WILD & HONEY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WILD & HONEY
レベッカスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル CBSソニー/FITZBEAT
プロデュース 稲垣博司・後藤次利[1]
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 初登場18位(オリコン)
  • 1985年度年間42位(オリコン)
レベッカ アルバム 年表
Nothing To Lose
(1984年)
WILD & HONEY
(1984年)
EARLY REBECCA
1985年
『WILD & HONEY』収録のシングル
  1. ラブ イズ Cash
    リリース: 1985年4月21日
テンプレートを表示

WILD & HONEY』(ワイルド&ハニー)は、1985年5月22日に発売されたレベッカの3枚目のアルバム

概要[編集]

キャッチコピーは「話題騒然!!ナチュラルに優しくロックするレベッカの大自信作、ついに完成!!」。

レベッカにとって初ヒット作でオリコン初登場18位、最高位6位を記録した。

このアルバムから、土橋安騎夫がリーダーとなり、古賀森男小田原豊がメンバーに加わった。

LPCDカセットと同時発売。初版のCDとカセットは収録数が異なる[2](下記参照)。

このアルバムを最後に、後藤次利エグゼクティブ・プロデューサーの座を降りている。

収録曲[編集]

  • 全作詞:NOKKO(特記以外)、作曲:土橋安騎夫(特記以外)、編曲:レベッカ

LP/CD(再発版)[編集]

  1. WILD EYES
    作詞:NOKKO・沢ちひろ
  2. ラブ パッション
    作詞:NOKKO・宮原芽映
  3. フリーウェイ シンフォニー
  4. ラブ イズ Cash (Special Remix)
    作詞:NOKKO・沢ちひろ
    • 先行シングル曲。“Special Remix”として収録。
  5. 蜃気楼
  6. NEVER TOO LATE
    作詞:宮原芽映

CD(初版)/カセット[編集]

  1. WILD EYES
  2. ラブ パッション
  3. フリーウェイ シンフォニー
  4. 黄金の日々
    作詞:NOKKO・有川正沙子
  5. 瞳を閉じて
  6. ラブ イズ Cash (Special Remix)
  7. 恋するおもちゃ
    作詞:松井五郎 作曲:中崎英也
  8. 夢幻飛行 (NEVER BEEN TO THE DESERT)
    作詞:NOKKO・有川正沙子 作曲:後藤次利
  9. 蜃気楼
  10. NEVER TOO LATE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジットされている
  2. ^ CDの再発の際はLPと同じ曲順になっている