木暮武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木暮武彦
別名 シャケ、木暮"shake"武彦
生誕 (1960-03-08) 1960年3月8日(61歳)
東京都杉並区
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 国士舘大学中退
ジャンル ロック
職業 ギタリスト
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1984年 - 1985年
レベッカ
1986年 - 1989年
(RED WARRIORS)
1990年 -
(ソロ他)
レーベル CBS・ソニーFITZBEATレーベル)
1984年 - 1985年
日本コロムビア(BODYレーベル)
1986年 - 1990年
ポニーキャニオン
1997年
徳間ジャパンコミュニケーションズ
1999年 - 2003年
共同作業者 RED WARRIORS
公式サイト 木暮"shake"武彦 official web site

木暮 武彦(こぐれ たけひこ、1960年3月8日 - )は、日本ロックギタリスト木暮"shake"武彦名義で活動する。通称シャケ。東京都杉並区生まれ[1]武南高等学校卒業、国士舘大学中退。元レベッカRED WARRIORSなどのメンバー。

私生活では2度の離婚歴があり、最初の妻は元レベッカのNOKKO、2番目の妻は歌手のチエ・カジウラである。カジウラとの間にもうけた娘は女優の杉咲花。現在は一般女性と再々婚をしており、息子もいる。

略歴[編集]

  • 高校時代は一年生の夏まで野球部に所属していた[2]

1980年代[編集]

  • 1984年、レベッカのメンバーとしてデビュー。レベッカというバンド名の名付け親でもある。曲作りでも中心的な役割を担った。2枚のアルバム発表後、脱退の形であるものの、事実上の解雇、のち離反する。

REBECCAのボーカル、NOKKOとは恋仲になり、アメリカに逃避行するものの夢破れて帰国する。REBECCAの「フレンズ」とREDWARRIORSの「ルシアン・ヒルの上で」の両楽曲は、この逃避行の時の事を歌っている、と言われている。

  • 1986年、田所豊などと共にRED WARRIORSで再デビュー。レベッカと同じRで始まるように命名した。1989年の解散までに、オリジナル・アルバム4枚とライヴ・アルバム1枚発表。
  • 1989年に渡米[1]

アメリカ時代[編集]

  • 1990年、渡米初期バンド活動のナンバーを含んだソロ名義アルバム『EARLY L.A.WORKS』を日本コロムビア・BODYレーベルが発表。リリースは本意でない本人はのちに「これは私生児のようなアルバムだ」と語る。
  • 左腕に「CASINO DRIVE」のタトゥーを入れる。後年本人は「イノセントだったんだろうね」と語っている。
  • 『FEVER VISIONS』(1992年)、『エデンの裏口から』(1994年)の2枚のアルバムをポニーキャニオンより発表。ヴォーカルのケネス・アンドリューが2ndアルバム制作前に脱退し、その後木暮はキャリア上初めてアルバム単位のリード・ヴォーカルを務めることとなる。
  • JAPAN TOUR以後、CASINO DRIVEの活動を停止。そのまま帰国。

帰国後[編集]

  • 1995年、プロジェクト、サイコデリシャスを立ち上げる。ポニーキャニオンより1stアルバム『不思議な旅』発表。平行してRED WARRIORSの活動も続ける。
  • 1999年、インディーズレーベルより2ndアルバム『真夜中の太陽』発表。
  • 2001年、『真夜中の太陽』を再録音、リミックス、ナンバー入れ換えなどした上でImagineレーベルより『一人だけの世界』として再発表。
  • 2003年、山梨県富士河口湖町に移住[1][3]。初の完全インストゥルメンタルであるサイコデリシャス3rdアルバム『Living in Celebration』発表。
  • 2006年、Mt.DELICIOUSを結成し、『夜明けのドラゴン』発表。
  • 2011年、ソロアルバム『水と光の魔法』発表。Mt.DELICIOUSを休止。
  • 2013年、ソロアルバム『儚(はかない)』発表。
  • 2019年、ソロアルバム『楽園の向こう側』発表[4]

ソロアルバム[編集]

  • 水と光の魔法 (2011年11月16日、クリアスカイ、CS-1154)
  • 儚 (2013年10月09日、クリアスカイ、CS-1155)
  • 透明な夜 (2014年12月3日、クリアスカイ、CS-1156)
  • 浮遊 ~ Floating (2015年7月15日、クリアスカイ、CS-1157)
  • 惑星にて (2016年12月21日、クリアスカイ、CS-1158) [5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 木暮"shake"武彦 official web site”. www.psychodelicious.com. 2020年12月9日閲覧。
  2. ^ ロッキング・オン・ジャパン 1988年8月号 VOL.14. (株)ロッキング・オン. (1988/8/16) 
  3. ^ 情報誌ぴゅあ 2017.2-3月号.indd 斯くも短し、父と子の時間 ギタリスト・作曲家 木暮武彦さん”. 2020年12月9日閲覧。
  4. ^ 木暮"shake"武彦、アルバム『楽園の向こう側』のリリース記念ライブを開催 | OKMusic”. okmusic.jp. 2020年12月9日閲覧。
  5. ^ “元レベッカ 木暮“shake”武彦、12・21ソロアルバム 6年ぶりにエレキ演奏”. ORICON STYLE. (2016年10月20日). http://www.oricon.co.jp/news/2080205/full/ 2016年10月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]