万喜なつみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まき なつみ
万喜 なつみ
万喜なつみCIMG9198.jpg
万喜 なつみ
プロフィール
愛称 なつぽい
リングの妖精
生年月日 1995年7月19日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県
血液型 O型
公称サイズ(2016年時点)
身長 / 体重 149 cm / 47 kg
BMI 21.2
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル 女優、プロレスラー、エンターテイメント
モデル: テンプレート - カテゴリ

万喜 なつみ(まき なつみ、1995年7月19日)は元ジュニアアイドルの女優、女子プロレスラーである。ジュニアアイドル当時は杏(あん)なつみの芸名で活動。ジュニアアイドル時代は無所属であった。

来歴[編集]

小学生時代に新体操を経験。また小学生から高校卒業まではバトントワリングチームLITTLE STAR BATON TEAM[1]に所属し、横浜市から表彰された実績がある。高校卒業を機にバトン引退するが全国大会の常連であった。ジュニアアイドル時代はチューボーモデルとして、グラビアを中心に活躍し多数のDVDに出演した。

2009年に一時休業。高校卒業後は「なつみ」の芸名を経て2015年8月5日より「万喜(まき)なつみ」に改名[2]。プロレスデビュー戦は2015年5月31日、新木場1stリングにおけるBeginning「Actress girl ' Z プロローグ」、まなせゆうな&安納サオリ戦(パートナーは金村香織)。

2016年8月21日、スターダムの5★STARグランプリ2016に出場。初戦のブルー・ニキータ戦で6分44秒、デスバレーボムに沈むなど連敗するが、最終戦では美邑弘海からピンフォール勝利[3]

2016年10月21日、ファイヤープロレス「ハロウィン・モンスターカーニバル」では「ぽい(ん)かーべる」として試合(パートナーは不思議の国のえいみぃ)。レフィセント・ホッティー&ブラックポテ子組と対戦した[4]

10月23日のスターダム新木場大会にはパイレーツ・カイザー&アロハ・ビート、ファジー・ピーチ組を相手に、化身である覆面レスラー「ぽいマン」が出場した(パートナーはIOTIKA&MAYUTIKA)。

11月3日、JWP後楽園大会で木村花の持つJWP認定ジュニア&POP王座に挑戦[5]

12月29日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで行われた格闘技EXPO2016のBeginning提供試合に出場[6]

2017年1月14日、欠場となった木村花の代行としてPro Wrestling ACEに初参戦(対戦相手は角田奈穂[7]。1月15日には堀田祐美子と1年ぶりにシングルマッチで激突[8]。10分14秒ピラミッドドライバーで敗北。「(必殺技のピラミッドドライバーを出されたことは)嬉しいです。(でも)悔しくて悔しくてしょうがない」とコメントを出した[9]

4月2日、Pro Wrestling ACEで木村花と対戦。4月9日、ワールド女子プロレス・ディアナ6周年記念大会で小林香萌と対戦。

4月19日、安納サオリとのタッグでWRESTLE-1・後楽園ホール大会に参戦。木村花才木玲佳組に敗れる[10]。5月4日、堀田自主興行で堀田祐美子&豊田真奈美組と対戦(パートナーは安納サオリ)。5月21日、大館大会では堀田祐美子&木村花組と対戦(パートナーは安納サオリ)。28日には中野たむ&関口登子戦(パートナーは安納サオリ)を行う[11]

人物[編集]

ニックネームは「なつぽい」。イメージカラーはイエロー。

Sareeeとは同学年で、シングルマッチで対戦後、ディアナやJWPでタッグを組む。

堀田祐美子からは「本気で戦ったら秒殺。だけど一つだけ私の心を動かした。無我夢中に必死で戦っているのを心で感じた。眼力が凄かった。何とかしてあげたいと思った」と評された[12]

目標は「レスラーや女優の枠にはまらない飛び抜けたスーパースター」[13]

出演[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 演劇集団アトリエッジ「流れる雲よ2013」(2013年4月14日 – 29日、笹塚ファクトリー)
  • 演劇集団アトリエッジ「ぞめきの消えた夏」(2013年9月18日 – 23日、新宿シアターサンモール)
  • 演劇集団アトリエッジ「流れる雲よ2014」(2014年5月28日 – 6月8日、中野ザ・ポケット)
  • 劇団SBZ「天翔ける盗賊石川五右衛門」(2014年7月24日 – 27日、品川スクエア荏原)– お小夜/お夏役
  • ワイアールジャパン「0120~フリーダイヤル~」(2014年9月26日 – 29日、シアターブラッツ)
  • ワイアールジャパン「ある女のある物語」(2014年10月23日 – 26日、新宿シアターサンモール) – キャバ嬢役
  • スターダムプロモーション「タガタメナルゾ」(2014年11月28日 – 30日、ブディストホール)
  • 演劇集団アトリエッジ「流れる雲よ」(6月24日 – 7月5日、新宿シアターモリエール)
  • Sing Equally under the Sky-DIVISION-(渋谷 TSUTAYA O-West、2016年10月12日– 13日)[15]

CM[編集]

雑誌[編集]

  • 『Soup.』(2017年2月号、スープ)- 辛口ビューティーレッスンに中野たむと掲載。

イベント[編集]

ウェブテレビ[編集]

作品[編集]

写真集[編集]

  • なつみ感。(2007年3月、心交社)- 撮影:土井一秀

DVD[編集]

