イスマイル・カダレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イスマイル・カダレ
Ismail Kadare
Ismail Kadare.jpg
イスマイル・カダレ(2002)
誕生 1936年1月28日(79歳)
アルバニアの旗 アルバニア ギロカストラ
職業 小説家
国籍 アルバニアの旗 アルバニア
主な受賞歴 ブッカー国際賞(2005)
アストゥリアス皇太子賞(2009)
エルサレム賞(2015)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

イスマイル・カダレ(Ismail Kadare 1936年1月28日 - )は、アルバニアの小説家。アルバニア文学を代表する作家としての地位を占めている。

人物像[編集]

アルバニア南部の都市、ギロカストラに生まれる。ティラナ大学で文学及び歴史学を学んだ後、モスクワマクシム・ゴーリキー世界文学研究所に留学したが、ニキータ・フルシチョフのアルバニア批判により両国関係が悪化し、1960年帰国。第二次世界大戦中のパルチザンを描いた「死者の軍隊の将軍」(1963年)や、「城」(1970年)、「夢宮殿」(1981年)など、アルバニアの歴史や社会情勢を踏まえた著作がヨーロッパで有名となる。アルバニア労働党の一党独裁体制下で、発禁・海外翻訳禁止処分や国内での地方追放などの弾圧を受けたが、同体制が崩壊した1990年からは一時フランスに亡命しパリに在住、1992年には帰国した。

2005年に創設されたブッカー賞の国際版であるブッカー国際賞の第1回受賞者に選出された。

主な作品[編集]

  • 『死者の軍隊の将軍』(Gjenerali i Ushtrisë së Vdekur 1963年)
  • 『城』 (Kështjella 1970年)
  • 『石の年代記』(Kronikë në gur 1971年)
  • 『砕かれた四月』(Prilli i Thyer 1980年)
  • 『夢宮殿』(Pallati i ëndrrave 1981年)
  • 『誰がドルンチナを連れ戻したか』 1986年
    • 1994年 平岡敦 訳 白水社
  • 『草原の神々の黄昏』 1996年

外部リンク[編集]