清滝寺 (土浦市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
清滝寺(きよたきじ)
南明山清瀧寺観音堂.JPG観音堂
所在地 茨城県土浦市小野1151
位置 北緯36度9分54.7秒
東経140度10分2.5秒
座標: 北緯36度9分54.7秒 東経140度10分2.5秒
山号 南明山
宗派 真言宗豊山派
本尊 聖観世音菩薩
創建年 607年(推古天皇15年)
中興年 大同年間
中興 徳一
別称 清滝観音
札所等 坂東三十三箇所 第26番
法人番号 1050005003257
テンプレートを表示
山門(仁王門)

清滝寺(きよたきじ)は、茨城県土浦市にある真言宗豊山派の寺院。山号は南明山。院号は慈眼院。本尊は聖観世音菩薩坂東三十三箇所の第26番札所であり、清滝観音とも称される。

由緒[編集]

寺伝によれば、607年推古天皇15年)に聖徳太子作の聖観音を竜ヶ峰(この寺の背後の山)に安置したのが始まりと伝えられる。大同年間(806年 - 810年)に徳一上人によって山の中腹に移され、後に現在地に観音堂が建てられた。江戸時代には江戸幕府から朱印状を得ていたが、1969年(昭和44年)、不審火により本堂が焼失。天保年間(1830年 - 1844年)に建てられた山門が残されている。

隣の札所[編集]

坂東三十三箇所
25 大御堂 (つくば市) -- 26 清滝寺 -- 27 円福寺 (銚子市)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]