  • フルーツパフェ(2006年7月30日、英知
  • 眩い陽射しに微笑みがえし・杏なつみ 10才(2006年9月20日、イーネット・フロンティア
  • いもうとエクササイズ Vol.3 (2006年10月30日、アイファクトリー)- 愛永と共演
  • 杏なつみ 10才 眩い陽射しに微笑みがえし2(2006年11月20日、イーネット・フロンティア)
  • 杏なつみ(2007年1月19日、クララピクチャーズ)
  • なつみのあんさんぶる(2007年3月16日、心交社)
  • くすぐり学園 番外編 幽霊屋敷でオニごっこ Vol.1(2007年4月26日、オルスタックピクチャーズ
  • 美咲あい&杏なつみ あいどーなつ なつみvsあい(2007年6月22日、クララピクチャーズ)
  • おおきくなーれ 11歳(2007年6月28日、オルスタックピクチャーズ
  • Etude(2007年8月25日、アイマックス
  • ちっちゃいの(2008年4月25日、海王社

得意技[編集]

  • バック・クラッシュ[18](側宙式エビ固め)
  • 側転からのアームホイップ
  • ネックスクリュー[3]

脚注[編集]

  1. ^ “川和バトンサークルLITTLE STAR BATON TEAM 2種目で世界の舞台へ”. タウンニュース. (2013年4月11日). http://www.townnews.co.jp/0104/i/2013/04/11/183474.html 2016年11月28日閲覧。 
  2. ^ https://twitter.com/n_poi07/status/628912296706772992
  3. ^ a b ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2016年12月6日増刊号「プロレスラー写真名鑑号2017」別冊38頁
  4. ^ “でびる・にた男に扮した大仁田が1年11カ月ぶりとなる全日本プロレスへの出撃宣言!”. バトルニュース. (2016年10月22日). http://battle-news.com/?p=24695 2016年11月2日閲覧。 
  5. ^ “2016年11月2日「見どころ」”. JWP女子プロレス. (2016年11月2日). http://jwp-produce.com/blog/%E8%A6%8B%E3%81%A9%E3%81%93%E3%82%8D-50-5760/ 2016年11月2日閲覧。 
  6. ^ “ミス東スポ2017に輝いた女子レスラーがさいたまスーパーアリーナに参戦!”. バトルニュース. (2016年12月30日). http://battle-news.com/?p=26188 2016年12月30日閲覧。 
  7. ^ “「Pro-Wrestling ACE ― Vol.2 ―」1.14東京・GENスポーツパレス4F(新宿区)大会全対戦カード決定のお知らせ”. W-1 Official Website. (2017年1月9日). http://www.w-1.co.jp/news/detail.php?id=4831 2017年1月10日閲覧。 
  8. ^ “堀田祐美子がRIZIN後初プロレス!「私がお前らに本物を教えてやる」”. バトルニュース. (2017年1月16日). http://battle-news.com/?p=26686 2017年1月16日閲覧。 
  9. ^ “【試合結果】1・15 Beginning新木場大会 堀田祐美子vs万喜なつみ 中森華子&真琴vs安納サオリ&中野たむ”. バトルニュース. (2017年1月16日). http://battle-news.com/?p=26662 2017年1月16日閲覧。 
  10. ^ “【試合結果】4・19 WRESTLE-1後楽園ホール大会 【W-1王座】芦野祥太郎vs近藤修司 【W-1タッグ王座】土肥孝司&熊ゴローvs稲葉大樹&児玉裕輔 【クルーザーディビジョン】吉岡世起vsアンディ・ウー”. バトルニュース. (2017年4月20日). http://battle-news.com/?p=29141 2017年4月21日閲覧。 
  11. ^ “スケジュール/05月28日(日)12時~”. actwresgirlz. (2017年5月15日). https://www.actwresgirlz.com/schedule-act20 2017年5月15日閲覧。 
  12. ^ “1月15日(日)アクトレスガールズACT14”. 堀田祐美子オフィシャルブログ「暴走」Powered by Ameba. (2017年1月9日). http://ameblo.jp/hotta110/entry-12236006947.html 2017年1月7日閲覧。 
  13. ^ ベースボールマガジン社「週刊プロレス」No.1890 2017年2月22日号 59頁
  14. ^ レジェンド女子プロレス~ファイティングガールズ~”. フジテレビ (2017年2月3日). 2017年2月4日閲覧。
  15. ^ 舞台「Sing Equally under the Sky-DIVISION-」インタビュー”. 日本最大級のV系動画配信サイト【club Zy.】 . 2016年10月20日閲覧。
  16. ^ “「マンガワールド 其の44 【ももプロZ】 小城徹也」”. LOFT PROJECT SCHEDULE. (2016年10月29日). http://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/50435 2016年10月29日閲覧。 
  17. ^ 【美人が集結!4.23大会の見所をきいちゃおう!】Actwres girl'Z 安納サオリ選手 万喜なつみ選手 本間多恵選手 生出演! - 2017/04/21 22:00開始”. ニコニコ生放送 (2017年4月21日). 2017年4月21日閲覧。
  18. ^ “【結果】ファイヤープロレス旗揚げ戦8・26有明”. 女子プロレスマガジン-Joshi Puroresu magazine-. (2016年8月27日). http://ameblo.jp/joshi-puroresu-magazine/entry-12194105969.html 2016年8月27日閲覧。 

外部リンク[編集]