高浜市やきものの里かわら美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 高浜市やきものの里
かわら美術館

Kawara Museum of Takahama city, a Hometown Ceramics
Kawara Museum of Takahama city.jpg
高浜市やきものの里かわら美術館の位置(愛知県内)
高浜市やきものの里かわら美術館
愛知県内の位置
施設情報
愛称 かわら美術館
専門分野
館長 井口喜晴[1]
事業主体 高浜市
管理運営 乃村工藝社NTTファシリティーズ美術館運営共同事業体(指定管理者
建物設計 内井昭蔵建築設計事務所
延床面積 4,669.48m2
開館 1995年平成7年)10月7日[2]
所在地 444-1325
愛知県高浜市青木町九丁目6番地18
位置 北緯34度55分23.54秒 東経136度58分54.17秒 / 北緯34.9232056度 東経136.9817139度 / 34.9232056; 136.9817139座標: 北緯34度55分23.54秒 東経136度58分54.17秒 / 北緯34.9232056度 東経136.9817139度 / 34.9232056; 136.9817139
公式サイト 公式ウェブサイト(日本語)
プロジェクト:GLAM

高浜市やきものの里かわら美術館(たかはましやきもののさとかわらびじゅつかん)は、愛知県高浜市青木町にあるをテーマとした美術館である。窯業の盛んな高浜市が1995年に設立、運営している。一般には、「かわら美術館」の名で親しまれている。


概要[編集]

高浜市が三州瓦の産地として有名であることから、瓦にまつわる美術館の建設が求められ、1995年10月7日に開館した。建物は内井昭蔵の設計で、三州瓦を日本全国に運んだ千石船をイメージしてデザインされたもの。1996年には第4回愛知まちなみ建築賞を受賞している。所蔵品は三州瓦に限らず、広く文化全体が概観できる構成になっている。常設展示は、瓦やその歴史主体であるが、企画展では、陶芸の他、写真、絵本の原画などをテーマにしたものも開催されている。

また、高浜市出身の漫画家たかはまこ貞本義行が結婚し同市に居を移していたことから、2002年に「新世紀エヴァンゲリオンクリエーター 貞本義行の仕事展」が開催された。

家庭フランス料理が食べられるレストラン、「Omi」を併設している。この地方の産の歴史的な瓦の常設展示がある。陶芸の創作教室も定期的に開催されている。すぐ向かいには、瓦を使って作った魚や亀、あるいは鬼瓦などを用いて海の風景を表現した森前公園がある。

建物概要[編集]

  • 設計 - 内井昭蔵建築設計事務所(内井昭蔵[3]
  • 施工 - 株式会社錢高組名古屋支店[3]
  • 構造 - RC造[3]
  • 階数 - 地上4階、地下1階[3]
  • 敷地面積 - 2,802.93m2[3]
  • 建築面積 - 1,681.04m2[3]
  • 延床面積 - 4,669.48m2[3]
  • 第4回愛知まちなみ建築賞受賞[3]

利用案内[編集]

  • 開館時間 : 10:00 - 21:00(展示の観覧は17:00まで)
  • 休館日 : 毎週月曜日と火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
  • 入館料
    • 高校生以上
      • 企画展 : 展示により異なる
      • 常設展のみ : 200円
    • 中学生以下
      • 常設展、企画展とも無料

所在地[編集]

  • 愛知県高浜市青木町九丁目6番地18

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高浜市やきものの里かわら美術館:入館者100万人を突破”. 毎日新聞 (2016年12月2日). 2017年2月2日閲覧。
  2. ^ 平成26年度年報 (PDF)”. 高浜市やきものの里かわら美術館. 2017年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 第4回愛知まちなみ建築賞”. 愛知県. 2017年2月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]