トム・ウィルヘルムセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トム・ウィルヘルムセン
Tom Wilhelmsen
ミルウォーキー・ブルワーズ (マイナー)
Tom Wilhelmsen.JPG
マリナーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アリゾナ州ツーソン
生年月日 (1983-12-16) 1983年12月16日(33歳)
身長
体重
6' 6" =約198.1 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 MLBドラフト7巡目(全体199位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名
初出場 2011年4月3日 オークランド・アスレチックス
年俸 $3,100,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トーマス・マーク・ウィルヘルムセンThomas Mark "Tom" Wilhelmsen , 1983年12月16日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州ツーソン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBミルウォーキー・ブルワーズ傘下所属。

経歴[ソースを編集]

プロ入りとメジャーデビューまで[ソースを編集]

2002年MLBドラフト7巡目(全体199位)でミルウォーキー・ブルワーズから指名され、プロ入り[2]

2003年はA級ベロイト・スナッパーズ英語版防御率2点台の好成績を残したが、シーズン終了後にマリファナの陽性反応を複数回示して更生施設に送られ、2004年は丸々出場停止になってしまった。

野球を続ける意欲を失ったウィルヘルムセンは、2005年に一度引退し、その後はバーテンダーとして生計を立てていた[3]

2009年独立リーグであるゴールデン・ベースボール・リーグツーソン・トロズ英語版で現役復帰。独立リーグでは好成績を残し、ブルワーズへの復帰も決まったが、その直後に肩の神経痛を発症し、解雇されてしまった[3]

マリナーズ時代[ソースを編集]

2010年2月、ドラフト時にブルワーズのスカウト部長としてウィルヘルムセンを発掘したジャック・ズレンシック(当時シアトル・マリナーズGM)の手引きにより、マリナーズとマイナー契約を結んだ。この年はA-級エバレット・アクアソックス英語版とA級クリントン・ランバーキングス英語版で15試合(先発12)に登板し、防御率2.19・WHIP0.96を記録した[3]

2011年は開幕ロースターに入り[4]4月3日オークランド・アスレチックス戦でメジャーデビューを果たした。5月17日にAA級ジャクソン・ジェネラルズへ降格したが、8月2日にメジャーへ復帰した[5]

2012年は途中からクローザーに定着し、29セーブを挙げた。

2013年は不調で夏場にクローザーから外された。

2014年2月25日にマリナーズと1年契約に合意した[6]。この年は、メジャー初先発登板も果たし、多目的で起用された[7]。3年連続55試合以上となる57試合に投げ、自己ベストの防御率2.27をマーク。また、前年に6.0台に低下していた奪三振率は8.0台まで回復し、大活躍を見せた。

2015年は53試合の登板だった。同年は再び、一時的にクローザーも務めて13セーブを記録。防御率が3.00台に逆戻りしたが、奪三振率は2年連続で上昇した。

レンジャーズ時代[ソースを編集]

2015年11月16日レオニス・マーティンアンソニー・バスとのトレードで、ジェームズ・ジョーンズ及び後日発表選手パトリック・キブルハン英語版)と共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[8]

2016年のシーズンは開幕から振るわず、レンジャーズでは21試合に登板して防御率10.55と絶不調だった。6月17日に40人枠を外れてのマイナー降格を拒否し、FAとなった[9]

マリナーズ復帰[ソースを編集]

2016年6月22日にマリナーズへ復帰した[10]。マリナーズ復帰後は29試合にリリーフ登板し、防御率3.60・1敗1セーブ・WHIP1.28という成績を記録。大炎上したレンジャーズ時代と比すれば、投球内容は改善した。レンジャーズとの合計では、5年連続50試合超となる50試合丁度に登板し、防御率6.80・2勝4敗1セーブ・WHIP1.71という成績だった。なお同年、通算300試合登板を突破。オフの11月18日DFAとなった後、22日に自由契約となった[11]

ダイヤモンドバックス時代[ソースを編集]

2017年2月10日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[9]3月28日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[12]6月11日ザック・グレインキーパタニティリストからの復帰に伴ってDFA[13]、16日に自由契約となった[9]

ブルワーズ傘下時代[ソースを編集]

2017年6月20日にブルワーズとマイナー契約を結んだと報道され[14]、22日に傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスへ配属された[9]

投球スタイル[ソースを編集]

身長6フィート6インチ(約198.1cm)という恵まれた体格から、平均球速153km/hの速球フォーシームツーシーム)を投げ下ろす。投球全体の約50%がフォーシームで、次いでカーブが約25%前後を占めるカーブボーラーであり、たまにチェンジアップも投じる。2015年からはスタイルチェンジをし、フォーシームに次ぐ球種を約25%のスライダーに変更した。カーブは、チェンジアップと同じ頻度で約10%程度にまで減らしている。[15]

