悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
桑田佳祐 > 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
桑田佳祐シングル
初出アルバム『Keisuke Kuwata
B面 LADY LUCK
リリース
規格 7インチレコード('87)
8cmCD('88)
12cmCD('01)
デジタル・ダウンロード
録音 VICTOR STUDIO (#1)
ザ・ヒット・ファクトリー
アメリカ合衆国 NEW YORK (#2)
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐 (#1)
作詞:トミー・スナイダー / 作曲:桑田佳祐 (#2)
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1987年10月度月間8位(オリコン)
  • 1987年11月度月間10位(オリコン)
  • 1987年12月度月間5位(オリコン)
  • 1988年1月度月間10位(オリコン)
  • 1987年度年間46位(オリコン)
  • 1988年度年間38位(オリコン)
  • 週間2位(ザ・ベストテン
  • 1987年度年間25位(ザ・ベストテン)
  • 1988年度年間88位(ザ・ベストテン)
桑田佳祐 シングル 年表
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
(1987年)
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
1988年
Keisuke Kuwata 収録曲
遠い街角 (The wanderin' street)
(9)
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
(10)
愛撫と殺意の交差点
(11)
テンプレートを表示

悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」(かなしいきもち ジャスト・ア・メン・イン・ラヴ)は、桑田佳祐ソロデビューシングル1987年10月6日発売。発売元はタイシタレーベル

1988年2月21日は8cmCDとして、2001年6月25日は12cmCDとして再発をしている。

背景・リリース[edit]

本作は1985年アルバムKAMAKURA』の発売を最後にサザンオールスターズとしての活動を休止し、1986年では、KUWATA BANDで1年限りの活動を終えた桑田がリリースした、ソロ名義では初めてとなる作品である。

1988年2月21日にはCDシングルとして再発。サザンのデビュー23周年となる2001年6月25日にはリマスタリングが施され、「祭りのあと」までのシングルと同時にマキシシングルで再発された

音楽性[edit]

小林武史藤井丈司がサウンド面、編曲プロデュースなど全面的な協力をしている[1]。この後小林は桑田のソロワークのみならず、サザン本体での編曲などにも長らく関わることとなる。収録曲2曲にはエレクトリックな音や、キーボードでのサウンドが用いられている。

チャート成績[edit]

オリコン週間ランキングで最高2位を記録し、累計35万枚(オリコン調べ)を売り上げた[2]

なお、本作から2016年に発売されたシングル「君への手紙」まで、全シングル17作が週間TOP10入りしている[3]

収録曲[edit]

  • 収録時間:9:47
  1. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE) (3:56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐、藤井丈司小林武史
    南流石が振り付けを担当したグループ「湘南隊」(ジャニーズ事務所所属の少年隊をもじったもの)がバックダンサーとして当時の歌番組で披露された。なお、バックダンサーには桑田と同じアミューズ所属の俳優の寺脇康文が参加していた[4]
    2018年1月発売のミュージック・ビデオ集『MVP』には、新たに制作されたMVが収録おり[5]、サザンのライブ『真夏の夜の夢 - 1988大復活祭』でのソロ初ライブ、4枚目シングル曲「」のジャケット撮影時のメイキング、アルバム『孤独の太陽』のアーティスト写真撮影時のメイキングなど収録しており、さらに2017年7月に行われたソロのBillboard Live Tokyoライブや、同年8月に出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』及び全国アリーナ&5大ドームツアー『桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」』での歌唱シーンも盛り込まれている[6]
  2. LADY LUCK (5:51)
    (作詞:Tommy Snyder 作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Jimmy Bralower & Jeff Bova)
    英語詞の楽曲。前年KUWATA BANDのアルバム『NIPPON NO ROCK BAND』も全英語詞曲の作品であったが、その時と同じく元ゴダイゴのトミー・スナイダーが作詞を担当。

参加ミュージシャン[edit]

収録アルバム[edit]

ミュージック・ビデオ収録作品[edit]

カバー[edit]

悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
  • 張震嶽(チャン・チェンユエ)- 台湾の歌手。1993年、中国語による「就是喜歡你」として、同じ名のアルバムにカバーしている
  • 古巨基(レオ・クー) - 香港の歌手。1994年、広東語による「藍天與白雲」としてアルバム『愛的解釋』に収録しています
  • TOXIC(トシック)- 韓国のバンド。2013年、韓国語詞でKBSテレビドラマ『広告の天才イ・テベク』にテーマソングを採用された。

脚注[edit]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p167
  2. ^ 桑田佳祐 オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧
  3. ^ 【今週のオリコン】RADWIMPSが2作連続で首位獲得!シングルはモーニング娘。’16が通算18作目の1位 m-on music 2016年11月29日閲覧
  4. ^ CDjournal 2016年10月6日 2016年10月6日閲覧
  5. ^ 桑田佳祐、ソロ30周年MV集は30曲収録 「悲しい気持ち」を初MV化 オリコン 2017年10月17日閲覧
  6. ^ 桑田佳祐“30年越し”ソロデビュー曲MV完成 30年の軌跡を4分21秒に凝縮 オリコン 2017年11月30日閲覧

外部リンク[edit]