ロベルト・ムージル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ムージル (1900年)

ローベルト・ムージルRobert Musil1880年11月6日 - 1942年4月15日)は、オーストリア小説家

生涯[編集]

父アルフレートは1846年ハンガリーバナート地方のテメシュヴァールに生まれ、後にグラーツに移住した。母ヘルミーネ・ベルガウアー Hermine Bergauer はオーバー・エースターライヒ州出身である。 アルフレートは、エンジニア、専門学校の校長を経た後、1890年からブリュン工科大学機械工学の教授、1817年には世襲貴族の称号を与えられる。ヘルミーネの祖父も、有名なエンジニアである。ロベルト・ムージルはオーストリアのクラーゲンフルトに生まれる。

元々チェコから移住した家系の為、ムシルムジール等様々に発音され、日本の邦訳や研究でもいくつかの異なった表記が行われているが、近年はおおむねドイツ語読みのムージルで定着していると言ってよい(本来のチェコ語の発音ではムシルである)。 ケルンテン州クラーゲンフルトで生まれたムージルは、当初軍人を目指し、シュタイアの実科ギムナージウム、アイゼンシュタットの陸軍初等実科学校、メーリッシュ・ヴァイスキルヒェン(チェコのフラニツェ・ナ・モラヴィェ)の陸軍上級実科学校に学んだが、機械工学の道に転じてブリュン工科大学に入学。その後再び哲学に転じると、ベルリン大学エルンスト・マッハ研究で博士号を取得する(1908年)。しかし結局、処女作『士官候補生テルレスの惑い』(1906)で踏み出していた作家としての道を選ぶ。1905年には「特性のない男」の草案を日記に書いている。

その後短編集『合一』(1911)、『三人の女』(1924)、『生前の遺稿集』(1935)などを発表、客観的で透徹した認識を保ちながら、理性や言語を超えた神秘的とも言える世界を追求する。1919年、「特性のない男」の仕事に本格的に取り組む。

ムージルの名を世界的なものにしたのは、唯一の長編にして未完の大作『特性のない男』である。第一次世界大戦直前のウィーンを舞台にしたこの小説の執筆し、1930年には「特性のない男」第一巻(第一部、第二部)がローヴォルト社から五千部出版された。ムージルは1931年に再びベルリンに移るものの、1933年ナチスの政権奪取後はウィーンに戻り、1938年にはスイスに亡命、この時彼の書物は発禁処分を受ける。最後はジュネーヴでこの大作の完成に心血を注ぐが、1942年シャワー室の中で脳卒中のため急死した。

主な著作[編集]

  • 士官候補生テルレスの惑い(Die Verwirrungen des Zöglings Törleß,1906)
  • 合一(Vereinigungen,1911)
  • 夢想家たち(Die Schwärmer,1921)……戯曲である。
  • 三人の女(Drei Frauen,1924)
  • 生前の遺稿集(Nachlaß zu Lebzeiten,1935) ※「黒つぐみ」はここに含まれる
  • 特性のない男(Der Mann ohne Eigenschaften)
    • 第1巻 (第1部および第2部)(1930)
    • 第2巻 (第3部途中まで)(1932)

主な邦訳[編集]

  • 『特性のない男』高橋義孝ほか訳 新潮社、1964-66 
  • 『特性のない男』加藤二郎、柳川成男,北野富志雄訳 河出書房新社、1965-66  
  • 「若いテルレスの惑い」「ヴェロニカ」「グリージャ」吉田正己訳「世界の文学」中央公論社、1966 
  • 「愛の完成」「静かなヴェロニカの誘惑」古井由吉訳「三人の女」生野幸吉訳「黒つぐみ」川村二郎訳「世界文学全集」筑摩書房、1968
  • 『ぼくの遺稿集』森田弘訳 晶文社 1969 今日の文学
  • 「少年テルレスのまどい」生野幸吉,中島敬彦訳「世界文学全集」講談社、1970 
  • 『三人の女』川村二郎訳 河出書房新社 1971
  • 『夢想家たち』円子修平訳 河出書房新社 1973
  • ムージル著作集』(全9巻)松籟社 1992-97 
    • 第1-6巻:『特性のない男』加藤二郎訳 1992-95
    • 第7巻:小説集 「テルレスの惑乱」鎌田道生,久山秀貞訳「静かなヴェロニカの誘惑・愛の完成」古井由吉訳「三人の女」川村二郎訳 1997 
    • 第8巻:熱狂家たち/生前の遺稿 斎藤松三郎,圓子修平訳 1997
    • 第9巻:日記/エッセイ/書簡 田島範男,長谷川淳基,水藤龍彦訳 1997
  • 『愛の完成・静かなヴェロニカの誘惑』岩波文庫、古井由吉訳 1987 
  • 『三人の女・黒つぐみ』岩波文庫、川村二郎訳 1991 
  • 『ムージル日記』法政大学出版局円子修平訳 2001 
  • 『ムージル書簡集』国書刊行会、円子修平編訳 2002 
  • 『ムージル・エッセンス 魂と厳密性――ローベルト・ムージル エッセイ選集』円子修平ほか訳、中央大学出版部 2003ISBN 4805751509
  • 『寄宿生テルレスの混乱』丘沢静也訳 2008 光文社古典新訳文庫
  • 『クラウディーネの愛 ヴェローニカの誘惑』田中一郎訳 青山ライフ出版 2011

伝記[編集]

  • ヴィルフリート・ベルクハーン『ムジール』田島範男,伊藤寛訳 理想社 1974 (ロ・ロ・ロ伝記叢書)
  • カール・コリーノ『ムージル伝記』1-2 早坂七緒,北島玲子,赤司英一郎,堀田真紀子,渡辺幸子訳 法政大学出版局 2009-12 (叢書・ウニベルシタス

研究書[編集]

  • アードルフ・フリゼー編『ムージル読本 別の人間を見出すための試み』加藤二郎、早坂七緒、赤司英一郎訳 法政大学出版局 1994
  • 鎌田道生編『ムージル思惟する感覚』鳥影社 1995
  • 古井由吉『ロベルト・ムージル』岩波書店 2008
  • 北島玲子『終わりなき省察の行方 ローベルト・ムージルの小説』上智大学出版 2010
  • 時田郁子『ムージルと生命の樹 = Musil und der Baum des Lebens 「新しい人間」の探究』松籟社 2012

参考資料、外部リンク[編集]