ハンバート ハンバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンバート ハンバート
基本情報
ジャンル ポップス
活動期間 1998年-
レーベル ミディ2003年-2008年
Red River Records(2009年
ユニバーサルJ2010年-)
共同作業者 ハウゴー&ホイロップ
Fiddlers' Bid
メンバー
佐藤良成(v,g)
佐野遊穂(v)

ハンバート ハンバート(HUMBERT HUMBERT)は、日本の男女二人組デュオである。1998年結成。インディーズで2枚のアルバムを発表し、2003年ミディよりメジャーデビュー。

メンバー[編集]

二人は夫婦である[1]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

インディーズ[編集]

  1. for hundreds of children(2001年6月25日)
    夜明け/gone/ゆうべの夢/しろつめくさ/足跡のつづき/僕はもう出ていくよ/帰り道/メッセージ/オヤスミ
  2. アメリカの友人(2002年9月10日)
    アメリカの恋人/おもいで/雨傘/春になったら/笹舟/午睡(ひるね)/足跡のつづき/ひなぎく/海辺の街まで/Farewell song/Blue moon/Blowin' in the wind

メジャー[編集]

  1. 焚日(2003年9月10日)
    喪に服すとき/潮風の唄/逃げ水/山火事/1013/窓/コックと作家/E.A.D./遠国/迷子/ふるさと/赤とんぼ
  2. 11のみじかい話(2005年5月25日)
    おなじ話/旅の終わり/虹/桜の木の下で/からたちの木/一粒の種/道の標べに/Waltz.op.2/てまりうた/天井/明日の朝には
  3. 道はつづく(2006年8月30日)
    願い/林檎/1時間/もったいないけど/合奏は楽しい/怪物/日が落ちるまで/今晩はお月さん/おかえりなさい/この街/長いこと待っていたんだ
  4. まっくらやみのにらめっこ (2008年6月18日)
    バビロン/枯れ枝/大宴会/荒神さま/国語/遊びの国/透明人間/街の灯/静かな家/白夜/おいらの船/はつ恋
    (限定生産のアナログ12インチ盤には、ボーナストラック「ピアノを弾きながら」も収録されている)
  5. さすらい記 (2010年11月10日)
    待ちあわせ(ゆめうつつバージョン)/慚愧 /さようなら君の街/虎/おべんとう/逃避行/百八つ/罪の味(なんじゃらほいバージョン)/引っ越しの準備/くたびれ詩人/妙なる調べ/邂逅/アセロラ体操のうた(ハンバート・ランゲージバージョン - ボーナストラック)

ミニアルバム[編集]

  1. ニッケル・オデオン(2011年7月6日)
    みじかいお別れ/ゆうべはおれが悪かった/君と暮らせば/桶屋/好きになったころ/おじさんと酒

ベストアルバム[編集]

  1. シングルコレクション 2002-2008(2010年9月15日)
    DISK1:Blowin’ in the wind/おもいで/海辺の街まで/生活の柄 (アルバム未収録)/おなじ話 (アルバムと異なったアレンジ)/アメリカの恋人 (アルバムと異なったアレンジ)/椰子の実 (アルバム未収録)/天井 (アルバムと異なったアレンジ)/旅の終わり/午睡 (アルバムと異なったアレンジ)/今晩はお月さん/春一番 (アルバム未収録)/ライブの日 (アルバム未収録)/1時間/陽炎 (アルバム未収録)/喪に服すとき (アルバムと異なったアレンジ)
    DISK2:おかえりなさい/ブラザー軒 (アルバム未収録)/さがしもの (アルバム未収録)/夜明け (アルバムと異なったアレンジ)/最後の一葉 (アルバムと異なったアレンジ)/あこがれ (アルバム未収録)/E.A.D. (アルバムと異なったアレンジ)/幸福論Z (アルバム未収録)/夢の中|No Woman No Cry (アルバム未収録)/あしたはきっと (アルバム未収録)/プカプカ/どこまでも一緒よ (アルバム未収録)/一粒の種 (HHHH version - アルバムと異なったアレンジ)/夜明け (HHHH version - アルバムと異なったアレンジ)/窓 (Demo Track - アルバムと異なったアレンジ)/罪の味 (Demo Track)/蝙蝠傘

シングル[編集]

