実存主義哲学者ジャン=ポール・サルトルのパロディである。サルトル以外にも、この作品の中には多くの引用があり、また、随所に言葉遊びがみられる。

造語・アイテム[編集]

さらにこの小説には、ボリス・ヴィアンが創作した造語や、カクテル・ピアノなど奇抜なアイテムが数多く登場する。

他メディア化作品[編集]

映画
その他
  • オペラ『L'Écume des Jours』(Пена дней, 1981年) - 作曲はロシアエディソン・デニソフ
  • 音楽『うたかたの日々』(L'Écume des Jours d'Apres Boris Vian, 1979年) - フランスのロック・バンド メモリアンスが音楽化したLPレコード。日本でも当時に発売されている。
  • 漫画『うたかたの日々』(2003年) - 日本の漫画家・岡崎京子による漫画化作品。岡崎の休業前にファッション雑誌『CUTiE』に連載された。