ルカーチ・ジェルジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にジェルジ・ルカーチと表記することもあります。
Georg Lukács
ジェルジ・ルカーチ
Georg Lukács
生誕 1885年4月13日
死没 1971年6月4日
時代 20世紀哲学
地域 西洋哲学
学派 マルクス主義
研究分野 政治哲学社会理論政治文学理論美学
主な概念 階級意識物象化
テンプレートを表示

ルカーチ・ジェルジハンガリー語 Szegedi Lukács György Bernátドイツ語 Georg Bernhard Lukács von Szegedin1885年4月13日 - 1971年6月4日)はハンガリーブダペスト出身の哲学者マルクス主義者。クン・ベーラ政権やイムレ・ナジ政権で文部大臣をつとめた政治家。 日本ではドイツ語読みにならってゲオルク・ルカーチとの表記も多い。

概要[編集]

カール・マルクス疎外論を西欧哲学の概念によって基礎づけた『歴史と階級意識』は特に有名。

経歴[編集]

エピソード[編集]

父親はハプスブルク家からドイツ貴族の称号(von)を授与された大銀行家のレーヴィンガーであり、母親は東ヨーロッパでは最高のユダヤ人大富豪の家系。レーヴィンガーは息子ジェルジの亡命の際に重要な役割を果たしたといわれる。

著書[編集]

白水社で著作集全13巻別巻1が、1968年-69年に刊行された。

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ルカーチ・ジェルジ」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。