  1. Blowin' in the wind(2002年7月10日)
    Blowin' in the windボブ・ディランのカバー)/おもいで/海辺の街まで
  2. E.A.D.(2003年7月25日)
    E.A.D./幸福論Z/夢の中(ボ・ガンボスのカバー)/窓(DEMO - トラック名は非表示)
    「ハンバートハンバートとマチルダロドリゲス」名義
  3. プカプカ(2004年制作)非売品
    プカプカ(わたなべともえ with マチルダロドリゲス - 象狂象(=西岡恭蔵のカバー)/おなじ話/あしたはきっと(ハンバートハンバート&キッチン)/生活の柄(高田渡のカバー)/プカプカ(ハンバートハンバート・おおはた雄一・扇谷一穂)
    「MIDI YOUNG STARS」名義
  4. おなじ話(2005年2月23日)
    おなじ話/アメリカの恋人/椰子の実
  5. 天井(2005年4月13日)
    天井/旅の終わり/午睡
  6. 今晩はお月さん(2006年4月26日)
    今晩はお月さん/春一番(西岡恭蔵のカバー)/ライブの日
  7. 1時間(2006年10月25日)
    1時間/陽炎/喪に服すとき
  8. おかえりなさい(2007年1月17日)
    おかえりなさい/ブラザー軒(高田渡のカバー)/さがしもの
  9. 夜明け(2007年10月17日)
    夜明け/最後の一葉/あこがれ
    「最後の一葉」は「『包帯クラブ』オリジナル・サウンドトラック」収録曲に歌詞を付けた別バージョン。
  10. どこまでも一緒よ(2008年2月13日)
    どこまでも一緒よ/一粒の種(HHHH version)/夜明け(HHHH version)
    「ハンバートハンバート with ハウゴー&ホイロップ」名義
    ハウゴー&ホイロップはデンマークのデュオ。タイトル曲はデンマークの伝統音楽のカバー。

配信限定シングル[編集]

  1. 罪の味(2008年4月12日) - TV番組『2クール』主題歌
  2. アセロラ体操のうた(2010年6月23日) - ニチレイアセロラシリーズCMソング

DVDとCDのカップリング[編集]

  1. 合奏(2009年9月9日)
    CD:妙なる調べ/待ち合わせ/波羅蜜
    DVD:妙なる調べ(LIVE)/波羅蜜(LIVE)/待ち合わせ(LIVE)

参加作品[編集]

ハンバート ハンバートとしての作品[編集]

  1. 「砂利」オリジナルサウンドトラック(2007年8月28日) - 劇団ダンダンブエノの舞台「砂利」のサウンドトラックアルバム
    あけましておめでとう~Opening/蓮見田ちゃんの憂鬱/蓮見田ちゃんの憂鬱~哀愁Version/蓮見田ちゃんの憂鬱~孤独VersionOpening/無伴奏パリ/DANDAN狂気/からっぽの世界/愛国心~Ending/春遠からじ~Curtain Call/HEIBON NA NICHIJO
  2. 包帯クラブ』オリジナル・サウンドトラック(2007年9月12日)
    おソウシキごっこ/Oh,you are all I need/達磨さんころんだ/Do you wanna see it?/うしろの正面 (slow version)/Tiny boat/Sick and tired/最後の一葉/不穏な風/不穏な風 (slow version)/押忍!であります!/そこから何が見えるだろうか/最後の一葉 (slow version)/うしろの正面 (ボーナストラック)/Oh,you are all I need (slow version - ボーナストラック)/傷 (ボーナストラック)

一部に参加している作品[編集]

  1. MOONRIDERS CM WORKS 1977-2006(2006年11月22日)
    17. 東芝「リビング商品」(東芝のCMソング。作曲はムーンライダーズかしぶち哲郎で、ハンバートハンバートが歌っている)
  2. プール オリジナルサウンドアルバム(2009年8月21日)
    11. 「タイヨウ」(映画『プール』の主題歌。アルバム『さすらい記』所収の「妙なる調べ」の別バージョンで、ハンバート ハンバート名義ではなく、「佐野遊穂(ハンバート ハンバート)」名義になっている)
    4. 「ミナモ」(「タイヨウ」と同じく「妙なる調べ」の別バージョンで、主演小林聡美が歌っている)
    「妙なる調べ」「タイヨウ」「ミナモ」の3曲は、タイトルは異なるものの、歌詞もメロディーも同じでアレンジが異なる同一曲。『プール』の音楽担当は金子隆博。ジャケットには、佐野遊穂、小林聡美、金子隆博の3人が写っている。
    1. 「プール」(佐野遊穂によるハミング曲)

コンピレーションに収録されている作品[編集]

  1. 喫茶ロックnow その2(2002年9月19日)
    5. 「夜明け」
  2. シネマサウンドトラック-間-(2003年7月10日)
    6. 「ひなぎく (studio live version)」
  3. 高田渡「ごあいさつ」トリビュート(2005年7月31日)
    3. 「年齢・歯車」佐藤良成(fromハンバート ハンバート)
    16. 「生活の柄」
  4. 高田渡「系図」トリビュート(2005年12月19日)
    12. 「あしたはきっと」(ハンバートハンバート&キッチン)
  5. くるり鶏びゅ〜と(2009年10月21日)
    7. くるりのカバー)

ラジオ番組[編集]

  • ハンバート ハンバートのなんじゃらほいアワー
    • 山陽放送:2009年4月3日~2009年10月2日(毎週金曜23:00~)
    • 北陸放送:2009年4月5日~2009年9月27日(毎週日曜13:30~)
      • 全27回(北陸放送は26回)放送。ハンバート ハンバートの二人に加え、多くの場合ゲストを迎えたトークを中心とし、ハンバート ハンバートの曲やゲストにまつわる曲、ラジオドラマなどを交えて構成される。2010年7月12日には、佐野遊穂が産休に入りライブ活動を休止することから「特別編 分娩なう。」がポッドキャスト配信された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NHKあなたの街で夢コンサート』(BS2:2008年10月18日、BShi:10月20日放送)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]