グランド・セフト・オートIV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・セフト・オートIV
ジャンル アクションアドベンチャーオープンワールド
対応機種 プレイステーション3
Xbox 360
Microsoft Windows
開発元 Rockstar North
発売元 アメリカ合衆国の旗 Rockstar Games
日本の旗 カプコンテイクツー・インタラクティブ(2010年~)
日本の旗 サイバーフロント(Windows版)
シリーズ グランド・セフト・オートシリーズ
人数 1人
2-16人(PS3、XBOX360版オンライン対戦)
2-32人(Win版オンライン対戦)
メディア PS3:BD-ROM
360:DVD-ROM
Win:DVD-ROM2枚組、またはSteamダウンロード
発売日 360
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年4月29日
欧州連合の旗 2008年4月29日
アジア 2008年4月29日
オーストラリアの旗 2008年4月29日
日本の旗 2008年10月30日(Xbox 360 プラチナコレクション:2009年8月27日)
PS3
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年4月29日
欧州連合の旗 2008年4月29日
オーストラリアの旗 2008年4月29日
日本の旗 2008年10月30日(PLAYSTATION3 the Best:2009年8月27日)
Win
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年12月2日
欧州連合の旗 2008年12月3日
オーストラリアの旗 2008年12月3日
日本の旗 2009年3月20日
対象年齢 ESRB:Mature (M)
PEGI:18+
CEROZ 18才以上対象
コンテンツ
アイコン
暴力・犯罪
必要環境 OS:Windows Vista(SP1以上)/XP(SP3以上)
CPU:Intel Core2Duo1.8GHz以上またはAMD AthlonX2 2.4GHz以上
RAM:1.5GB以上
VGA:VRAM256MB以上のビデオカード
NVIDIA GeForce7900以上またはATI RADEONX1900以上)
推奨動作環境
CPU:Intel Core2Quad2.4GHz以上またはAMD PhenomX3 2.1GHz以上
RAM:2.5GB以上
VGA VRAM512MB以上のビデオカード(NVIDIA GeForce8600GTまたはATI RADEON3870以上)
HDD空き容量:18GB以上
ただしノートパソコン画面一体型PCなどのメーカーPC、ビデオカードを持たない(いわゆるオンボード)PCは動作保証外
エンジン ロックスター・アドバンスド・ゲーム・エンジン
Euphoria
売上本数 世界 2200万本[1]
日本の旗 60.9万本(廉価版含む)
テンプレートを表示

グランド・セフト・オートIV(グランド・セフト・オート フォー、Grand Theft Auto IV)は、アメリカロックスター・ゲームズ社(制作はロックスター・ノース)から発売されたオープンワールドクライムアクションゲームである。グランド・セフト・オートシリーズの第11作目(メインタイトルでは第6作目)略称はGTAIV

アメリカで2008年4月29日プレイステーション3Xbox 360用として発売され、後にPC版も発売された。日本語版はカプコンより2008年10月30日に発売された。

概要[編集]

本作の舞台は2008年アメリカ東海岸の架空の都市「リバティーシティ」である。『GTAIII』の発売以来、同シリーズは『GTAIII』に関係する作品であったが、本作は前シリーズから独立しており、関連は無い。リバティーシティは『GTAIII』の舞台となり、初代「GTA」などにも登場する架空の都市であるが、本作では大分様変わりしている。 本作からゲームエンジンが一新されRAGEによって製作された。 シリーズ中最も売り上げ本数が多い(2,200万本)作品でもある。

ストーリー[編集]

過去の出来事によりとても良いとは言えない人生を送っていた主人公ニコ・ベリックは、リバティーシティにいる従兄弟のローマンから度々メール手紙を受けとっていた。スポーツカー、豪邸、女、金、アメリカンドリームの中で暮らしてる、そんなローマンの話を聞いたニコはリバティーシティでなら自分の暗い過去を捨ててやり直すことができるのではないかと思い、リバティーシティのローマンを訪れる。しかし聞いていた話とは裏腹にローマンの生活は借金とトラブルまみれで、アメリカンドリームとはかけ離れた生活だった。ニコはそんなローマンと共に、本当にアメリカンドリームを実現し、リバティーシティで自分の過去を清算しようと動き始める。

