ジャン・ジオノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・ジオノ(Jean Giono、1895年3月30日1970年10月8日)は、フランスプロヴァンス出身の作家。 プロヴァンス地方マノスクに生まれる。16歳で銀行員として働き始める。1914年第一次世界大戦に出征。1929年長編小説『丘』がアンドレ・ジッドに認められ出版。第二次世界大戦では徴兵反対運動を行い、39年逮捕される。1953年の『木を植えた男』は、『リーダーズ・ダイジェスト』の「あなたが今まで会った中で最も忘れがたい人物は誰か」というアンケートへの回答だったが、編集部はその人物が実在しないことを確認して掲載しなかった(高畑訳著)。しかしテキストはいつしか広がり、ジオノの没後、20数か国語に翻訳され、フレデリック・バックによってアニメーション化された。マノスクに生涯住み、死去。

邦訳[編集]

  • Colline(1929)
  • 『牧羊神』永田逸郎訳 三学書房 1941
  • Le Chant du monde (1934)
  • 『世界の歌』山本省訳 河出書房新社 2005
  • Un roi sans divertissement 1947
  • 『気晴らしのない王様』酒井由紀代訳 河出書房新社 1995
  • Les grands chemins(1951)
  • 『いかさまトランプ師の冒険』酒井由紀代訳 河出書房新社 1997
  • L'homme qui plantait des arbres(1953)
  • 『木を植えた男』フレデリック・バック絵 寺岡襄訳 あすなろ書房 1989
  • 『木を植えた人』原みち子訳 こぐま社 1989
  • 『木を植えた男を読む』フレデリック・バック画 高畑勲訳著 徳間書店 1990
  • 『木を植えたひと』ウィリー・グラサウア絵 福井美津子訳 世界文化社 2005
  • 『木を植えた男』山本省訳 彩流社 2006
  • 『対訳フランス語で読もう「木を植えた男」』村松定史梅比良眞史訳註 第三書房 2011
  • Le Hussard sur le toit 1951
  • 『屋根の上の軽騎兵』酒井由紀代訳 河出書房新社 1997
  • Que ma joie demeure
  • 『喜びは永遠に残る』山本省訳 河出書房新社 2001
  • Le petit garcon qui avait envie d’espace
  • 『大空を見たかった少年』ジャン=ルイ・ベッソン絵 福井美津子訳 世界文化社 2005

参考[編集]

  • 『木を植えた男』寺岡訳 
  • 英語版ウィキペディア