悲しき熱帯 (レヴィ・ストロース)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

悲しき熱帯』(かなしきねったい、 フランス語: Tristes tropiques)は1955年フランスで刊行された文化人類学者クロード・レヴィ=ストロースの著書である。1930年代ブラジルでの旅の記録をまとめた紀行文だが、その文章にちりばめられた思想、特に優れた未開社会の分析と、ヨーロッパ中心主義に対する批判により後に本書はセンセーショナルな評価を受け、文化人類学、また構造主義におけるバイブルのひとつとなる。また人文科学にも大きな影響を与えた。

また、優れた記録文学としても受容され、20世紀を代表する文学作品のひとつとしてあげられることも多い。フランスの権威ある文学賞のひとつであるゴンクール賞を選考するアカデミー・ゴンクールは「フィクションでないために『悲しき熱帯』を受賞の対象外とされたのは、非常に残念である」との声明を出している[1]。また1999年にテレビ番組で行われたアンケートでは、「フランス人の選ぶ20世紀の名作50」の20位に選ばれている[2]

構成[編集]

  • 第1部 旅の終り
  • 第2部 旅の断章
  • 第3部 新世界
  • 第4部 土地と人間
  • 第5部 カデュヴェオ族
  • 第6部 ボロロ族
  • 第7部 ナンビクワラ族
  • 第8部 トゥピ=カワイブ族
  • 第9部 回帰

日本語訳[編集]

邦訳は各全2巻で、川田順造訳(中央公論新社のち中公クラシックス)と室淳介訳(邦題「悲しき南回帰線」、講談社学術文庫)がある。

注釈[編集]

  1. ^ クロード・レヴィ=ストロースが100歳の誕生日(在日フランス大使館)
  2. ^ フレデリック・ベグベデ『文学の墓場〜20世紀文学の最終目録〜』(中村佳子訳、角川書店、2003年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]