アークス (北海道の企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スーパーアークスから転送)
移動先: 案内検索
株式会社アークス
ARCS COMPANY, LIMITED
種類 株式会社
市場情報


東証1部 9948
札証 9948
本社所在地 日本の旗 日本
064-0913
札幌市中央区南13条西11丁目2-32
設立 1961年10月28日
業種 小売業
事業内容 子会社の管理
代表者 代表取締役会長 三浦絋一
代表取締役副会長 福原朋治
代表取締役社長 横山清
資本金 200億円
(2014年2月末日現在)
発行済株式総数 5,559万1千株
(2014年2月末日現在)
売上高 連結:4,543億91百万円
単体:44億5百万円
(2014年2月期)
純利益 連結:63億75百万円
単体:23億93百万円
(2014年2月末日現在)
純資産 連結:1,100億19百万円
単体:615億46百万円
(2014年2月末日現在)
総資産 連結:1,775億64百万円
単体:740億8百万円
(2014年2月末日現在)
従業員数 連結:4,214人
単体:85人
(2014年2月末日現在)
決算期 2月末日
主要株主 横山清 5.43%
㈲丸治 5.28%
北海道銀行 4.54%
三浦紘一 2.97%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)2.84%
㈱みまん 2.59%
北洋銀行 2.51%
(2014年2月末日現在)
主要子会社 #傘下企業・店舗ブランド参照
外部リンク http://www.arcs-g.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社 アークスは、北海道東北地方を中心にスーパーマーケットなどの小売事業を展開する流通グループであるアークスグループの統括会社である純粋持株会社

概説[編集]

2002年に地場スーパー2社のラルズと福原が経営統合を行い、(旧)株式会社ラルズが株式会社アークスに商号変更して持株会社となった。その後、ビッグハウスやスーパーアークスといった大型ショッピングセンターを展開しているほか、道内各地のスーパーを次々と傘下に納めており、2009年10月には株式会社札幌東急ストアの全株式を取得して完全子会社とした(同年11月に社名を東光ストアに変更)。この合併によって、グループ連結の売上高は大台の3,000億円を突破し、道内の競合他社から頭一つ飛びぬける形となった。

2011年6月には青森県八戸市に本拠を置く株式会社ユニバースを経営統合すると発表し、同年10月をもってユニバースはアークスの完全子会社となった[1][2]。これによって、初の道外進出を果たしたアークスは売上高にして4,000億円を突破し、国内の食品スーパーでは2位(1位はライフコーポレーション)、総合スーパーでも7位の企業規模となった。また、2011年9月には網走市内に店舗を展開している篠原商店を子会社化するなど、道内の中小スーパー(50 - 100億円規模)を次々にグループ傘下に収め、さらなる規模拡大が図られた。

2012年9月1日には株式会社ジョイス(本社:盛岡市)を株式交換により完全子会社としたほか、2014年9月1日には同様に盛岡市に本社を置くベルプラスを傘下に置くベルグループを経営統合し、完全子会社とした[2][3][4]、さらに2016年3月1日にはジョイスがベルプラスを吸収合併し、商号をベルジョイスに変更した。また、併せて同日には道東ラルズが篠原商店を吸収合併し、道東アークスとして新たに発足している[5][6]

このほか、2016年2月5日には完全子会社であるラルズスーパーチェーンシガを運営する丸しめ志賀商店(本社:余市町)と同社関連会社を買収し、シガの店舗だけでなく従業員や取引先も引き継ぐ方針を打ち出している[7][8][9]

旧法人名や屋号には「大丸」が含まれているが、「大丸」を冠するほかの小売事業者とは無関係である。

傘下のスーパーマーケットを展開する各企業はシジシーグループに加盟しているが、アークス自体は加盟していない。

沿革[編集]