舞台[編集]

本作では過去のシリーズに出てきたリバティーシティが一新され、実際のニューヨークの地理に基づき4つの地域に分割されたリバティーシティが舞台となる。ブローカーはブルックリン、デュークスはクイーンズ、ボーハンはブロンクス、アルゴンキンはマンハッタンに相当する。リバティーシティの西側に隣接する島はリバティーシティとは別の州として存在するオルダニーという地域であり、これはニューヨーク州に隣接するニュージャージー州を元にしている。冒頭では島の間に架けられている橋はテロ対策により封鎖されているが、後にその封鎖は解除されプレイヤーは自由に街中を行き来できるようになる。

リバティーシティには多くのパロディが取り入れられており、地区名のホーヴ・ビーチはブライトンビーチをモデルにし、名前の由来はイングランドにある地域ブライトン・アンド・ホーヴからきている。また、アルゴンクインとオルダニーを結ぶブーストンネルはリンカーン・トンネルをモデルにしており、名前は第16代アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーンを暗殺したジョン・ウィルクス・ブースにちなんでいる。

登場人物[編集]

システム上の特徴[編集]

本作は過去のシリーズ作と比べ、システム面でかなりの変更が加えられた。以下に特徴的なものを記述する。

ゲーム進行における[編集]

  • 主人公は、ストーリーの進行により隠れ家を転々とすることになる。
  • 携帯電話に通話をはじめとする様々な機能が盛り込まれており、ストーリー上の重要な要素のひとつとなっている。登場人物に電話をかけることによって(サブ)ミッションやアクティビティを発動させることができる。また、今作では特定の電話番号を入力することでチートの効果が出るようになっている(一度出現させたチート項目はメニューのチートから選べる)
  • ネットカフェなどに設置されたパソコンから接続できる仮想のインターネットが存在し、ウェブサイトを閲覧したり、メールに返信する事によってミッションを受けたりすることができる。
  • 警察のホストコンピューターが存在し、パトカーからアクセスしてミッションを実行することができる。この中には指名手配犯を名前で検索することができる機能が存在し、ゲーム中に登場するキャラクターの多くが登録されている。
  • 一部のミッションは一度失敗するなどしてリトライすると、キャラクターの会話が一度目と異なる。ロードを行なうことによって再度ミッションを受けると、リトライでなくとも一部の台詞が若干異なることがある。
  • 一部のミッションでは、敵となる人物の運命をプレイヤーが選択する場面が存在する。生かしておいた場合は友人になったり、後の場面で敵として再登場することがある。
  • 指名手配システムが一新された。手配度が付くとマップ主人公を中心とした警官の包囲網が表示される。これはストーリー上で重要な要素となっている。
  • 素手や近接格闘武器による攻撃は、防弾チョッキの着用の有無に関わらず直接体力にダメージを与えるようになった。
  • 銃撃戦におけるカバーアクションが採用された。主人公やその仲間や警察、敵のほぼ全てがこのカバーアクションを使用することによって、銃撃戦がこれまでのシリーズに比べて激しく、高度なものへと変わった。同時に武器の集弾性が重要視されるようになっている。
  • シリーズ初のオートセーブ機能が備わった。ミッションをクリアすると自動的にセーブされる。オプションでオフにすることが可能。
  • シリーズ初のマルチエンディングを採用している。
  • シリーズ恒例のサブミッションのいくつかは廃止されている(例外として、物語序盤のみタクシーミッションを、パトカーに搭載されているコンピュータにアクセスする事で自警団ミッションを行える)。
  • PS3版ではモーションセンサーを活用した操作をすることができる。

主人公操作における特徴[編集]

  • 服装の自由度は、前作『GTASA』より少なくなった。
  • 体型や髪型を変えることは出来なくなった。
  • 前作までは車は真横、バイクなどは前・真横にしか撃てなかったが、車からのドライブバイがほぼ全方向に打てるようになった。ドライブバイに使用できる武器として新たにハンドガン手榴弾火炎瓶が加わったこともあり、カーチェイス時の銃撃戦がより一層激しいものとなった。
  • フレンドとのアクティビティを実行中に酒屋バーなどに入ると飲酒した状態になる。歩行中や乗車中は視界と操作が著しく悪化し、飲酒運転が警察に見つかると手配度が上がる。

