ルネ・ゴシニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
René Goscinny.jpg
ゴシニの作品である『プチ・ニコラ』のキャラクターがあしらわれた看板
ラッキー・ルークの10ユーロ記念硬貨
ルネ・ゴシニ通りの標識


ルネ・ゴシニ(: René Goscinny,1926年8月14日1977年11月5日) は、パリ生まれのポーランド系フランス人作家・編集者。漫画原作者としての代表作は『アステリックス』(作画:アルベール・ユデルゾ)と『ラッキー・ルーク』(作画:Morris)、『プチ・ニコラ』(作画:ジャン・ジャック・サンペ)などがある。 日本ではルネ・ゴッシニイと表記されることもある。

誕生から漫画家になるまで[編集]

ルネ・ゴシニは1926年にフランスのパリにて、ポーランド出身のユダヤ教徒の子として生まれた[1] 。父はワルシャワの化学エンジニアで、母はポーランド第二共和国(現ウクライナ領)のジトームィル近郊にあるChodorkówという小さな村の出身者で、二人は1919年に結婚した 1920年12月10日、ルネの兄にあたるクロードが誕生し、その6年後にルネが誕生した。ルネ誕生後の1928年、父の異動に伴い、一家はアルゼンチンのブエノスアイレスに移住した ルネは現地のフランス人学校で学び、楽しい幼少期をそこで過ごした。このとき、彼は自らの内気さを克服すべく、クラスの道化役を買って出た。読んだ本の挿絵に感銘を受けたルネは幼くして絵を描き始めた。

ルネが17歳で学校を卒業してから2年後の1943年12月、父が脳内出血のため亡くなり、彼は自分で仕事を探すことになった。 翌年に彼はタイや修理工場の会計助手の職を得るも一年で解雇されたため、広告代理店へイラストレーター見習いとして就職した[2]

ルネは1945年、母とその兄弟であるボリスとともにアメリカ合衆国のニューヨークへ移住した。アメリカ陸軍の徴兵から逃れるべく、ルネはフランスへ渡り、1946年にフランス陸軍へ入隊し、オーバーニュの第141山岳歩兵部隊へ配属された。 上位兵長の推薦を受け、ルネは連隊のイラストレーターとなり、陸軍のポスターやイラストを手掛けた。

家族[編集]

1967年にジルベルト・ポラーノ・ミロと1967年に結婚。 1968年に娘アンが生まれた。後に彼女は作家になった。

代表作品[編集]

作品名 発行年 掲載誌 巻数 編集者 作画担当者 備考
ラッキー・ルーク 1955 - 19770 スピルー、のちにピロット英語版へ移籍 38 DupuisとDargaud0 Morris
Modeste et Pompon0 1955 - 1958 Tintin 02 Lombard アンドレ・フランカン
Prudence Petitpas 1957 - 1959 Tintin Lombard Maurice Maréchal0 のちに『おまかせ!プルーデンスおばさん』としてアニメ化
Signor Spaghetti 1957 - 1965 Tintin 15 Lombard Dino Attanasio
Oumpah-pah 1958 - 1962 Tintin 03 Lombard Albert Uderzo
Strapontin 1958 - 1964 Tintin 04 Lombard Berck
アステリックス 1959 - 1977 ピロット 24 Dargaud アルベール・ユデルゾ
プチ・ニコラ 1959 - 1965 ピロット 05 Denoël ジャン・ジャック・サンペ
Iznogoud 1962 - 1977 Recordおよびピロット 14 Dargaud ジャン・タバリー英語版
Les Dingodossiers 1965 - 1967 ピロット 03 Dargaud Gotlib

受賞歴[編集]

ユネスコIndex Translationumによると、2008年4月現在、ゴシニの作品には1,800点の翻訳版があり、世界で22番目に翻訳されている作家とされている[3](ただし別名義で出している作品を除く)

脚注[編集]

  1. ^ Garcia, Laure. “Uderzo, le dernier Gaulois” (French). Le Nouvel Observateur. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Lambiek Comiclopedia. “René Goscinny”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ Index Translationum top 50

翻訳[編集]

  • アステリックスの冒険 作ルネ・ゴッシニイ、画アルベール・ユデルゾ 監修 渡辺一夫;翻訳 松原秀一、新倉俊一、西本晃二 双葉社、1974

外部リンク[編集]