MOON (レベッカの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MOON
レベッカシングル
初出アルバム『Poison
B面 VIRGINITY (LIVE VERSION)
リリース
規格 シングルレコード
8cmシングル
ジャンル ロック
レーベル CBSソニー/FITZBEAT
作詞・作曲 NOKKO(作詞 #1)
宮原芽映(作詞 #2)
土橋安騎夫(作曲 #1・#2)
チャート最高順位
レベッカ シングル 年表
Nervous but Glamorous
1987年
MOON
1988年
One More Kiss
(1988年)
収録アルバムPoison
POISON MIND
(1)
MOON
(2)
真夏の雨
(3)
テンプレートを表示

MOON」(ムーン)は、レベッカの9枚目のシングル1988年2月26日CBSソニー/FITZBEATから発売された。

解説[編集]

アルバム『Poison』からのシングルカット曲。

曲の途中で女性の「せんぱい…」という謎の声が入っており、幽霊の声がすると当時騒がれた一曲。その声の正体はレコーディングで即興的に吹き込んだ(またはフェイクを間違えた)NOKKO自身の声だという[1]

カップリングの「VIRGINITY (LIVE VERSION)」は、2ndシングル「ヴァージニティー」のライブ音源である。

収録曲[編集]

  1. MOON
    作詞:NOKKO、作曲:土橋安騎夫、編曲:レベッカ
  2. VIRGINITY (LIVE VERSION)
    作詞:宮原芽映、作曲:土橋安騎夫、編曲:レベッカ

カバーしたアーティスト[編集]

MOON

その他[編集]

  • 幽☆遊☆白書:単行本第1巻で、雪村螢子の友人の夏子が「ホントだって Bメロの出だしのとこにさー“センパイ”って声が入ってんのよー」と言っている。
  • とらドラ!:アニメ第9話「海にいこうと君は」の劇中で、登場人物の櫛枝実乃梨が“曰く付きのCDから集めた心霊音源集”聴いて、「今“せんぱ〜い”って変な声がしてたんだけど」と言っているシーンがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

  • ソニー・ミュージックエンタテインメントによる紹介ページ