クレイグ・ジェントリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クレイグ・ジェントリー
Craig Gentry
ボルチモア・オリオールズ #14
Craig Gentry (34209399465).jpg
2017年4月22日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アーカンソー州フォートスミス
生年月日 (1983-11-29) 1983年11月29日(34歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 MLBドラフト10巡目
初出場 2009年9月6日 ボルチモア・オリオールズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クレイグ・ジェントリーCraig Alan Gentry, 1983年11月29日 - )は、アメリカ合衆国アーカンソー州フォートスミス出身のプロ野球選手外野手)。右投右打。MLBボルチモア・オリオールズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとレンジャーズ時代[編集]

A級クリントン時代のジェントリー(2007年)

2006年6月のMLBドラフト10巡目(全体298位)でテキサス・レンジャーズから指名され、プロ入り。

2009年9月6日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビュー。

2010年は開幕をAAA級オクラホマシティ・レッドホークスで迎えるが、4月27日ネルソン・クルーズ故障者リスト入りに伴ってメジャー昇格を果たし、5月15日にマイナー降格するまで20試合に出場した。

2011年は64試合に出場して18盗塁を記録し、失敗は0だった。

2012年は自己最多の122試合に出場し、打率.304を記録。6月4日オークランド・アスレチックス戦では投手としてマウンドに上がり、1回2失点を喫した。

2013年は当初、レオニス・マーティンとのツープラトン起用で中堅を守ったが、6月にはマーティンがレギュラー中堅手となり、左翼に追いやられた。最終的には、2年連続100試合以上となる106試合に出場し、いずれも自己ベストとなる4三塁打・24盗塁(成功率88.9%)を記録して、持ち前の走力を発揮した。

アスレチックス時代[編集]

2013年12月3日マイケル・チョイスとのトレードで、ジョシュ・リンドブロムと共にアスレチックスへ移籍[1]

2014年1月17日にアスレチックスと145万ドルの1年契約に合意した[2][3]3月29日に背中の故障のため、15日間の故障者リスト入りした。4月5日にリハビリのため、A+級ストックトン・ポーツ英語版へ異動した。3年ぶりに出場試合数が100を下回り、打率が低下したが、2年連続で20盗塁以上を決めた。

2015年1月17日にアスレチックスと年俸調停を回避し1年契約160万ドルで契約を結んだ[4]5月18日にメジャーに昇格した[5]。この年は5年ぶりに出場試合数が60未満に終わり、打率は2009年以来の低数値となる.120と不振に陥った。11月20日DFAとなり[6]12月1日FAとなった[7]

エンゼルス時代[編集]

2015年12月9日ロサンゼルス・エンゼルスと1年契約を結んだ[8]

2016年は腰椎を痛めて4月下旬より長期欠場した[9]。故障者リストから復帰した7月30日にDFAとなり、8月3日に自由契約となった[7]

オリオールズ時代[編集]

2017年2月20日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。4月2日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした。5月16日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級ノーフォーク・タイズへ配属された。6月20日に再びメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[10]7月14日クリス・デービスの故障者リストからの復帰に伴い、40人枠を外れる形でAAA級ノーフォークへ配属された[11]7月30日に三たびメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[7]。オフの11月2日にFAとなった[12]

2018年2月24日にマイナー契約で再契約した[7]3月29日にメジャー契約を結んで開幕25人枠入りした[13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2009 TEX 11 19 17 4 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 2 0 0 5 0 .118 .211 .176 .387
2010 20 35 33 4 7 0 0 0 7 3 1 0 0 1 1 0 0 11 1 .212 .229 .212 .441
2011 64 153 133 26 36 5 1 1 46 13 18 0 3 1 10 1 6 27 2 .271 .347 .346 .693
2012 122 269 240 31 73 12 3 1 94 26 13 7 5 0 14 1 10 41 4 .304 .367 .392 .759
2013 106 287 246 39 69 12 4 2 95 22 24 3 3 1 29 2 8 46 5 .280 .373 .386 .759
2014 OAK 94 258 232 38 59 6 1 0 67 12 20 2 2 0 17 2 5 44 2 .254 .319 .289 .608
2015 26 56 50 6 6 0 2 0 10 3 1 1 0 1 4 0 1 15 0 .120 .196 .200 .396
2016 LAA 14 39 34 2 5 1 0 0 6 2 0 0 1 0 3 0 1 6 2 .147 .237 .176 .413
2017 BAL 77 117 101 17 26 5 1 2 39 11 5 4 3 1 11 0 1 24 1 .257 .333 .386 .719
MLB:9年 533 1233 1086 167 283 42 12 6 367 93 82 17 17 5 91 6 32 219 17 .261 .334 .338 .672
  • 2017年度シーズン終了時