  • 1961年10月 株式会社ダイマルスーパー設立。
  • 1964年11月 商号を大丸産業株式会社に変更。
  • 1969年8月 商号を大丸スーパー株式会社に変更。
  • 1987年
    • 6月 CIを導入し、ストアネームを大丸スーパーからフレッティ大丸に変更。
    • 7月 大丸建装株式会社(現、株式会社エルディ)に資本参加し、子会社化。
  • 1989年
    • 2月 有限会社イワイ(現、株式会社イワイ)に資本参加し、酒類販売事業の子会社化。
    • 3月 丸友産業株式会社と合併。商号を株式会社ラルズに変更。
  • 1995年11月 株式会社イチワ(本社:北海道北見市 現、株式会社道東ラルズ)に資本参加し子会社化。
  • 1997年11月 株式会社三島の関連会社、有限会社サンフーズ(本社:北海道旭川市 株式会社道北ラルズ現、株式会社道北アークス)に資本参加し子会社化。
  • 1998年9月 株式会社ラルズ、株式会社ユニークショップつしまとの共同出資により、株式会社北海道流通企画を設立。
  • 2000年5月 株式会社いちまる(本社:北海道帯広市)に20%資本参加し、関連会社とする。
  • 2002年11月1日 商号を株式会社アークスに変更し、同時に、会社分割により事業を新設の(新)株式会社ラルズに移管して、純粋持株会社へ移行。また、株式交換により株式会社福原を完全子会社として、経営統合。
  • 2004年
    • 2月株式会社ユニークショップつしま(本社:北海道函館市 現、株式会社道南ラルズ)を子会社化。
    • 3月 東証二部に上場。
    • 10月株式会社ふじ(本社:北海道旭川市 現、株式会社道北アークス)と株式交換を行い、子会社化。
  • 2005年
    • 2月 東証一部に上場。
    • 3月 株式会社いちまると資本・業務提携を解消。
  • 2007年2月 株式会社エルディと株式会社カインズ(本社:群馬県高崎市)との業務提携。
  • 2008年10月 本社事務所をそれまでの札幌市豊平区平岸1条1-9-6から、現在地の札幌市中央区南13条西11丁目2番32号に移転。
  • 2009年
    • 10月 株式会社札幌東急ストア(現、株式会社東光ストア)の全株式を取得し完全子会社化。
    • 11月 株式会社札幌東急ストアの商号を株式会社東光ストアに変更。
  • 2010年2月3日 札証に上場。
  • 2011年
    • 6月29日 同社は株式会社ユニバースを経営統合すると発表。
    • 9月7日 アークス及びユニバースの2社が、同日にそれぞれ開かれた臨時株主総会において、経営統合に対する議案を承認。同年10月21日付けでアークスはユニバースを同社の事業子会社化することが正式に決定[10]
    • 10月21日 株式会社ユニバースを完全子会社化。
    • 11月9日 株式会社篠原商店を完全子会社化。
  • 2012年
    • 4月16日 2012年9月1日に岩手県盛岡市のジョイスを子会社化すると発表した[11][12]
    • 5月1日 2012年7月17日株式会社ふじを存続会社として株式会社道北ラルズを吸収合併し、株式会社道北アークスに商号変更をすることを発表した[13]
    • 7月1日 当初の予定を前倒し、株式会社ふじを存続会社として株式会社道北ラルズを吸収合併し、株式会社道北アークスに商号変更。
    • 9月1日 株式会社ジョイスを完全子会社化。
  • 2014年
    • 5月14日 同年9月1日に岩手県盛岡市のベルプラスを子会社化すると発表した[14]
    • 9月1日 株式会社ベルプラスを完全子会社化。
  • 2016年
    • 2月5日 ラルズがスーパーチェーンシガを運営する丸しめ志賀商店を買収。
    • 3月1日 ジョイスがベルプラスを吸収合併。商号をベルジョイスに変更。道東ラルズが篠原商店を吸収合併。道東アークスと商号変更。
    • 6月 - ドラッグストア業界2位であるサンドラッグ(本社:東京都府中市)と合弁会社であるサンドラッグエースを設立予定[15][16]

グループ企業[編集]

スーパーアークス月寒東店(2011年12月)
  • 株式会社ラルズ北海道札幌市) - 札幌市を中心とした道央圏で展開。食品スーパー(スーパーアークスなど)、衣料品・生活用品店(ラルズプラザ)、ショッピングセンター(パストラル)を有する。2002年に旧ラルズ(商号変更後にアークスとなった)から小売事業等を譲渡されたもので、法人としては2代目。
  • 株式会社東光ストア(北海道札幌市) - 元は東急グループの株式会社札幌東急ストアで、2009年にアークスの子会社となり株式会社東光ストアへ商号変更。
  • 株式会社道東アークス(北海道北見市) - 北見市を中心とした道東圏で展開。グループ内の事業調整で一部福原と店舗を入れ替えている。2016年に株式会社篠原商店を吸収合併した株式会社道東ラルズから商号変更。
  • 株式会社福原(北海道帯広市) - 帯広市釧路市を中心に食品スーパーを展開。グループ内の事業調整で一部道東アークスと店舗を入れ替えている。このほか、旅行代理店、温泉施設運営を行っている。
  • 株式会社道北アークス(北海道旭川市) - 2012年に株式会社道北ラルズを吸収合併した株式会社ふじから商号変更。
  • 株式会社道南ラルズ(北海道函館市) - 函館市を中心とした道南圏で展開。
  • 株式会社ユニバース青森県八戸市) - 東北で展開。
  • 株式会社ベルジョイス岩手県盛岡市) - 東北で展開。2016年に株式会社ベルプラスを吸収合併した株式会社ジョイスから商号変更。
  • 株式会社エルディ - ビルメンテナンス、保険代理業務、ホームセンター事業(「カインズ」)、DEP事業(「パレットプラザ」)を展開する。
  • 株式会社サンドラッグエース(北海道札幌市) - サンドラッグとアークスの合弁会社で、ドラッグストア事業を展開。持株比率はサンドラッグ6:アークス4。2016年にエルディとドラッグ・ユー(ユニバースの完全子会社)からドラッグストア事業を継承している。
  • 株式会社イワイ - 北海道のアークスグループ店舗の酒販部門を担当する事業子会社。
かつてのグループ企業
  • 株式会社ホームストア(北海道室蘭市) - 2008年に株式会社ラルズへ吸収合併される。
  • 株式会社道北ラルズ(北海道旭川市) - 2012年に株式会社ふじへ吸収合併される。株式会社道北アークスの前身。
  • 株式会社篠原商店(北海道網走市) - 2016年に株式会社道東ラルズへ吸収合併される。株式会社道東アークスの前身。
  • 株式会社ベルプラス(岩手県盛岡市) - 2016年に株式会社ジョイスへ吸収合併される。株式会社ベルジョイスの前身。

