加川良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加川良
基本情報
出生名 小斉喜弘
出生 1947年11月21日(66歳)
出身地 日本の旗 日本滋賀県彦根市
ジャンル フォークソング
職業 歌手
活動期間 1970年 -
公式サイト TWINS Ryo Web

加川良(かがわ りょう、1947年11月21日 - )は、滋賀県彦根市出身のフォークシンガー。本名・小斉喜弘。なお、彼の芸名は、加山雄三の「加」、長谷川一夫の「川」、池部良の「良」を組み合わせたものと言われる。

経歴[編集]

1970年代、アート音楽出版(URCの版権管理会社)に入社する。高田渡岩井宏岡林信康高石ともやらの影響でフォーク・ソングを唄い始め、1970年の第2回中津川フォークジャンボリーでは飛び入りで「教訓I」を発表し、一躍人気者に(後に、「教訓II」なぎらけんいちや、「教訓110番」三上寛などパロディー作品も発表された)。アルバム『教訓』(1971年)でURCからデビュー。「こがらし・えれじい」「偶成」を含む『親愛なるQに捧ぐ』(1972年)、中川イサトとのライヴアルバム『やぁ。』(1973年)をたて続けに発表。また1972年よしだたくろうの代表作『元気です。』に「加川良の手紙」(作詞・加川良、作曲・吉田拓郎)という曲が収録された。

1974年ベルウッドから名作『アウト・オブ・マインド』を発表。1975年中川イサト神戸市長田区でのオムニバスライヴ『鼻歌とお月さん』のレコーディングに、いとうたかお大塚まさじ金森幸介シバ西岡恭蔵長田タコヤキ和承と参加。その後も石田長生らをバックに従えた『南行きハイウェイ』(1976年レイジー・ヒップとの『駒沢あたりで』(1978年オレンジレコード)を発表。1990年代『ONE』、『2』を発表。

岡林信康が一線から退いたのち、吉田拓郎と並んで“どちらがBIGになるのか”といわれた時期があったが、拓郎ほどの一般的名声を得ることはなかった。現在では前述の拓郎の曲「加川良の手紙」で歌われた人物として知られている。拓郎がポップに変わっていくのとは正反対に、ストイックに自らの音楽に忠実に、お金にならない歌を歌い続けたのが理由ともいわれている(参考:ぼくの音楽人間カタログ、山本コータロー、1984年)。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • 教訓(1971)
  • 親愛なるQに捧ぐ(1972)
  • やぁ。(1973)
  • アウト・オブ・マインド(1974)
  • 十月は黄昏の国(1975)- 「加川良と東京キッドブラザーズ」名義。
  • 南行きハイウェイ(1976)
  • 駒沢あたりで(1978)
  • 幻のフォークライブ傑作集 加川良ライブ 中津川フォークジャンボリー'71(1978)
  • プロポーズ(1981)
  • アーリー加川良(1982)
  • A LIVE(1983)- 「加川良 with 村上律」名義。
  • ONE(1991)
  • 2[tu’:](1993)
  • R.O.C.K(1996)- 「加川良 with TE-CHILI」名義。
  • USED(2002)- 「加川良 with すぎの暢」名義。
  • USED2(2004)- 「加川良 with すぎの暢」名義。
  • USED END(2007)- 「加川良 with すぎの暢」名義。

シングル[編集]

  • 教訓Ⅰ/ゼニの効用力について(1971)
  • ポケットの中の明日/その朝(1972)
  • 高知/ジョーのバラッド(1976)
  • 女の証し/君におやすみ(1978)
  • コスモス/日本海が広がっている(1981)
  • ゴスペル―嘘でもいいから―/誕生日(1981)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]