ナイジャー・モーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナイジャー・モーガン
Nyjer Morgan
フリーエージェント(FA)
20130407 Nyjer Jamid Morgan, outfielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Meiji Jingu Stadium.JPG
DeNA時代 (2013年4月7日、明治神宮球場にて)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンフランシスコ
生年月日 1980年7月2日(34歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 ドラフト33巡目(全体973位)でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 MLB / 2007年9月1日
NPB / 2013年3月29日
年俸 1億5,000万円(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ナイジャー・ジャミッド・モーガンNyjer Jamid Morgan , 1980年7月2日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ出身のプロ野球選手外野手)。

経歴[編集]

アイスホッケー時代[編集]

1988年カルガリー五輪アイスホッケーをテレビで観戦したことがきっかけで、ホッケーを始める。夏季には野球もプレーしており、1998年にはMLBドラフト42巡目(全体1260位)でコロラド・ロッキーズから指名を受けるが、入団しなかった。当時はホッケーが第一目標で、ホッケーをプレーするためにカナダにある高校へ単身転校する。ジュニアホッケーリーグに参加し、チームでただの1人のアフリカ系アメリカ人ということもあって、カナダでの生活はカルチャーショックを受けることもあったが、持ち前の明るさで周囲に溶け込んでいった[1]

1999年から2000年にかけて、ウェスタン・ホッケーリーグ(WHL)のリジャイナ・パッツでプレー。初戦で2ゴールを決める活躍を見せたが、その後は目立った活躍が出来ずに、シーズン終了後に解雇された。その後、モーガンはホッケーを諦め、野球に専念することを決めた。パッツのパーカーGMは、当時のモーガンを振り返って、「いつも笑顔のムードメーカーだったが、ホッケーの才能は平均レベルだった」と述べている[1]

パイレーツ時代[編集]

2001年ワシントン州ワラワラ・コミュニティーカレッジに入学し、2002年MLBドラフト33巡目(全体973位)でピッツバーグ・パイレーツから指名され、7月29日に入団した。

2003年から2007年まで、マイナーで5シーズンを過ごした後、2007年9月1日の対ミルウォーキー・ブルワーズ戦においてメジャーデビューを果たす。以後、シーズン終了まで28試合に出場し、打率.299、7盗塁を記録。

2008年ネイト・マクラウスとの定位置争いに敗れ、3Aインディアナポリスへ降格した。シーズン終盤にメジャーへ復帰すると、9月には月間打率.354をマークした[1]

ナショナルズ時代[編集]

2009年6月30日ラスティングス・ミレッジジョエル・ハンラハンとのトレードで、ショーン・バーネットとともにワシントン・ナショナルズに移籍した。8月27日にスライディングで指を骨折し、シーズンを終えることになったが、120試合の出場ながらリーグ2位の42盗塁をマークした[2]

2010年8月21日、敵地でのフィラデルフィア・フィリーズ戦で、野次に怒ってボールを観客席に投げ入れ、そのボールが観客の顔面に当たるという事件が起きた。MLB機構はモーガンに7試合の出場停止処分を下したが、モーガンは故意ではないとして異議を申し立てた。最終的に、被害者側がモーガンを擁護したため、処分は取り下げられた[3]8月27日セントルイス・カージナルス戦では、僅差の終盤に牽制死したモーガンを諌めた監督のジム・リグルマンと衝突し、翌28日には打順を1番から8番に下げられた。この打順降格に不満を持ったモーガンは、ウィリー・ハリスの適時二塁打で生還した際、ホームベースから離れて立っていた相手捕手のブライアン・アンダーソンに激しくぶつかった[4]。ナショナルズが大量リードしていたということもあって、このプレーは激しく批判された。試合後、リグルマンはアンダーソンとカージナルス監督のトニー・ラルーサに謝罪した[5]。31日のフロリダ・マーリンズ戦では、本塁憤死の際に相手捕手のブレット・ヘイズに激しいタックルを食らわせた(このタックルによりヘイズは負傷)。モーガンが普通にスライディングしていればセーフのタイミングであったため、またしても非難の声が上がった[5]。翌9月1日、4回表にマーリンズのクリス・ボルスタッドがモーガンに明らかな報復死球を与えた。モーガンは一塁へ向かったが、14-3と大量リードされている状況だったのにも関わらず、二盗、三盗を立て続けに行った。大量得点差での盗塁はご法度という野球の不文律を犯したモーガンには、6回の打席で再び報復死球が与えられた。モーガンは激昂してボルスタッドに殴りかかり、4人の退場者を出す大乱闘へと発展した[5]。この一連の騒動は全米で大きく報じられ、野球界きっての問題児としての知名度を高めた[6][7]9月3日には、MLB機構から8試合の出場停止と罰金1万5000ドルを命じられた[3][8]

