アイゼンシュタット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイゼンシュタット
Eisenstadt
オーストリアの旗
Kismarton légifotó1.jpg
Wappen at eisenstadt.png
憲章都市 (Statutarstadt)
位置
アイゼンシュタットの位置の位置図
アイゼンシュタットの位置
座標 : 北緯47度51分 東経16度31分 / 北緯47.850度 東経16.517度 / 47.850; 16.517
行政
オーストリアの旗 オーストリア
  (Bundesland) ブルゲンラント州の旗 ブルゲンラント州
 郡 (Bezirk) -
 憲章都市 (Statutarstadt) アイゼンシュタット
地理
面積  
  憲章都市 (Statutarstadt) 42.91km2(16.6mi2
標高 182m(597ft
人口
人口 (2006年1月現在)
  憲章都市 (Statutarstadt) 12,190人
    人口密度   284人/km2(736人/mi2
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
市外局番 02682
ナンバープレート E
公式ウェブサイト : http://www.eisenstadt.at/

アイゼンシュタットドイツ語: Eisenstadt, ハンガリー語: Kismarton; キシュマルトン, クロアチア語: Željezno)は、オーストリア東部の都市。ブルゲンラント州の州都。郡に属さない憲章都市Statutarstadt)であるが、アイゼンシュタット=ウムゲーブング郡の郡庁が置かれている。

都市の周辺は葡萄畑に囲まれており、また都市周辺部には緑の多い自然豊かな都市である。 ハイドンが仕えていたエステルハージ家エステルハージ城(邸宅)がある。また、北部にはユネスコ世界遺産に登録されているノイジードル湖があり、ヨーロッパ最大の遠浅の湖として知られる。

地理[編集]

4つの区に分けられる。

歴史[編集]

ハルシュタット時代からの遺物が見出される。 ケルト人ローマ人がその後移住した。 民族移動記にゲルマン系の住民と、フン族も居住した。 800年ごろ、カール大帝治下フランク王国の領域に入り、バイエルン人の移住が始まる。 1118年に「"castrum ferrum"(鉄の城)」として初めて文献に現れる。 1264年には「"minor Mortin"(小さいマルトン)」と、ハンガリー語名のキシュマルトンに対応する形で現れる。

第一次世界大戦まではハンガリー王国の一部であった。1921年トリアノン条約サン=ジェルマン条約により、オーストリアの一部となる。1925年からはブルゲンラント州の州都となっている。第二次世界大戦中は激しい爆撃を受けた。

見所[編集]

博物館[編集]

宮城[編集]

建築物[編集]

ハイドン廟にあるハイドンの棺
  • 山の教会
  • ドーム教会 - 後期ゴシック様式の兵士に関わる教会
  • シナゴーグ - ユダヤ教徒街の博物館の中にある
  • ハイドン廟 - ハイドンの遺体がある
  • 市庁舎
  • 粉挽塔
アイゼンシュタット
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
34
 
3
-3
 
 
30
 
5
-2
 
 
45
 
10
2
 
 
52
 
15
6
 
 
63
 
21
10
 
 
71
 
23
13
 
 
67
 
26
15
 
 
60
 
26
15
 
 
59
 
21
11
 
 
44
 
15
7
 
 
54
 
8
2
 
 
41
 
4
-1
気温(°C
総降水量(mm)
出典:ZAMG

姉妹都市[編集]

ゆかりの人物[編集]

アイゼンシュタット出身の人物[編集]

アイゼンシュタットに在住した人物[編集]

イェシーバーのあった都市であるため、この地で学んだラビが多い。ハンガリーの首席ラビはアイゼンシュタットのラビであったことも多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]