長善寺 (枕崎市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長善寺(ちょうぜんじ)は鹿児島県枕崎市にかつて存在した曹洞宗の寺。山号は「福寿山」であった。

元々は喜入にあった寺を移転したという説と、元からこの地にあったという説があって判然としない。島津氏分家の一つ・喜入氏の菩提寺であり、喜入氏がこの地に移された慶長6年(1601年)以降、喜入氏の菩提寺として栄えた。しかし明治2年の廃仏毀釈で廃寺となった。跡地は学校として再利用されたが、その学校も移転・廃校となったため、現在は喜入氏歴代の墓だけが残るだけとなっている。

喜入氏歴代の墓には鹿児島県では珍しい土饅頭型の墓が3基見られる。