ブルワーズ時代[編集]

2011年3月27日にトレードでミルウォーキー・ブルワーズに移籍した[8]。盗塁数は大きく減ったが、打率は2年ぶりに3割を超えた。アリゾナ・ダイヤモンドバックスとのディビジョンシリーズ第5戦では延長10回に殊勲のサヨナラ打を放った。

2012年1月26日に年俸235万ドルで1年契約を結んだ。正中堅手として開幕を迎えたが、メジャー史上最長となる開幕から138打席連続で打点なしという打撃不振に陥り、青木宣親のレギュラー定着もあって次第に出場機会が減少していった。オフの11月2日にFAとなった。

DeNA時代[編集]

2013年1月24日横浜DeNAベイスターズと1年契約で合意したことが発表される[9]。背番号は27。27番は前身の大洋ホエールズ時代から、長年投手の背番号として扱われていたため、野手でこの番号を付ける選手は1961年のスタンレー橋本以来であった。

オープン戦では17試合に出場したが、長打と打点が1本もなく、打率も.152と低調だった。それでも「3番・右翼」開幕スタメンを勝ち取ったが、開幕後も深刻な打撃不振が続き、4月20日に登録抹消された。しかし降格後に二軍で打率3割を維持し5月1日に再登録されると、その後はおもに1番、2番打者として本領を発揮。5月10日の巨人戦6回戦では7回の裏に初打点・初本塁打を記録し、7点ビハインドを引っくり返す大逆転勝利に貢献。その後はそれまで結果が出せていなかった3番打者としても活躍。6月15日の西武戦3回戦では牧田和久から逆転の3ランホームランを放ち、来日後、初めてのお立ち台に上った。その後も、打撃・人気の両面でチームに貢献。最終打率が3割近くにまで達したものの、外野手としての肩の弱さがプレーで露呈したことなどから、シーズン終了後の残留交渉では合意に至らなかった[10]。結局、12月2日に自由契約を公示されたことを機に、DeNAからの退団が決まった[11]

インディアンス時代[編集]

2014年1月14日クリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだことが報道され[12]1月16日に球団が発表した[13]。3月30日にインディアンスとメジャー契約を結び[14]、開幕ロースター入りした。開幕後は9試合に出場したが、4月15日に正中堅手のマイケル・ボーンが故障者リストから復帰したため、AAA級コロンバス・クリッパーズへ降格した[15]。5月4日にメジャーへ再昇格した[16]。昇格後はマイケル・ボーンの離脱もあり、先発起用されていたが、5月14日のトロント・ブルージェイズ戦で右膝を痛め、5月15日に15日間の故障者リスト入りした[17]。5月22日に60日間の故障者リストへ異動した[18]。その後メジャーへ復帰することなく、8月5日に放出された[19]

選手としての特徴[編集]

足が速く、メジャー通算約69%と盗塁成功率は低いがベースランニングは優秀で[20]、2009年にはナショナル・リーグ16球団の監督が選ぶリーグ最高のベースランナーのひとりにノミネートされた快足を持ち味とする[21]

長打力には欠けるが、快足を生かしたバントヒットが得意で内野安打が多い[22]。右投手に対してはメジャー通算打率.297と得意としているが、左投手には同打率.205と極端に弱い。

肩の強さは平均を下回るが[23]中堅手としてメジャー通算のDRS10、UZR35.0を誇り、守備範囲が広い。後方への大飛球に強く、フェンスを恐れない勢いで背面キャッチを見せる[24]。一方で判断ミスも目立ち[20]、中堅手での通算守備率は.989を喫している。

