REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜
レベッカスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル CBSソニー/FITZBEAT
プロデュース レベッカ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1985年度年間45位(オリコン)
  • 1986年度年間3位(オリコン)
レベッカ アルバム 年表
EARLY REBECCA
(1985年)
REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜
(1985年)
TIME
1986年
『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』収録のシングル
テンプレートを表示

REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』(レベッカ フォー 〜メイビー トゥモロー〜)は、レベッカの4枚目のアルバムである。

解説[編集]

  • キャッチコピーは「明日へ飛翔しつづけるレベッカの最新超強力アルバム!!」。
  • 前アルバム『WILD & HONEY』から約半年ぶりにリリースされたアルバムで、はじめてオリコン1位を獲得、130万枚を売り上げて大ヒットとなる[1]。レベッカの名前を世に知らしめた1枚。
  • 1985年に日本テレビ系ドラマ『ハーフポテトな俺たち』でエンディング曲、オープニング曲として採用された「フレンズ」「ガールズ ブラボー!」、ライブのトリでよく用いられた「Maybe Tomorrow」を収録している。

収録曲[編集]

  • 作詞:NOKKO(特記以外)、作曲:土橋安騎夫(特記以外)、編曲:レベッカ
  1. Hot Spice
  2. プライベイト・ヒロイン
  3. Cotton Time
  4. 76th Star
    • 作詞:NOKKO・沢ちひろ
    2005年水樹奈々が、11thシングル「WILD EYES」のカップリングでカバーした。
  5. 光と影の誘惑 (Instrumental)
  6. ボトムライン
  7. ガールズ ブラボー!
  8. フレンズ
  9. London Boy
    • 作詞:沢ちひろ
  10. Maybe Tomorrow

脚注[編集]

  1. ^ REBECCA 9年ぶりに再結成、SANSPO.COM、2000年4月20日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)