乗り物における特徴[編集]

  • 本作からは、車両がより高度な挙動を示す様になり、それに比例してプレイヤーによる運転技術の要求が格段と上昇した。
  • ほとんどの駐車してある車には鍵がかかっているので、盗難をする際には肘や足でガラスを割り、内鍵からドアを開けて盗むというモーションが追加された。市民に窃盗を目撃されると警察に通報される。
  • 乗り物の特徴
    • 自動車ボートヘリコプターなど、全ての乗り物のディテールがリアルになった。
    • 登場車両は全て架空のものだが、外見は実車をベースとしたものが多数存在する。
    • 殆どの自動車にはABSが搭載され、ブレーキの使い勝手が向上した。
    • GTAシリーズとしては初めてタクシーに客として乗れるようになっており、道路沿いであればどこへでも行くことができる。
    • 本作からGPSが実装され、ミッションなどで車両に乗車するとレーダーに道順が表示されるようになった。また、ポーズメニューから目的地を設定すれば同システムが作動する。
    • 車両の保管は車庫に代わって路上のパーキングエリアで行う。スペースはすべて一律2台まで駐車可能となっている。
  • 乗り物の損傷による特徴
    • 物理エンジンが一新されたことで、衝突時の車両のダメージがよりリアルになった。
    • 銃撃を受けると、窓は被弾した場所を中心に蜘蛛の巣状のヒビが入り、車体には穴が開くようになっている。
    • タイヤをパンクさせた状態でしばらく走行すると、バーストしてホイールだけになる。
    • 転覆・横転しても、従来のように爆発はしない。
    • 破損の部位や度合いによってはホイールハウスがタイヤを巻き込み、回転しなくなることがある。
    • 足回りが損傷するとホイール・アライメントが狂った状態になり、直進安定性が損なわれて右や左に進路が偏る。
    • 猛スピードで障害物にぶつかると、主人公がフロントガラスを突き破って車外に放り出される。同上に停車及び同進路走行中、対面走行中の車に衝突すると、NPCが同じように放り出されたり、ハンドルに頭をぶつけて死亡する事がある。稀に乗っていたNPCに火が点くこともある。
    • エンジン部分を激しく損傷すると、エンジンがかからなくなることがある。
    • 緊急自動車の警光灯が損傷すると、サイレンに異常が生じ音が乱れる。
  • その他
    • 車両は改造や、SAで存在したトレーラーの牽引などはできない。しかし同車両でも細かい仕様の違いがある。特定のミッションで登場するレアカラーのものも存在する。
    • 列車飛行機を操作できなくなった。また、シリーズ恒例の戦車(APCという装甲車はある)やSA・VCSに登場した自転車は登場しない。
    • 軍隊は存在しない。そのため戦闘ヘリ、装甲車はN.O.O.S.Eという特殊部隊(モデルはSWAT)の物になった。

一般人における特徴[編集]