人物[編集]

かつてはNHLを目指してアイスホッケーもプレーしており、1999年から2000年にかけて、ウェスタン・ホッケーリーグ(WHL)のリジャイナ・パッツでプレーしていた[1]

闘争心をむき出しにする性格で[25]、「メジャー最強のクレイジー」と呼ばれる[26]。上述のように2010年には試合で様々なトラブルを起こして話題となっており、特にクリス・カーペンターとは対戦するたびに怒鳴り合い、2011年9月8日のセントルイス・カージナルス戦でカーペンターとの対戦で三振した後には、噛みタバコをカーペンターに向かって放り投げ、両軍入り乱れの乱闘を引き起こした[25]。また、同年までカージナルスに所属していたアルバート・プホルスTwitterで「アルバータ」と女性形で呼んで挑発したこともあり、ブッシュ・スタジアムでの試合の際にはセントルイスのファンから大音量のブーイングが浴びせられる[25]

一方でワシントンやミルウォーキーのファンからは攻守で全力プレーを見せることから人気が高い[25][26]。「野球選手はエンターテイナー。観客に見せる試合は舞台と一緒」と語り、試合では「トニー・プラッシュ(Tony Plush)」という別人格(オルター・エゴ)を用いていると言い[27][28]、インタビューではたびたび「トニー・ガンボ」などといった複数の別名義で出演したり、エルビス・プレスリーのカツラを被ってインタビューを受けるなどの極めて陽気なキャラクターで人気を博した[29]

2012年にブルワーズでチームメイトだった青木宣親はモーガンについて「トラブルメーカーのイメージがあると思うんですけど、そんなこと全然なくて、とてもあったかい人間で、すごく好きなタイプの選手ですね」と述べている[26]

上記の通り、メジャーではクレイジーと呼ばれる存在であったが、来日時に「日本ではいい子になろうと思ってる」[30]と語っており、決めポーズを披露したり、日本語での挨拶、ファンへのサインなどサービス精神旺盛な面を見せている[31]

未婚だが、19歳の時に2つ年下の女性との間に生まれた娘がカナダにおり、右手首に娘の名前を彫ったタトゥーを入れている[25]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 PIT 28 118 107 15 32 3 4 1 46 7 7 3 1 0 9 0 1 19 0 .299 .359 .430 .789
2008 58 175 160 26 47 13 0 0 60 7 9 5 1 1 10 0 3 32 0 .294 .345 .375 .720
2009 71 321 278 39 77 6 5 2 99 27 18 10 5 4 29 2 5 49 6 .277 .351 .356 .707
WSH 49 212 191 35 67 9 2 1 83 12 24 7 5 1 11 0 4 25 3 .351 .396 .435 .831
'09計 120 533 469 74 144 15 7 3 182 39 42 17 10 5 40 2 9 74 9 .307 .369 .388 .757
2010 136 577 509 60 129 17 7 0 160 24 34 17 15 3 40 1 10 88 2 .253 .319 .314 .633
2011 MIL 119 429 378 61 115 20 6 4 159 37 13 4 15 3 19 0 14 70 6 .304 .357 .421 .778
2012 122 322 289 44 69 5 3 3 89 16 12 5 7 0 20 0 6 63 4 .239 .302 .308 .610
2013 DeNA 108 424 371 57 109 15 2 11 161 50 3 2 11 2 27 0 13 81 3 .294 .361 .434 .795
MLB:6年 583 2154 1912 280 536 73 27 11 696 130 117 51 49 12 138 3 43 346 21 .280 .341 .364 .705
NPB:1年 108 424 371 57 109 15 2 11 161 50 3 2 11 2 27 0 13 81 3 .294 .361 .434 .795
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 29 (2007年)
  • 3 (2008年 - 2009年)
  • 1 (2009年 - 2010年)
  • 2 (2011年 - 2012年)
  • 27 (2013年)
  • 6 (2014年)

