第二の性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第二の性』(だいにのせい、仏語: Le Deuxième Sexe)は、1949年6月に刊行された、フランスの実存主義者シモーヌ・ド・ボーヴォワールの著作(ISBN:0-679-72451-6 、OCLC:20905133)。

女性への待遇について歴史を通して考察した作品であり、男女同権論の代表的作品とされることも多い。

女性ともう一方の性[編集]

ボーヴォワールは本著中で、女性とは、歴史的に「もう一方の」、つまり「通常の」男性から逸脱した性として定義されてきたと主張している[1]。 ボーヴォワールは、自身について書いた後に『第二の性』に取り組んだ。彼女が最初に書いたのは、自身が女性であることだったが、女性について定義する必要を感じて本著を執筆した。

ジェンダーとセックス[編集]

ボーヴォワールの「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」という理論[2]は、「セックス」と「ジェンダー」の相違を示しているとジュディス・バトラーは指摘している。バトラーによれば、「ジェンダー」とは「徐々に獲得していった」アイデンティティの一面だと示唆している。また、本著はジェンダーに対する根本的な理解を潜在的にもたらしたのだという[3]

翻訳の問題[編集]

トリル・モイの指摘によれば、現在の『第二の性』の英訳には誤りがあるという[4]哲学概念についての微妙な語彙がしばしば誤訳され、本文も大幅に削られている[5]

英語の出版権を持つのはAlfred A. Knopf, Incである。 モイによれば、出版者は英語の文章に問題があることに気づいていたが、彼らは長く、新しく翻訳する必要はないと主張していたという[4]。 著者ボーヴォワール自身も1985年のインタビューで、新しい翻訳を次のようにはっきりと希望している。「私は『第二の性』の新しい翻訳、つまりもっとずっと正確で、妥協のない正確な翻訳を切望している[6]

出版社はその後、これらの要望を受け入れて新しい翻訳を依頼。2008年現在コンスタンス・ボーデとシーラ・マロヴァニー=シュヴァリエによる新英訳が進められている[7]

邦訳[編集]

『第二の性』を原文で読みなおす会・訳『第二の性 決定版』全3巻,新潮文庫

脚注[編集]

  1. ^ シモーヌ・ド・ボーヴォワール、『 Force of Circumstances 』。リチャード・ハワード英訳。(ペンギン社、1968年)
  2. ^ シモーヌ・ド・ボーヴォワール『第二の性』(Vintage Books, 1973年), 301ページ
  3. ^ ジュディス・バトラー, 『シモーヌ・ド・ボーヴォワールの《第二の性》に見るセックスとジェンダー』、Yale French Studies , No. 72 (1986年), 35 - 49ページ.
  4. ^ a b トリル・モイ, 'While we wait: The English translation of The Second Sex' in Signs: Journal of Women in Culture and Society vol. 27, no 4 (2002年), 1005–1035ページ.
  5. ^ マーガレット・シモンズ, 'The Silencing of Simone de Beauvoir: Guess What's Missing from The Second Sex' in Beauvoir and The Second Sex (1999年), 61-71ページ
  6. ^ マーガレット・シモンズ, 'Beauvoir Interview (1985年)' in Beauvoir and The Second Sex (1999年), 93-94ページ
  7. ^ トリル・モイ It changed my life! The Guardian, 2008年1月12日.

参照[編集]

外部リンク[編集]