新宝島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
新寶島から転送)
移動先: 案内検索

新宝島』(しんたからじま)は、1947年手塚治虫が発表した漫画。原作・構成/酒井七馬、作画/手塚治虫書き下ろし単行本。

手塚治虫にとってデビュー長編[1]であると同時に出世作であり、戦後日本マンガの出発点とされる[2]。マンガ史における本作のマンガ表現の果たした役割についても研究者の間で議論となっている。

あらすじ[ソースを編集]

時は現代、亡くなった父親の書類箱から宝の地図を見つけたピート少年は、知り合いの船長とその島へ行こうとするが……。

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』をベースにターザンロビンソン・クルーソーを混ぜ合わせたような物語と表現されている[3][4]

単行本[ソースを編集]

冒険漫画物語 新宝島[ソースを編集]

育英出版発行の(赤本漫画)。一部キャラクターの顔は酒井七馬が描いたが、大部分が手塚治虫の作画。ただし当時の赤本マンガの通例により、手塚の原画を写真製版したものでなく、版下職人が手塚の原画を手描きでトレースして製版した描き版である[5][6][7]。発行時期によって装丁が一部異なる。

発行部数については、4万部という推測から40万部という証言、80万部とも言われており[8][9]、正確な数は不明である。なお、手塚治虫の原稿料は3,000円の買い切りであり、手塚に印税収入は入らなかった[10][11]

  • 初版:1947年1月30日発行。表紙の「宝」の文字が、旧字体の「」になっている。奥付の表記も「」。ローマ字表記は「SHIN TAKARAJIMA」。初版のみハードカバーで紙質も上質なものが使われている[12]
  • 改訂版:1947年4月20日発行。表紙の「宝」の文字が、旧字体の「」になっている。奥付の表記は「」。異本多数。
  • 再版:この版のみ、ローマ字表記が「SHIN TAKARAZIMA」になっている。現在一番流通している。『ピート君漂流記』など異本多数[13]

ジュンマンガ[ソースを編集]

1968年頃発行。文進堂発行の漫画研究叢書。西上ハルオの手でトレス版が発行されている。初期発行のものには「(1)」と表記されているものの2号以降は出版されず。

手塚治虫漫画全集[ソースを編集]

1986年10月3日、講談社発行の手塚治虫漫画全集のために描き下ろされたリメイク版。元本をもとに、手塚治虫自身で全て描き直されている(後述)。

オリジナル復刻版[ソースを編集]

2009年2月27日に、1947年発行の初版本が小学館クリエイティブから復刻発売された。2000円の通常版と、7980円の豪華限定版の二種類。本文192ページ。正式な復刻はこれが初となる。

手塚治虫文庫全集[ソースを編集]

講談社発行。手塚治虫漫画全集に準ずるリメイク版の『新宝島』と育英出版の赤本に準ずる『新寶島 オリジナル版』が、それぞれ別個の書籍として刊行されている。

登場人物[ソースを編集]

ピート
本作品の主人公。亡くなった父親の持っていた宝の地図を発見し、船長と宝探しに出かける。後に他作品でケン一少年として登場。
船長
ピート少年の父親の友人。を操り、ピート少年と共に冒険の海へ。後に他作品にブタモ・マケルとして登場。同年『火星博士』でもケン一少年とコンビを組むが、酒井七馬のクレームにより同作品をもってコンビ解消となる。
犬(パン)
ピート少年に船の中(リメイク版では道路)で拾われたリメイク版では実は妖精という設定で、「パン」という名前も付けられている。
ボアール
片手片足の海賊。昔、ワニザメと格闘した際に片手片足を失った。ブク・ブックの役名で知られるキャラクターで、後に『バンパイヤ』で片足の警官隊長として登場。『ブラック・ジャック』の「青い恐怖」ではピート少年と親子役で共演している。
バロン
20年前に船が難破し、に流れ着いた際にチンパンジーに育てられる。今では密林の王者に。動物を巧みに操る。

漫画全集版の描き換え[ソースを編集]