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Kruchak,, Matthew (2008年3月31日). “Hockey shaped Morgan”. Leader-Post. http://www2.canada.com/reginaleaderpost/news/sports/story.html?id=9811e4a2-6475-4a32-bb59-78e2a7e66188 2011年3月28日閲覧。 
  2. ^ Nationals place CF Nyjer Morgan on 15-day DL, select contract INF Pete Orr from Triple-A Syracuse. nationals.com(英語). 2011年10月1日閲覧
  3. ^ a b Brunell, Evan(2010-09-03). Nyjer Morgan suspended eight games. CBSSpots.com(英語). 2011年10月1日閲覧
  4. ^ (動画) Morgan out at home for contact. MLB.com(英語)
  5. ^ a b c Turbow, Jason(2010-09-03). Nationals' Nyjer Morgan enrages baseball by violating The Code. Sports Illustrated(英語). 2011年10月1日閲覧
  6. ^ 2010やっちまった列伝『月刊スラッガー』2010年12月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-12、33頁。
  7. ^ なお、この試合には双方の選手としてエクトル・ルナ(現中日)、ホルヘ・ソーサ(現DeNA)、ケビン・メンチ(元阪神)なども参加していた。
  8. ^ a b McCalvy, Adam(2011-03-27). Brewers acquire speedy Morgan from Nats. brewers.com(英語). 2011年10月2日閲覧
  9. ^ ナイジャー・モーガン選手獲得のお知らせ横浜DeNAベイスターズオフィシャルウェブサイト、2013年1月24日
  10. ^ DeNAモーガン退団 弱肩がネック(『日刊スポーツ2013年12月20日付記事)
  11. ^ 2014年度選手契約について横浜DeNAベイスターズ2013年12月21日付球団ニュース
  12. ^ Jason Beck (2014年1月14日). “Plush redux: Morgan back in Majors with Indians”. MLB.com. 2014年1月15日閲覧。
  13. ^ Indians invite of Nyjer Morgan to Major League camp”. MLB.com Indians Press Release (2014年1月16日). 2014年1月17日閲覧。
  14. ^ Indians set Opening Day roster”. MLB.com Indians Press Release (2014年3月30日). 2014年3月31日閲覧。
  15. ^ Indians activate OF Michael Bourn from DL; option OF Nyjer Morgan to AAA Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2014年4月15日). 2014年5月5日閲覧。
  16. ^ Indians promote OF Nyjer Morgan”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月4日). 2014年5月5日閲覧。
  17. ^ Indians promote INF Jesus Aguilar from Columbus; place OF Nyjer Morgan on 15-day DL”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月15日). 2014年5月16日閲覧。
  18. ^ Indians promote pitchers T.J. House & Mark Lowe from AAA; McAllister placed on DL/Crockett optioned”. MLB.com Indians Press Release (2014年5月22日). 2014年5月23日閲覧。
  19. ^ Indians recall RHP Josh Tomlin; option OF Tyler Holt to Triple-A Columbus”. MLB.com Indians Press Release (2014年8月5日). 2014年8月6日閲覧。
  20. ^ a b 2012外野ランキング『月刊スラッガー』2012年6月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-6、26頁。
  21. ^ 『月刊スラッガー』2010年4月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-4、51頁。
  22. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、398頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  23. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、319頁。ISBN 978-4-331-51518-1
  24. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2010』 廣済堂出版、2010年、317頁。ISBN 978-4-331-51439-9
  25. ^ a b c d e 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、334頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  26. ^ a b c 特別インタビュー/青木宣親 2年目への決意 ~価値ある選手になるために~『月刊スラッガー』2013年3月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-3、78-81頁。
  27. ^ Tony Plush more elusive this season than last brewers.com
  28. ^ “二重人格”モーガンがV打/プレーオフ日刊スポーツ、年月日
  29. ^ 『2012 MLB選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、99頁。ISBN 978-4-905411-05-5
  30. ^ 暴れん坊モーガン来日「興奮してるよ。エッヘッヘ」”. sponichi (2013年1月30日). 2013年5月10日閲覧。
  31. ^ モーガン 飛行機ポーズで闘志「ファンサービスだよ」”. sponichi (2013年2月18日). 2013年5月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]