バラージュ・ベーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にベーラ・バラージュと表記することもあります。

バラージュ・ベーラBalázs Béla, 1884年8月4日1949年5月17日)は、ハンガリー映画理論家美学者、作家詩人

本名バウエル・ヘルベルトBauer Herbert)としてセゲドユダヤ人の家庭に生まれる。1912年アビトゥーアに合格。パイプ清掃のアルバイトをしながら、大学マジャル語ドイツ語を専攻。映画に関する最初の著作集Der Sichtbare Mensch(『視覚的人間』; 1924年)は、ドイツで「言語としての映画」理論が成立する契機となった。エイゼンシュテインプドフキンもまた、この著作に影響を受けた。

映画版『三文オペラ』の脚本も手がけた。

のちに彼はレニ・リーフェンシュタールの最初の映画Das Blaue Licht(『青の光』; 1932年)の脚本を書き、リーフェンシュタールを直接補佐した。

映画としての代表作の一つにSomewhere in Europe(『ヨーロッパのどこかで』; 1947年米国では1949年It happened in Europe『それはヨーロッパで起きた』という題名で公開)がある。

また、彼の幻想的戯曲は『かかし王子』『青髭公の城』として、友人バルトーク・ベーラにより、それぞれバレエオペラに作曲されている。ルカーチ・ジェルジとも親しかった。

1949年、ハンガリー最高の栄誉であるコッシュート賞を受賞。ブダペストで死去。1958年には、映画芸術関連の業績を対象として、彼にちなんでバラージュ賞が設立された。