本作品は、講談社の手塚治虫漫画全集出版時の描き直しの際、多くの描き換えがされている。

  • 三段組から四段組に変更。一部のコマは、その都合で前後されている。
  • 犬との出会いが船の中→波止場へ行く途中の道路
  • 「冒險の海へ」「海賊船」などのサブタイトルの削除。それに伴い目次も削除。
  • 手塚自身で描いたものではない書き文字の削除。
  • 単行本出版時に描き換えられたターザンの顔の修正
  • ラストシーンの追加(これは元本執筆時に構想していたがカットされたもの)

その他、多くの描き換えが施されている。描き換えの理由については手塚治虫漫画全集版巻末の「『新宝島』改訂版刊行のいきさつ」において、当時の原稿を紛失しており、原本からの復刻も赤本マンガは職人の描き版であり手塚本人の絵ではないこと、酒井七馬の手が入っていて手塚治虫作品とは言えないことなどを挙げている。

制作経緯[ソースを編集]

大阪で戦後創刊をトップを切った、漫画誌『まんがマン』(漫画書院)を見た、手塚治虫が、吹田市の漫画書院を訪れ、編集者の大坂ときをから、酒井七馬を紹介される。後に酒井から育英出版からの単行本共同制作の話を持ちかけられる。 これが新宝島の出版へと結びついた。[14]

影響[ソースを編集]

本作は、当時の中央の出版社の少年雑誌に掲載されるマンガが4ページ程度だった時代において、200ページを越えるボリュームで描き降ろし出版された。それまでのマンガの「単純」「短い」といった常識を打ち破り、奇想天外な冒険ドラマが描かれた本作が40万部とも言われるベストセラーを記録したことによって、赤本マンガブームが到来した[15][16][17][18]

本作を読んで影響を受けたり、漫画家を志した読者も多い。藤子不二雄[19]石ノ森章太郎[20]ちばてつや[21]望月三起也[22]古谷三敏[23]楳図かずお[24]中沢啓治つげ義春など。劇画を始めた辰巳ヨシヒロ[25]さいとう・たかを[26]桜井昌一[27]佐藤まさあき[28]も衝撃を語っている。

漫画家以外にも、小松左京[29]宮崎駿[30]横尾忠則[31]和田誠[32]赤瀬川原平[33]青木保[34]石上三登志[35]らが少年時代に出会った驚きを思い出として振り返っている。

一方、既に漫画家として活躍していた横井福次郎は『新宝島』を酷評したという[36]

その映画的表現から、「絵が動いている」と当時の漫画少年たちに衝撃を与え、マンガの映画的な表現を、手塚が生み出したとして、この作品は長らく手塚神話と一体化されていた[37]

とりわけ手塚治虫の影響が大きかったトキワ荘グループのマンガ家によって喧伝され、中でも藤子不二雄の『まんが道』のエピソードや自伝[38]で影響を語っており、1970年代以降の手塚治虫と『新宝島』神話の浸透に大きな役割を果たしていた[39][40]

神話の形成については、『新宝島』がベストセラーであったにもかかわらず、最初の赤本マンガの育英版以降再版されず、1950年代以降は幻の作品になり現物を目にできないことも理由としてあった[41]

だが、1980年代末以降の研究では、宍戸左行『スピード太郎』や大城のぼる『汽車旅行』など、映画的な表現をしたストーリー漫画が戦前に存在したことが指摘されるようになった[42]。マンガ研究家の宮本大人は戦後の子供が手塚治虫のマンガに衝撃を受けたのは、第二次世界大戦中の漫画に対する規制による表現の断絶が原因ではないかとみている[43]

なお、生前の手塚治虫は長く本作の復刻を拒み、手塚治虫漫画全集に納める際に自らが描き直したが、本作の作品的価値についても否定的であった[44]

手塚と酒井の役割分担については、中野晴行は共作者の酒井が元アニメーターであったことから、映画的表現はむしろ酒井の功績であるとの考えを示した[45]。一方、野口文雄は中野の説に反論し、『新宝島』の革新性は、それまで主に登場人物の台詞による説明に頼っていた時間や状況の進行を、台詞によらずスピーディなアクションやコマ割り・構図による表現で行ったことであるとし、こういった表現がむしろそれ以降の酒井七馬の作品にも影響を与えたとする[46]。手塚本人は、手塚治虫漫画全集版のあとがきで「酒井さんが、原案と構成をしたことになっているが、原案はともかく、構成の草案は自分がした」と記している。

