舎那院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
舎那院
Shanain01s3200.jpg
山門
所在地 滋賀県長浜市宮前町13-45
位置 北緯35度22分59.28秒 東経136度16分30.47秒 / 北緯35.3831333度 東経136.2751306度 / 35.3831333; 136.2751306座標: 北緯35度22分59.28秒 東経136度16分30.47秒 / 北緯35.3831333度 東経136.2751306度 / 35.3831333; 136.2751306
山号 勝軍山
院号 新放生寺舍那院
新放生寺子院
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗豊山派
本尊 愛染明王
阿弥陀如来
(共に重要文化財)
創建年 伝・弘仁5年(814年
開山 及雅
開基 伝・空海
中興 源義家11世紀後半)
豊臣秀吉
正式名 勝軍山新放生寺舍那院
札所等 長浜六瓢箪めぐり[1]6番
文化財 木造愛染明王坐像(重要文化財)
木造阿弥陀如来坐像(重要文化財)
絹本着色三月経曼荼羅図(重要文化財)
地図
舎那院の位置(滋賀県内)
舎那院
法人番号 9160005003800
テンプレートを表示
本堂傍の芙蓉
護摩堂

舎那院(しゃないん)は滋賀県長浜市宮前町[2]にある真言宗豊山派の寺。芙蓉の名所として知られる。

歴史[編集]

平安時代初期の弘仁5年(814年)、空海(弘法大師)を開基として創建したと伝わる古刹。 寺号新放生寺といい、山号勝軍山学頭別当職に就いた源義家による中興の時代(11世紀後半)に後三条天皇より賜ったものである。16世紀後半の度重なる兵火を受けて堂宇を焼失したが、豊臣秀吉によって再興された。

新放生寺は平安時代より長浜八幡宮学習院であり別当寺を務ていたが、明治時代初期の神仏分離令により子院の一つである舎那院以外は廃された。舎那院には廃された寺院の仏像等が集められ、現在に至っている。現在の住職は吉田龍恵

伽藍[編集]

  • 本堂 – 江戸初期建立。現在は1810年に建造[3]。 
本堂の左右両面に使われている扉は、旧国会議事堂から移設されている。

旧舎那院茶室「忘筌」[編集]

当寺には小堀遠州作の茶室「忘筌」があったが、大正8年(1919年)、北海道在住の実業家持田勤也が入手し、札幌市へ移築されて「八窓庵」と呼ばれるようになった。この茶室はその後所有者が変わり、昭和46年(1971年)、札幌市中央区中島公園に移築された。「八窓庵(旧舎那院忘筌)」の名で昭和11年(1936年)に国の重要文化財に指定されている。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

  • 木造愛染明王坐像(彫刻) – 鎌倉時代、本尊。豊臣秀吉の奉献と伝わる。1905年(明治38年)4月4日指定[5]
  • 木造阿弥陀如来坐像(彫刻) – 平安時代、観音堂安置。1905年(明治38年)4月4日指定[5]
  • 絹本著色三月経曼荼羅図(絵画) – 鎌倉時代。1910年(明治43年)4月20日指定[6]

滋賀県指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 護摩堂(建造物) – 室町時代後期。1983年(昭和58年)3月28日指定[5]
    • 木造薬師如来坐像(彫刻) – 平安時代。2008年(平成20年)7月23日指定[5]
    • 絹本著色不動明王像(青不動)(絵画) – 室町時代。1982年(昭和57年)3月31日指定[5]
    • 素文磐(工芸品) – 平安時代。1973年(昭和48年)3月31日指定[5]
    • 金銅透彫幡 金銅龍頭二頭付 2旒(附 木箱1合)(工芸品) – 2017年(平成29年)3月23日指定[7]

長浜市指定文化財[編集]

  • 有形文化財
    • 絹本著色十六羅漢像(絵画) – 室町時代。1968年(昭和43年)12月10日指定[5]
    • 絹本著色愛染明王像(絵画) – 室町時代。1968年(昭和43年)12月10日指定[5]
    • 金銅透彫幡 2流(附 永正十四年丁丑月二八日在銘箱) – 室町時代。1963年(昭和38年)10月30日指定[5]
    • 舎那院文書 1巻(5通)(書籍) – 桃山時代。1974年(昭和49年)3月27日指定[5]

所在地[編集]

〒526-0053 長浜市宮前町13-45

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

長浜六瓢箪めぐり

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 長浜六瓢箪霊場
  2. ^ 坂田郡長浜町、および神照村などの近辺に相当
  3. ^ 寺社を巡る旅
  4. ^ ブログ・長浜市を歩く
  5. ^ a b c d e f g h i j 長浜市所在指定文化財一覧(長浜市ホームページ)。
  6. ^ 明治43年4月20日内務省告示第68号(参照:国立国会図書館デジタルコレクション)。長浜市公式サイトの「長浜市所在指定文化財一覧」に昭和43年指定とあるのは誤り。
  7. ^ 平成29年3月23日滋賀県公報より滋賀県教育委員会告示第4号 (PDF) (リンクは滋賀県ホームページ)。
  8. ^ 長浜観光振興会長浜六瓢箪霊場
  9. ^ 総持寺とも

外部リンク[編集]