人物[ソースを編集]

2012年3月、日本での開幕戦のために来日した際、所属するシアトル・マリナーズ阪神タイガースとのプレシーズン・ゲーム(東京ドーム)では、外野レフトスタンドで他のファンにまじって阪神タイガースの応援をしていた[16]

ユニークなダンスを踊ることでも有名であり、レンジャーズ入団会見でも披露した[17]

詳細情報[ソースを編集]

年度別投手成績[ソースを編集]





















































W
H
I
P
2011 SEA 25 0 0 0 0 2 0 0 3 1.000 136 32.2 25 2 13 0 2 30 6 1 13 12 3.31 1.16
2012 73 0 0 0 0 4 3 29 7 .571 326 79.1 59 5 29 3 2 87 3 0 24 22 2.50 1.11
2013 59 0 0 0 0 0 3 24 2 .000 251 59.0 45 2 33 5 1 45 6 0 28 27 4.12 1.32
2014 57 2 0 0 0 3 2 1 8 .600 317 79.1 47 6 36 6 2 72 4 0 22 20 2.27 1.05
2015 53 0 0 0 0 2 2 13 8 .500 267 62.0 56 3 29 3 2 60 2 0 24 22 3.19 1.37
2016 TEX 21 0 0 0 0 2 3 0 3 .400 109 21.1 38 7 9 0 2 11 0 0 25 25 10.55 2.20
SEA 29 0 0 0 0 0 1 1 9 .000 100 25.0 22 4 10 0 0 17 0 0 10 10 3.60 1.28
'16計 50 0 0 0 0 2 4 1 12 .333 209 46.1 60 11 19 0 2 28 0 0 35 35 6.80 1.71
MLB:6年 317 2 0 0 0 13 14 68 40 .481 1506 358.2 292 29 159 17 11 322 21 1 146 138 3.46 1.26
  • 2016年度シーズン終了時

背番号[ソースを編集]

  • 54(2011年 - 2017年)

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Tom Wilhelmsen Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年6月26日閲覧。
  2. ^ Tom Wilhelmson Baseball Stats” (英語). The Baseball Cube. 2015年11月17日閲覧。
  3. ^ a b c Jon Shields (2010年8月31日). “Tom Wilhelmsen” (英語). Pro Ball NW. 2010年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月17日閲覧。
  4. ^ Kirby Arnold (2011年3月30日). “Wilhelmsen makes Mariners' major league roster” (英語). Herald News. http://www.heraldnet.com/article/20110330/SPORTS/703309785 2015年11月17日閲覧。 
  5. ^ Gerry Spratt (2011年8月2日). “Mariners recall right-hander Wilhelmsen” (英語). seattle pi (Hearst Seattle Media, LLC). http://blog.seattlepi.com/baseball/2011/08/02/mariners-recall-right-hander-wilhelmsen/ 2015年11月17日閲覧。 
  6. ^ “Seattle Mariners player signing updates” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Seattle Mariners), (2014年2月25日), http://m.mariners.mlb.com/news/article/68311692 2014年2月26日閲覧。 
  7. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』 廣済堂出版、2015年、218頁。ISBN 978-4-331-51921-9
  8. ^ Greg Johns (2015年11月16日). “Mariners acquire Martin from Rangers” (英語). MLB.com. 2015年11月17日閲覧。
  9. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2017年6月23日閲覧。
  10. ^ Jeff Todd (2016年6月22日). “Mariners Sign Tom Wilhelmsen” (英語). mlbtraderumors.com. 2016年6月24日閲覧。
  11. ^ Dutton, Bob (2016年11月22日). “Mariners release reliever Tom Wilhelmsen” (英語). thenewstribune.com. 2017年2月10日閲覧。
  12. ^ Steve Gilbert (2017年3月28日). “Roster taking shape after D-backs' moves” (英語). MLB.com. 2017年3月30日閲覧。
  13. ^ Chris Gabel (2017年6月11日). “Wilhelmsen DFA'd to make room for Greinke” (英語). MLB.com. 2017年6月12日閲覧。
  14. ^ Baer, Bill (2017年6月20日). “Brewers sign Tom Wilhelmsen to a minor league deal”. sports.yahoo.com. 2017年6月23日閲覧。
  15. ^ Tom Wilhelmsen Pitch Data” (英語). The Baseball Cube. 2016年5月13日閲覧。
  16. ^ NANO編集部 (2012年3月30日). “虎キチ現役メジャーリーガー現る!”. 日刊SPA!. 2012年3月31日閲覧。
  17. ^ 「テキサス・レンジャーズ」『2016MLB選手名鑑全30球団コンプリートガイド』 日本スポーツ企画出版社 66頁

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]