この他、竹内オサムは『新宝島』における革新性は映画的手法である同一化技法にあるとし、伊藤剛との間で論争が交わされた[47][48]

古書価格[ソースを編集]

『新宝島』は古書としての価値が早くから認められたマンガでもある。1970年代初頭にデパートの古書店で40万円の価格だったことで話題になり[49]1977年にも、静岡県の古書店で2万5千円の価格がつけられた[50]

育英出版の初版は、現存が確認されたものが2002年時点で3冊しかなく、古書市場価格では300万円の記録がある。さらに状態がいいものについては、古書店のまんだらけが所蔵して、500万円の評価が下されている[51][52]。2000年代において藤子不二雄の「UTOPIA 最後の世界大戦」(鶴書房版)と共に日本で最も(相場が)高い単行本とされている[53][54]

育英出版の再版は、テレビ番組『開運!なんでも鑑定団』では、1951年の重版が30万円と評価された。本の厚さは初版本の半分以下。

その他[ソースを編集]

手塚が虫プロダクション社長時代にスペシャルアニメとして制作・放映した『新宝島』は本作とはまったく関係がなく、スティーブンソンの『宝島』を翻案したものである。詳細は「新宝島 (テレビアニメ)」を参照。

参考資料[ソースを編集]

  • 『ジュンマンガ』第1号、文進堂1968年
  • 手塚治虫『新宝島』手塚治虫漫画全集講談社1984年
  • 藤子不二雄『二人で少年漫画ばかり描いてきた』文春文庫、1980年
  • 呉智英「ある戦後精神の偉業 手塚治虫の意味」『文学界』1989年4月号、文藝春秋社(竹内オサム、村上知彦編『マンガ批評大系・別巻 手塚治虫の宇宙』平凡社、1989年に所収)
  • 中野晴行『手塚治虫と路地裏のマンガたち』筑摩書房、1993年
  • 米沢嘉博「「新宝島」ショック!! 戦後ストーリーマンガの始まり」『別冊太陽 子どもの昭和史 少年マンガの世界I』平凡社、1996年(『手塚治虫マンガ論』河出書房新社、2007年に所収)
  • さいとうはるお、黒沢哲哉『学習まんが人物館 藤子・F・不二雄-こどもの夢をえがき続けた「ドラえもん」の作者』小学館1997年
  • 宮本大人「マンガと乗り物 〜「新宝島」とそれ以前〜」『誕生!手塚治虫 マンガの神様を育てたバックグラウンド』霜月たかなか編、朝日ソノラマ、1998年
  • 清水勲『大阪漫画史-漫画文化発信都市-』ニュートンプレス、1998年
  • 池田啓晶『手塚治虫解体新書』集英社、2002年
  • 江下雅之『マンガ古書マニア 漫画お宝コレクション1946〜2002』インターメディア出版、2002年
  • 伊藤剛『テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ』NTT出版、2005年
  • 二階堂黎人『僕らが愛した手塚治虫』小学館、2006年
  • 中野晴行『謎のマンガ家・酒井七馬伝 「新宝島」伝説の光と影』筑摩書房、2007年