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2012 TEX 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 3 0 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 4.00
MLB:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 1.0 3 0 1 0 0 0 0 0 2 2 18.00 4.00
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2009 TEX 7 8 1 0 1 1.000 - 2 3 0 0 0 1.000
2010 7 9 0 0 0 1.000 6 7 1 0 0 1.000 4 0 0 0 0 .---
2011 55 103 0 1 0 .990 2 1 0 0 0 1.000 7 5 0 1 0 .833
2012 114 189 7 0 2 1.000 - 3 1 0 0 0 1.000
2013 71 145 4 1 1 .993 34 38 3 1 0 .976 -
2014 OAK 50 90 5 0 2 1.000 17 24 2 1 0 .963 29 39 1 0 0 1.000
2015 8 20 1 1 0 .955 13 9 0 0 0 1.000 6 6 1 1 1 .875
2016 LAA 1 2 0 0 0 1.000 12 26 1 1 0 .964 -
2017 BAL 9 8 0 0 0 1.000 30 30 1 1 1 .969 31 30 1 2 0 .939
MLB 322 574 18 3 6 .995 114 135 8 4 1 .973 82 84 3 4 1 .956
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 68(2009年)
  • 23(2010年 - 2013年)
  • 3(2014年 - 2016年)
  • 14(2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ The Texas Rangers trade Craig Gentry, Josh Lindblom to A’s for Chris Bostick, Michael Choice” (英語). Dallas Morning News (2013年12月3日). 2015年11月23日閲覧。
  2. ^ “A's Agree to Terms with Four Players on One-Year Contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2014年1月17日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/66789504 2015年11月23日閲覧。 
  3. ^ Greg Johns (2014年1月17日). “A's close book on arbitration with all but Reddick” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  4. ^ Jane Lee (2015年1月16日). “A's lock up five players on 1-year contracts” (英語). MLB.com. 2015年11月23日閲覧。
  5. ^ “A's Place 1B Ike Davis on the DL; Recall OF Craig Gentry from Nashville” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Oakland Athletics), (2015年5月18日), http://m.athletics.mlb.com/news/article/124927034/as-place-1b-ike-davis-on-the-dl-recall-of-craig-gentry-from-nashville 2015年11月23日閲覧。 
  6. ^ “A's add Rich Hill, designate A.J. Griffin, Abad, Gentry” (英語). SF Gate (Hearst Communications Inc.). (2015年11月20日). http://www.sfgate.com/athletics/article/A-s-add-Rich-Hill-designate-A-J-Griffin-6646846.php 2015年11月23日閲覧。 
  7. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2018年4月5日閲覧。
  8. ^ Alden Gonzalez (2015年12月9日). “Angels sign outfielder Gentry to 1-year deal” (英語). MLB.com. 2015年12月12日閲覧。
  9. ^ http://www.mlbtraderumors.com/2016/05/angels-make-handful-of-roster-moves.html
  10. ^ Brittany Ghirolilanguage=英語 (2017年6月20日). “Britton opens rehab stint with scoreless frame”. MLB.com. 2017年6月21日閲覧。
  11. ^ Brittany Ghiroli (2017年7月14日). “O's activate Davis, option Gentry” (英語). MLB.com. 2017年7月16日閲覧。
  12. ^ Key free agents for all 30 MLB teams MLB.com (英語) (2017年11月5日) 2017年12月30日閲覧
  13. ^ Orioles add 4 to complete Opening Day roster” (英語). MLB.com (2018年3月29日). 2018年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]