グランド・セフト・オート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Grand Theft Auto
ジャンル アクション
対応機種 PCプレイステーションGBC
開発元 DMA Design、Tarantula Studios
発売元 ASC Games (現Rockstar Games
シスコンエンタテイメント(日本版)
シリーズ グランド・セフト・オートシリーズ
人数 1-4人(デスマッチゲーム/キャノンボールゲームのみ)
メディア PC
CD-ROM1枚組
PS
CD-ROM1枚組
発売日 PC
北米版:1997年
PS
北米版:1998年
日本版:1998年8月27日
テンプレートを表示

グランド・セフト・オート(Grand Theft Auto)は、Grand Theft Autoシリーズ第一作。1997年10月、北米で発売された。

概要[編集]

見下ろし型ドライブゲームの形態を持ちながら、ギャング組織のチンピラ(ストリートギャング)がボスに指示をもらい、ミッション(犯罪)を実行するという内容。日本ではPC版とプレイステーション版が発売された。従来にない犯罪的な内容で一部の注目を集めると共に、その暴力性が問題視された。

また、細やかなフラグ管理がなされ、ミッション失敗時に状況に応じた小言がボスから言い渡される点や、依頼という体裁を取りながら実はボスが主人公の死ぬところが見たかっただけというミッションや、意味不明なメッセージが送りつけられてくるポケベル(ページャ)など、既存の「お使いゲーム」とは一線を画すスタイルが多い。「ナムアミダブツ」「メッタ殺しタイム」など、日本語版の珍妙な翻訳も数多い。なお、本作ではバイクにも乗ることができる(以後、搭乗可能なバイクは『VC』まで登場しない)また、これ以降のシリーズと異なり一部の池で主人公についた火を消すことができ、線路に立ち入った場合は感電死(第三軌条方式と思われる)し、一部の遮蔽物を火炎放射器の炎だけが通過する仕様となっている。

現在ではRockstar Gamesの英語版サイトでこのゲームのオリジナル版(英語表記)がフリーソフトとしてダウンロード可能である。

その他[編集]

ゲームはリバティーシティサンアンドレアスバイスシティの3つのステージで構成されている(これ以降のシリーズとは形が微妙に違う)これらのステージやシステムを根底に、今後のシリーズが構築されていくこととなったのである。

ラジオ局・サウンドトラック[編集]

外部リンク[編集]