出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『僕らが愛した手塚治虫』p.173。
  2. ^ 宮本大人「『ONE PIECE』、マンガのど真ん中」『マンガの居場所』夏目房之介編著、NTT出版、2003年、p.96.
  3. ^ 『手塚治虫と路地裏のマンガたち』p.35。
  4. ^ 大塚英志、大澤信亮『「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか』角川書店、2005年、p.123。
  5. ^ 『手塚治虫解体新書』p.93。
  6. ^ 『僕らが愛した手塚治虫』pp.172-173。
  7. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p.19.
  8. ^ 『謎のマンガ家・酒井七馬伝』pp.128-134。
  9. ^ 『手塚治虫解体新書』p.87。
  10. ^ 『手塚治虫と路地裏のマンガたち』p.55。
  11. ^ 『僕らが愛した手塚治虫』pp.174-175。
  12. ^ 『手塚治虫解体新書』p.89。
  13. ^ 『僕らが愛した手塚治虫』p.175。
  14. ^ 清水勲『大阪漫画史-漫画文化発信都市-』ニュートンプレス、p.145-146。
  15. ^ 『手塚治虫マンガ論』p.96.
  16. ^ 『手塚治虫と路地裏のマンガたち』pp.72-74。
  17. ^ 竹内オサム『戦後マンガ50年史』筑摩書房、1995年、p.19.
  18. ^ 『誕生!手塚治虫』pp.94-95。
  19. ^ 『二人で少年漫画ばかり描いてきた』p.20
  20. ^ 石森章太郎『少年のためのマンガ家入門』秋田書店、1965年。
  21. ^ 日本漫画学院(木村忠夫)編『漫画家名鑑1 漫画家訪問記』草の根出版会、1989年、p.84。ちばてつやインタビュー。
  22. ^ 瀬戸龍哉編『コミックを創った10人の男 巨星たちの春秋』ワニブックス、2002年、p.107。望月三起也インタビュー
  23. ^ 手塚プロダクション監修『手塚治虫とキャラクターの世界』三栄書房、2013年、p.150。古谷三敏インタビュー。
  24. ^ 「人生に乾杯! 24 楳図かずお」『週刊朝日』2012年4月6日号、p.61
  25. ^ 辰巳ヨシヒロ『劇画暮らし』本の雑誌社、2010年、p.18
  26. ^ 手塚プロダクション監修『手塚治虫とキャラクターの世界』三栄書房、2013年、p.148。さいとう・たかをインタビュー。
  27. ^ 桜井昌一『ぼくは劇画の仕掛人だった』エイプリル出版、1978年、p.32
  28. ^ 佐藤まさあき『「劇画の星」をめざして 誰も書かなかった「劇画内幕史」』文藝春秋、1996年、p.11
  29. ^ 小松左京『小松左京自伝 ――実存を求めて――』日本経済新聞社出版社、2008年、p.35
  30. ^ 宮崎駿さんの手塚体験 「原点だから崇拝しない」 読売新聞 2009年4月14日
  31. ^ 横尾忠則「新寶島の記憶」『完全復刻版新寶島』手塚治虫、小学館クリエイティブ、2009年、p.12
  32. ^ 和田誠「ほんの数行 17 ぼくはマンガ家」『週刊金曜日』2009年1月30日号、p.36
  33. ^ 赤瀬川原平「ものすごい引力で導かれた手塚の世界」『朝日ジャーナル4月20日号臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年、p.148
  34. ^ 青木保「"近代化"をテーマにナショナリズム批判」『朝日ジャーナル4月20日号臨時増刊 手塚治虫の世界』朝日新聞社、1989年、p.27
  35. ^ 石上三登志「『映画ノート』はドタバタ史 (4)手塚治虫のシネマンガ」『キネマ旬報』2009年3月下旬号、p.109
  36. ^ 竹内オサム『アーチストになるな 手塚治虫』ミネルヴァ書房、2008年、pp.126
  37. ^ 『テヅカ・イズ・デッド』pp.161-164。
  38. ^ 『二人で少年漫画ばかり描いてきた』p.20
  39. ^ 伊藤剛「伊藤剛のマンガ史講座」『ゲームラボ』2006年12月号、三才ブックス
  40. ^ 夏目房之介「『晋宝島』 コマの革命はあったのか?」『手塚治虫はどこにいる』筑摩書房、1992年、p.48.
  41. ^ 呉智英「ある戦後精神の偉業」『手塚治虫の宇宙』p.228。
  42. ^ 1989年の呉智英「ある戦後精神の偉業」『手塚治虫の宇宙』p.228。
  43. ^ 『テヅカ・イズ・デッド』pp.167-173。
  44. ^ 『手塚治虫解体新書』p.100。
  45. ^ 『謎のマンガ家・酒井七馬伝』p.124。
  46. ^ 野口文雄『手塚治虫の「新宝島」』小学館、2007年
  47. ^ 『テヅカ・イズ・デッド』
  48. ^ 竹内オサム『マンガ研究ハンドブック』竹内長研究室、2008年
  49. ^ 『僕らが愛した手塚治虫』p.176。
  50. ^ 朝日新聞』1977年4月26日(『二人で少年漫画ばかり描いてきた』p.268)。
  51. ^ 『マンガ古書マニア』p.24。
  52. ^ 『手塚治虫解体新書』p.86.
  53. ^ 『マンガ古書マニア』p.36。
  54. ^ 『手塚治虫解体新書』pp.87-89。

外部リンク[ソースを編集]