グランド・セフト・オートIV・ザ・ロスト・アンド・ダムド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Grand Theft Auto IV: The Lost and Damned
ジャンル アクション
対応機種 Xbox 360
開発元 Rockstar North
発売元 アメリカ合衆国の旗 Rockstar Games
シリーズ グランド・セフト・オートシリーズ
人数 1人
メディア Xbox 360
Xbox Live Marketplaceでのダウンロード
発売日 Xbox 360
アメリカ合衆国の旗 2009年2月17日
対象年齢 ESRB:Mature (M)
PEGI:18+
CEROZ 18才以上対象
テンプレートを表示

グランド・セフト・オートIV・ザ・ロスト・アンド・ダムド』(Grand Theft Auto IV: The Lost and Damned、以下GTAIV:TLADと表記する)は、アメリカRockstar Games社(開発元はRockstar North)から、Xbox 360ダウンロードコンテンツ(DLC)として、Xbox Liveによる配信が行われているオープンワールドクライムアクションゲームである。本作の物語の位置づけとしては、グランド・セフト・オートIV(GTAIV)の番外編に当たるが、GTAIVとはまったく違う目線のストーリーが展開される。

このDLCが収録された、一つの独立したゲームソフトとして『グランド・セフト・オート:エピソード・フロム・リバティーシティ』(Grand Theft Auto: Episodes From Liberty City、以下GTA:EFLC)が発売された。これを購入すれば、ユーザーはTLADをプレイするためにGTAIVのディスクは必要なくなり、またGTA:EFLCにTLADと共に収録されている『グランド・セフト・オート・ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニー』(Grand Theft Auto: The Ballad of Gay Tony)もプレイできる。ただしEFLCの場合はGTAIVの本編はプレイできない[1]

概要[編集]

GTAIV:TLaDはGTAIVのストーリー内で何度かサブキャラクターとして登場した、リバティーシティバイカー集団「ザ・ロスト(The Lost)」の副総長であるジョニー・クレビッツを新たな主人公とするストーリーが展開される。リバティーシティを本編と別な視点からプレイできたり[2]多数の追加車種、追加ラジオ・テレビ番組を利用できたりする。このダウンロードコンテンツはまだ第1弾であり、今年度に第2弾グランド・セフト・オート・ザ・バラッド・オブ・ゲイ・トニーが配信されており、マイクロソフトはこの2つのダウンロードコンテンツに対し、合計でおよそ5000万ドル(約50億円)を支払っている[3]

価格は1600マイクロソフトポイント(約2400日本円)。

マイクロソフトはこのダウンロードコンテンツをXbox 360独占契約にするため、ロックスターゲームへ5千万ドルの契約金を支払っている。ただ噂としてマイクロソフトとの契約は6ヶ月期間であり、2010年3月30日にプレイステーション3へザ・ロスト・アンド・ダムドが配信された[4]。以前この噂に対してマイクロソフトは公式に本DLCの独占を保証するコメントをしている[5]

北米およびその他複数地域アカウントのXbox Liveによる配信が行われている。日本語版のグランド・セフト・オートIVは日本独立版であるため、多言語版のDLCに対応しておらず、そのため日本アカウントのXbox Liveではザ・ロスト・アンド・ダムドの配信はされていなかったが、テイクツー・インタラクティブ日本上陸第1弾ソフトとして『グランド・セフト・オート: エピソード・フロム・リバティーシティ』(Xbox 360/PS3用。同作と『TBoGT』の2本をまとめてスタンドアロン版としたもの)を2010年6月10日に発売。また2011年6月23日には、日本で『IV』本編と『EFLC』をディスク1枚にまとめた『グランド・セフト・オートIV コンプリートエディション』を発売した(PS3/xbox360対応。xbox360版はディスク2枚での発売)。

ストーリー[編集]

オルダニーを根城とするバイカー集団「ザ・ロスト」のメンバーであるジョニー・クレビッツは、元々副総長であったが、リーダーのビリー・グレイ麻薬をめぐる抗争により捕まり、裁判の結果が出るまで刑務所に拘留されている間は一時期の総長として、ザ・ロストを率いていた。ジョニーは自分が総長でいる間は、ドラッグの取引で利益をあげるため、そして何よりザ・ロストのためにと思い、他のバイカー集団とは休戦し対立はなるべく起こさないようにしていた。だがその後ビリーが執行猶予ということで釈放され総長の地位に戻ってからは、前進のためには敵をせん滅するのみというビリー流の考えの元で、また対立を激化させてしまう。「デス・エンジェルズ(Angels of Death)」という敵のバイカー集団などを対処している間にも、リーダーシップと方向性の違いによるジョニーとビリーによる摩擦は激化していく。

幾つかの場面ではGTAIV本編とリンクしている場面があり、GTAIV本編の主人公ニコ・ベリックも登場している。

登場人物[編集]

追加内容[編集]

ジョニー・クレビッツが主人公のストーリー
新しいバイク(隠し含め16台)、自動車(6台)の乗り物
新しい武器
ビリヤードキュー:その名のとおりビリヤードに使われるキュー。GTASAなどにも登場している。
オートマチックピストル:モデルはCz75[要出典]。フルオートで発射可能なハンドガン。ただしサブマシンガン等と比べて集弾性や威力は低い。
ソウンオフショットガン:短く切り詰められた水平二連ショットガン。2011年現在シリーズで唯一ドライブバイできるショットガンでもある。こちらもGTASAにも登場している。
アサルト・ショットガン:モデルはRDI ストライカー12[要出典]。ショットガンとしては異常な程の連射力を誇る。そのため瞬間火力は全武器と比較してもトップクラスに入る性能。
グレネードランチャー:モデルはH&K HK69[要出典]。グレネードを発射する重火器。ただし発射から爆発までタイムラグがあるため、移動する目標などには当て辛いという欠点がある。
パイプ爆弾:パイプで作られた爆弾。手榴弾との違いは投げたときに煙が出るのが特徴。
新しいラジオ・テレビ番組

脚注[編集]

  1. ^ Take-Two Interactive Software, Inc. Reports Second Quarter Fiscal 2009 Financial Results”. Take Two (2009年5月26日). 2009年5月27日閲覧。
  2. ^ 'Grand Theft Auto' yields road to the 'Lost and Damned'”. USA Today (2008年11月20日). 2008年11月20日閲覧。
  3. ^ Take-Two F2Q07 (Qtr End 4/30/07) Earnings Call Transcript”. SeekingAlpha (2007年6月11日). 2007年6月17日閲覧。
  4. ^ http://gs.inside-games.jp/news/187/18720.html Game*Speak 『GTA IV』のXbox 360独占DLC"The Lost and Damned"がPS3でも8月配信!?
  5. ^ http://www.gamespot.com/news/blogs/rumor-control/909119209/26878866/lost-and-damned-headed-to-ps3-in-august.html

外部リンク[編集]