レオニス・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオニス・マーティン
Leonys Martín
シアトル・マリナーズ #12
Leonys Martín on July 1, 2015.jpg
レンジャーズ時代(2015年7月1日)
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコへ亡命)
出身地 キューバの旗 キューバ
ビジャ・クララ州コラリージョ英語版
生年月日 1988年3月6日(28歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 中堅手
プロ入り 2011年 アマチュア・フリーエージェントとしてテキサス・レンジャーズと契約
初出場 2011年9月2日
年俸 $4,150,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
WBC 2009年

レオニス・マーティン・タパネスLeonys Martín Tapanes , 1988年3月6日 - )は、キューバビジャ・クララ州コラリージョ英語版出身のプロ野球選手中堅手)。右投左打。MLBシアトル・マリナーズに所属。

経歴[編集]

キューバ時代[編集]

キューバでは2005-2006シーズンから国内リーグ"セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル"のナランハス・デ・ビジャ・クララに所属していた。

2007-2008シーズンに大きく飛躍し、このシーズンの首位打者であるヨアンディ・ガルロボとわずか5毛差の打率.398を記録した。

2009年3月に、第2回WBCキューバ代表に選出された[2]。この大会では、第4の外野手として存在感をアピールした。

世界大学野球選手権でのマーティン
(2010年)

2010年9月に東京で開催された第5回世界大学野球選手権大会にも出場。チームは優勝し、決勝戦終了直後に亡命した。メキシコで居住権を確立した。

レンジャーズ時代[編集]

2011年5月3日MLBテキサス・レンジャーズと5年総額1500万ドルの契約を結び[3]、入団した。9月2日の対ボストン・レッドソックス戦でMLB初出場。

2012年6月15日、上原浩治故障者リスト入りしたために再昇格した[4]

2013年クレイグ・ジェントリーとのツープラトンで起用されていたが、5月以降は中堅手の定位置を獲得した。最終的には147試合に出場し、規定打席に達して打率.260・8本塁打・49打点・出塁率.313という打撃成績をマークした。また、持ち前のスピード面で才能を発揮し、メジャートップの11バント安打、ア・リーグ5位の36盗塁を記録した[5]。また、守備面では127試合で中堅を守り、失策こそ5個あったものの、DRSは + 14という素晴らしい数値を記録した。シーズンオフには、自身の亡命を手助けした事を口実に金銭をゆすり取っていたメキシコの組織相手に訴訟を起こした[5]

2014年、引き続き中堅のレギュラーを務めて155試合に出場。バッティング面では、コンタクト技術・選球眼等で成長を見せ、打率は.274に・出塁率は.325に上昇した。また、自慢の走力では2年連続リーグ5位となる31盗塁を決めたが、失敗も増加した。バント安打では、リーグトップの17本を記録した[6]。守備力も凄みを増し、DRSは + 15だったほか、好返球でも12点を防いだ[6]。野球以外では、前年に起こした訴訟で勝利し、主犯格の人物に懲役刑が課された[6]

2015年は95試合に出場したが、打撃不振に苦しんで打率.219に終わった。出場試合数の減少もあって、30盗塁以上は2年連続でストップして14盗塁に終わった。ディフェンス面では相変わらずの凄まじい成績であり、守備率.996・DRS + 15という内容だった。

マリナーズ時代[編集]

2015年11月16日トム・ウィルヘルムセンジェームズ・ジョーンズおよび後日発表選手とのトレードで、アンソニー・バスと共にシアトル・マリナーズへ移籍した[7]

2016年、マリナーズではセンターのレギュラーに抜擢された。143試合に出場し、打率.247・149三振と粗さが際立ったが、長打力が増してキャリアハイの15本塁打を放った。スピード面でもやや復調し、24盗塁を決めて通算100盗塁を達成した。センターの守備は、全143試合で2失策・守備率.992・DRS - 2という内容で、それまでコンスタントに + 10以上を記録していたDRSがマイナスに転じた。UZRは + 3.6だったが、こちらも平均して + 8.0以上だった数値が低下しており、全体としての守備力はやや低下傾向だった。

プレースタイル[編集]

中堅手としての守備は堅実で、内野(主に二塁手)も守れ、一塁到達まで3.57秒を記録する俊足[8]と強肩を備えている。ヒットエンドランドラッグバントのような小技も得意としている[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

[10]

















































O
P
S
2005-2006 VCL 53 89 73 25 18 2 1 1 25 9 3 1 2 0 12 0 2 14 2 .247 .368 .342 .710
2006-2007 78 244 200 35 51 4 2 4 71 22 4 3 7 1 27 0 9 42 2 .255 .367 .355 .722
2007-2008 77 326 264 63 105 14 9 4 149 34 13 5 8 0 42 3 12 49 1 .398 .500 .564 1.064
2008-2009 77 337 244 83 76 11 0 11 120 43 17 7 5 1 78 2 9 48 3 .311 .491 .492 .982
2009-2010 82 392 322 82 105 23 1 10 160 48 30 13 4 1 52 5 13 44 2 .326 .438 .497 .935
2011 TEX 8 8 8 2 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .375 .375 .500 .875
2012 24 52 46 6 8 5 2 0 17 6 3 0 1 1 4 0 0 12 2 .174 .235 .370 .605
2013 147 508 457 66 119 21 6 8 176 49 36 9 12 3 28 0 8 104 6 .260 .313 .385 .698
2014 155 583 533 68 146 13 7 7 194 40 31 12 7 2 39 3 2 114 4 .274 .325 .364 .689
CNS:5年 367 1388 1103 288 355 54 13 30 525 156 67 29 26 3 211 10 45 197 10 .322 .449 .476 .925
MLB:4年 334 1151 1044 142 276 40 15 15 391 95 70 21 20 6 71 3 10 231 12 .264 .316 .375 .690
  • 2014年度シーズン終了時
  • キューバで通常用いられる個人通算成績は、プレーオフや選抜リーグなども合算するため、この表の合計とは一致しない

背番号[編集]

  • 27 (2011年 - 2012年)
  • 2 (2013年 - 2015年)
  • 12 (2016年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Leonys Martin Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月26日閲覧。
  2. ^ 2009 Tournament Roster” (英語). MLB Advanced Media, L.P.. 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ Rangers Sign Leonys Martin” (英語). MLB Trade Rumors. 2015年11月17日閲覧。
  4. ^ C. Trent Rosecrans. “Rangers call up Leonys Martin, Koji Uehara goes to DL” (英語). CBS Sports. 2015年11月17日閲覧。
  5. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、212頁。ISBN 978-4-331-51809-0
  6. ^ a b c 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、249頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  7. ^ Greg Johns (2015年11月16日). “Mariners acquire Martin from Rangers” (英語). MLB.com. 2015年11月17日閲覧。
  8. ^ 小関順二 『WBC日本代表はなぜ世界一になれたのか?』 ぴあ株式会社、2009年、15-17頁。ISBN 978-4-8356-1740-4
  9. ^ Sizing Up Cuban Defector Leonys Martin” (英語). Baseball America. The Enthusiast Network. 2015年11月17日閲覧。
  10. ^ Serie_Nacional - キューバ国内リーグのシーズン成績

関連項目[編集]

外部リンク[編集]