コンテンツにスキップ

梅澤淳稔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
梅沢淳稔から転送)

梅澤 淳稔(うめざわ あつとし、1960年2月21日 - )は、日本男性アニメーション演出家アニメーション監督、元アニメプロデューサーである。東映アニメーション所属。東京都荒川区出身[1]

来歴[編集]

映画監督を目指して入学した[1]横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)を卒業後[1]、学友の芝田浩樹らとともに東映動画(現・東映アニメーション)の研修生に。研修終了後東映動画に入社し、『パタリロ!』などで演出助手を務めた。1983年、『ベムベムハンターこてんぐテン丸』第15話「人形にされたヨーコちゃん」にて演出家としてデビュー。その後は、『北斗の拳』『ひみつのアッコちゃん(第2作)』などの演出を担当した。

1991年、『キン肉マン キン肉星王位争奪編』にて初めてシリーズディレクター(=監督)に就任。同作の他、SD(シリーズディレクター)として関与した作品には、『GS美神』『ご近所物語』『神風怪盗ジャンヌ』がある。

2003年よりプロデューサーに転身し、『ボボボーボ・ボーボボ』『デジモンセイバーズ』などのプロデュースを手掛けた後、2009年より朝日放送日曜朝8時30分枠のアニメをそれまで担当してきた鷲尾天に代わって同枠のアニメをプロデュースすることになり、「プリキュアシリーズ」のプロデューサーを4年間務めていた。

2015年6月1日、製作本部の製作管理部長に就任する。それまでは、企画営業本部のテレビ企画部長代理と映画室長・シナリオ室長を務めていた[2]。また、『美少女戦士セーラームーンCrystal』をもって、プロデューサー業から引退している。2018年6月27日には執行役員に就任[3]

2020年2月に定年を迎えたが、引き続き所属[4]し、執行役員として新規IP研究開発チーム「PEROs」に居座る[5]

エピソード[編集]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

1983年
1984年
1988年
1990年
1991年
1993年
  • GS美神( - 1994年、シリーズディレクター
1994年
1995年
1997年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2023年

劇場アニメ[編集]

1986年
1994年
  • GS美神 極楽大作戦!!(監督
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2015年

OVA[編集]

1987年
1988年
1990年
  • 花のあすか組!2 ロンリーキャッツ・バトルロイヤル(監督

Webアニメ[編集]

2014年
2021年
  • 実験映像URVAN(企画・監督・絵コンテ[5]

その他アニメ[編集]

1983年[編集]

ゲーム[編集]

2000年

実写映画[編集]

2022年

参考文献[編集]

  • 『月刊アニメージュ』(徳間書店刊)1986年1月号記載、『新春横断企画 ー第一線で活躍するアニメ関係者が推薦ー ’86年のホープ(56人)を捜せ!』より(p29)。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]