『GTA』シリーズに必ず登場する一般人は、本作でこれまでのシリーズに比べてその動きが多彩になった。

  • 顔・表情のグラフィックが向上し、主人公が一般人に対する行動で一般人の表情が変わることがある。
  • ゲームの物理エンジンが一新されたことにより歩行や走行によって体が触れると相手が反応し、文句を言いながらよろめいたり、転倒する。
  • 攻撃(体当たり/打撃)や銃による脅しの反応も多様化した。女性の場合、売春婦を除いてはほとんど逃げ出すようになっている。男性の場合、ギャングなど柄の悪い者は体当たりを受けると付いてくることがある。ここでプレイヤーが銃を取り出すと、叫びながら逃げたり、同じく銃を取り出して反撃(発砲)する。逆に、本作のギャングは街を歩いている状態では、基本的に防衛目的以外で発砲することはない。
  • 飲み物やバッグ、書類、携帯音楽プレイヤーなどを持ち歩く者が現れ、体を当てるとそれらを道に落とす(拾うことはない)落ちたタバコなどの小さな所持物は、プレイヤーが拾って投げつけることも出来る。駅のホームなどではアルトサックスを吹く者もおり、指定のボタンで金を与えることができる。
  • 何か犯罪を侵し、現行犯逮捕されパトカーで署へ連行される者がいる。これまでのシリーズでは警察官は犯罪者を殺害するまで追いかけたが、本作でこのシステムは変更された。
  • ホームレスへのアクションが追加され、夜になると人目につかない場所でドラム缶に火を起こし、仲間と共に寒さをしのいでいる。また、ニコに金を求めやってくる者もおり、いくらかの金を与えることができる。
  • 夜になると、シリーズ恒例の売春婦が現れる。車に乗って彼女達の近くでクラクションを鳴らすと、車の前で妖しい踊りを始める。指定のボタンで乗せ、人気の無い所へ行くと3つのサービスから1つを選んで受けることができる。金額はそれぞれ異なっており、カメラアングルが制限されなくなっている。これはGTAシリーズで初となる。
  • タクシーの運転手には、日本人がいる。銃口を向けると日本語を話すこともある。

店における特徴[編集]

SA』で可能になったファストフード店やホットドッグの屋台での食事やストリップクラブのシステムも、本作ではシステムに変更がなされている。

  • ファストフード店や洋服屋、ストリップクラブなど、いずれも入店はドアを開けてそのまま行える(ロードがなくなった)。
  • ファストフード店ではメニューを選ぶことが出来なくなった代わりに、店舗によって食べ物の種類が異なる。
  • 屋台はこれまでよりリアルになりホットドッグナッツハンバーガーの3種類に増えた。屋台や売主を攻撃すると一時的に販売してもらえなくなる。
  • ストリップクラブではプライベートルームについて変更がなされた。あらかじめ店内をストリッパーが歩いており、近づくと話しかけられ特定のボタンでプライベートルームへ案内される。また、サービスを受けている間はニコやストリッパーが喋るようになっている。ポールを使って踊っている者に対して金を与え、踊りを変更させることは出来なくなった。

武器における特徴[編集]

武器の種類は大幅に減り、シンプルなものになった。

近接格闘武器
SAに登場したステルスキルは存在しない。
一発の威力はナイフより高い。攻撃の動作はナイフと比べると遅いが、車のガラスなどを割ることができ、また、横振りを頭部に当てるとヘッドショットと同じく一撃で敵を倒せるのが特徴。
ハンドガン
最大所持弾数は1,500発。ストーリーの序盤において敵が装備している事が多いが、終盤からは殆ど使用されることがない。
  • ピストル
モデルはグロック22で、警官や序盤からの敵が装備している。装弾数は17発。
  • 軍用ピストル
モデルはIMI社製デザートイーグルで、中盤からの敵が装備している。装弾数は9発。
サブマシンガン
最大所持弾数は1,200発。ドライブバイで使用することができる。武器を満足に持てない序盤ではショットガンと並んで脅威となる。
  • マイクロSMG
モデルはIMI社製マイクロウージーで、序盤から中盤までの敵が装備している。装弾数は50発。
  • SMG
モデルはH&K MP5のコピー品のS&W MP10で、NOOSEやFIB、中盤からの敵が装備している。装弾数は30発。
アサルトライフル
ズーム機能が高く、威力も高いが最大所持弾数は600発と少ない。しかし中盤から登場する敵の多くが装備しているので、弾薬には困らない。
  • アサルトライフル
モデルはAK-47で、ミッションでの仲間や序盤の敵が装備している。装弾数は30発。
モデルはM4カービンで、一部警官、NOOSEやFIB、中盤からの敵が装備している。装弾数は30発。
ショットガン
最大所持弾数は80発。近距離での攻撃に重宝する。パトカーに乗車すると5発分を入手することができる。
  • ポンプ式ショットガン
モデルはイサカM37ポリスで、警察や序盤の敵が装備している。装弾数は8発。
  • 軍用ショットガン
モデルはレミントンM11-87で、中盤からの敵が装備している。連射が利き、威力もポンプ式より若干高い。装弾数は10発。
スナイパーライフル
最大所持弾数は50発。アサルトライフルでも届かない超遠距離にいる敵に有効。
  • ボルトアクション式スナイパーライフル
モデルはレミントンM700の派生レミントンSR-8で、警察ミッションの敵が装備している。装弾数は5発。
  • 軍用セミオートスナイパーライフル
モデルはH&K PSG-1で、警察の狙撃部隊が装備している。装弾数は10発。
重火器
最大所持弾数は8発。1発撃ちきりの為、1発ごとにリロードが必要。
  • RPG
モデルはRPG-7で、あるミッションのムービーシーンで敵が装備している。
投擲武器
最大所持可能数は全て25個。ドライブバイで使用することが可能。
破片手榴弾ではなく、爆風で殺傷するタイプ。中盤からの敵が稀に装備している。
今作では火が地面から燃え移るようになった。

