コピーバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コピーバンドcopy band)とは、有名なバンドの楽曲を複製し、演奏するバンドを意味する和製英語

バックバンドを率いているソロアーティストの楽曲をコピーするバンドもある。多くの場合は、特定のバンド、アーティストだけコピー演奏し、衣装やアクションなども似せていることが少なくない。楽曲の版権会社が公認している高い演奏技術、パフォーマンスを備えたコピーバンドでも、マスコミなどからは単なるそっくりさんバンドとして見られることもある[1]

英語では、カバーバンドcover band)またはカバーズバンドcovers band)、トリビュートバンドtribute band[2]という。これらは次第に、日本でもよく使われるようになるなかで、「コピー」、「カバー」、「トリビュート」の意味する事柄の違いから、類義語でありながら、それぞれに様々な定義づけが行われ、異なるニュアンスで使われることも増えてきている。

コピーバンドの変遷[編集]

1950年代〜1970年代[編集]

コピーバンドが世界的に盛んになったのは、1950年代[3]以降のことで、ポピュラーなどの楽曲の楽譜、特にバンド向けの楽譜が市販されていない時代から始まっている。そのため、耳コピー採譜暗譜するスタイルが多かった。

日本では、大学のサークルなどを中心にしてピーター・ポール&マリー[4]ビートルズベンチャーズローリングストーンズなど海外のバンド、フォークグループのコピーバンドが増え、フォーク系、カントリー系、ジャズ系、ロックなど多ジャンルにわたってコピーバンドが増えていった。さらにグループサウンズブームが到来すると、そうしたグループのコピーバンドも登場した。聴衆も演奏者もコピーバンドという認識はなく、人気バンドも多く、セミプロとして活動するコピーバンドも存在した。また、コピー演奏の経験のなかで、腕を磨き、音楽の技術と知識を向上してプロになったミュージシャンは無数にあった[5]

1980年代〜1990年代[編集]

やがてオリジナル曲を演奏するバンドが増え、ニューミュージックブームのなかでシンガーソングライターが多数登場するようになると、コピーバンドの経験者のなかから、オリジナル曲を中心として演奏するバンド・ユニットが増えていった。

1980年代末になると、特定のアーティストの楽曲をコピー演奏するコピーバンドは下火となったが、その後も、コピーバンドのなかから優れたアーティストが多く登場している[6][7]

海外ではアーティストやバンドがしばしば自分たちのコピーバンドを前座として使うが、ALFEEは、コピーバンドの演奏水準の高さに着目し、1986年8月3日に開いた東京湾13号埋立地での10万人コンサートでは、開場から開演までの間、特設ステージで10組のコピーバンドを前座として演奏させた。

最近のコピーバンド[編集]

最近では、楽曲をカバーする際にも、独自のアレンジを施すようになり、忠実なコピー演奏をするバンドは必ずしも多くない。

一方、BOφWYJUDY AND MARYなど人気バンドが解散していくなかで、こうしたバンドのファンが新たにコピーバンドを結成するケースも目立つようになり、各地で活動を継続している。

解散したバンドのコピーバンドばかりでなく、GLAYB'zなど現存するバンドのコピーバンドやaiko椎名林檎といったソロアーティストの楽曲をコピー演奏するバンドも少なくない。

海外では、ローリングストーンズレッドツェッペリンピンクフロイドU2など伝説的な著名バンドのコピーバンドが数多く存在する[8]

コピーバンドの類義語の定義と用法[編集]

カバーバンドとの違い[編集]

コピーバンドは、日本独特の和製英語であり、カバーバンドの同義語であるが、コピーバンド、カバーバンドの語源である、コピーとカバーの違いに関する定義に基づけば、一定の区別が可能である。

コピーとカバーの違いについて、以下のような考えがある。

  • 既成曲にアレンジを加えず演奏することを「コピー」、既製曲に若干のアレンジを加えた演奏を「カバー」[9]
  • コピーよりカバーのほうが独創性の点で格が上だ[10]
  • アマチュアが取り組むのがコピー、プロの場合はカバー[11]

以上のようなコピーとカバーの違いの定義づけにもとづいて、各バンドをコピーバンド、カバーバンドのいずれか、判別する場合もある。

「カバーバンド」の広義の用法[編集]

「コピーバンド」の別の呼称である「カバーバンド」の用法として、最近はより広義な使われ方がされている。 アニメソングカバーバンド[12]、ゲーム音楽カバーバンド[13]、オールディーズカバーバンド[14]というふうに、従来のような、特定アーティスト・バンドの楽曲をカバーするというバンドの意味よりもジャンル全体の楽曲をカバーするバンドという意味で使用されることも増えてきている。

「トリビュートバンド」の様々な定義[編集]

「コピーバンド」、「カバーバンド」の中に「トリビュートバンド」を標榜するバンドが存在し、「トリビュートバンド」の様々な定義が行われている。

トリビュートバンドの項目参照。'

脚注[編集]

  1. ^ ビートルズが再びやって来た!? 40年ぶり?「そっくりさんバンド」笑顔 ZAKZAK 2006年6月29日
  2. ^ ウィキペディア英語版 cover band
  3. ^ 名ドラマーとして知られるフランキー堺やハナ肇とクレイジーキャッツの桜井センリ、谷啓、植木等が1954年に結成したフランキー堺とシティ・スリッカーズも、スパイク・ジョーンズ&ザ・シティ・スリッカーズのコピーバンドとして始められた。
  4. ^ ジローズ杉田二郎は、学生時代、ピーター・ポール&マリーのコピーバンドに所属していた。「ダイムコンサートの歩み」 参照。京都ダイムコンサートサイト内
  5. ^ 矢沢永吉が所属したキャロル (バンド)も元々ビートルズのコピーバンドだった。
  6. ^ B'z稲葉浩志はデビュー前、LOUDNESSのコピーバンドに所属したことがある。
  7. ^ GLAYTERUは、高校時代聖飢魔IIのコピーバンドに加入していた。また、Mr.Childrenの桜井和寿、田原健一、中川敬輔は高校時代、始めてバンドを体験するが、初めはコピーバンドとして練習を重ねていった。
  8. ^ 前掲 ウィキペディア英語版
  9. ^ よくある質問日経おとなのバンド大賞サイト内
  10. ^ ライヴ観戦 「ぶろぐまん」ブログ 2006年06月17日
  11. ^ ライヴ観戦 前掲ブログ
  12. ^ アニメソングカバーバンド「リッチドール」
  13. ^ 「ファミコン・ゲーム音楽カバーバンド」レビュー&リンク集(海外編)
  14. ^ オールディーズカバーバンドTogether5 HISTORY

関連項目[編集]

外部リンク[編集]