ラジオ局・サウンドトラック[編集]

ダウンロードコンテンツ[編集]

備考[編集]

  • 当初2007年10月の発売予定であったが、2008年4月29日に延期となった。
  • 発売直後からプレイ中または読み込み中にフリーズを起す事案が発生、ゲーム関連フォーラムに報告が殺到する事態となった。ほとんどがPS3版(Rockstar社のサーバーがトラブルを起こした状態で自動的にアクセスを行うため、ハングしてしまう)だが、360版でも発生している[2]。ちなみにPS3の場合はPlaystation Networkのアカウントをログアウトさせるか、LANケーブルを抜くことで回避できる。この案件については後日修正パッチが配布された。
  • 本作では飲酒運転ができることから、アメリカの飲酒運転防止活動団体MADD(Mothers Against Drunk Driving、直訳すると飲酒運転防止母の会)が、アメリカのレーティング団体ESRBに対し、現行のM(Mature)(17歳以上対象)の販売レーティングをAO(Adult Only)に変更するよう要請し、発売中止を求めている[3]。なお、AOレーティングになると、アメリカの一般量販店での取り扱いはしない傾向がある。
  • 本作は製作費が1億ドルと言われているが、発売数日で回収し1週間で5億ドルの売上を達成した[4]
  • Take-Two Interactive社の第2四半期決算発表では、2008年5月31日時点での出荷本数は1,300万本、累計販売本数は850万本に及んでいる。日本語版を含めると約870万本を超えている。
  • 発売初日で3億1000万ドルの売り上げを記録、Halo3の記録を1日で破った。さらに1週間で600万本以上を販売し、これによる収益は5億ドル以上とされており、エンターテインメント業界の売り上げにおいてギネス記録を更新した(これまでの過去最高はJ・K・ローリング著作の『ハリー・ポッターと死の秘宝』で、発売後24時間で2億2000万ドルの売り上げ)以上の評価の高さから、前作『GTASA』の2150万本の記録を抜くのはほぼ確実と見られている[5][6]
  • Steamでもダウンロード発売されている。発売当初は日本からでは購入ができなかったが、現在では購入が可能である。

日本語版[編集]

日本語版のプレイステーション3版、およびXbox 360版がカプコンから2008年10月30日に発売された。前作『GTASA』などにあった表現やプレイヤーの行動の規制はなくなったが、取扱説明書のページの一部分やゲームの一部が変更されている。2010年2月24日に総販売元のTake-Two Interactiveの日本支社設立が発表され、発売元をカプコンから2Kに委譲した。

PC完全日本語版は、2009年3月20日サイバーフロントより発売された。2009年11月10日に配布されたバージョン1.0.5.2より海外版と日本版は共通化され、MOD無しに完全日本語化された。

また、CEROの審査を受けたパソコンゲームとして初めてZ(18才以上のみ対象)の区分となった。

2014年1月、主に当ゲームを含めた「残虐ゲーム」の過度および強要によるプレーにより9歳の男児が「ストレス性の自律神経障害」を被ったとして、男児の父親が強要容疑で逮捕された。ゲームの強要罪による逮捕は前例がなく「異例の事件」であると報じられた。逮捕にふみきった京都府警木津署の幹部は「副次的ではあるが、社会に対する警鐘にもなれば」と話しているという[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]