アークスRARAカード[編集]

アークスRARAカード

アークスRARAカードは、2008年4月より導入したアークスグループ共通のポイントカードである。当初はRARAカード(現金)とRARA JCBカードの2種類であったが、2012年11月より現在のラインアップとなった。

共通の機能としてアークスグループ各店(ユニバース・ジョイスは2013年より順次導入)での買い物を対象としたRARAポイントが備わっている。また、2009年10月からグループ外にもRARAポイント対象を拡げ、ガソリンスタンドやタクシーなどでの利用でポイントを貯めることもできる(カードにより支払い方法が限定される)。

ラインナップ
  • RARAカード
現金カード。
  • RARAプリカ
汎用型リロードタイプのプリペイドカード。1,000円単位で1回につき最大29,000円チャージして最大50,000円まで蓄積して利用。提携先は出光クレジット
  • RARAクレジット
ハウスカード。提携先は日専連系クレジット会社各社(北海道地区ではニッセンレンエスコートなど6社、東北地区では日専連ホールディングス(青森)と日専連パートナーズ(岩手)が対象。[17]なおベルジョイスの各ブランドが出店し、宮城県をエリアとしている日専連ライフサービス発行のカードは対象外[18])。
  • RARA JCBカード
QUICPayを搭載したクレジットカード。提携先はジェーシービー
  • RARAカードPLUS+
iD(グループでの対応は2013年3月より)を搭載したクレジットカード。クレジット利用でポイント率も上がる。提携先は道銀カード三井住友カード

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ユニバースとアークス経営統合へ 東奥日報:2011年6月29日(2011年6月30日閲覧)
  2. ^ a b 「反イオン、南進するアークス M&A、求心力は対抗意識 編集委員 中村直文」『日本経済新聞朝刊』 2014年11月24日
  3. ^ 株式会社アークスと株式会社ベルグループの株式交換による経営統合に向けた基本合意書締結に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社アークス 株式会社ベルグループ (2014年3月28日). 2014年4月2日閲覧。
  4. ^ “アークス、ベルグループ吸収 東北でスーパー拡大”. 日本経済新聞. (2014年3月28日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ280FQ_Y4A320C1TJ1000/ 2014年4月2日閲覧。 
  5. ^ 連結子会社の合併及び存続会社の商号変更に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社アークス (2015年11月17日). 2015年11月19日閲覧。
  6. ^ “アークス子会社合併「ベルジョイス」と「道東アークス」に、人事の妙は横山流で”. リアルエコノミー. (2015年11月18日). http://hre-net.com/keizai/ryutu/16980/ 2015年11月19日閲覧。 
  7. ^ “「北海道のSM再編」最終章、「スーパーチェーンシガ」のアークス入りで加速”. リアルエコノミー. (2016年1月7日). http://hre-net.com/keizai/ryutu/17409/ 2016年2月10日閲覧。 
  8. ^ “ラルズ、スーパーチェーン シガを取得 小樽・余市に地盤”. 日本経済新聞. (2016年1月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95830100W6A100C1L41000/ 2016年2月10日閲覧。 
  9. ^ “開示事項の経過)当社子会社による事業譲受及び固定資産の取得に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社アークス, (2016年2月2日), http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20160202170539.pdf 2016年2月10日閲覧。 
  10. ^ ユニバースとアークスの統合承認 東奥日報:2011年9月7日(2011年9月8日閲覧)
  11. ^ 株式会社アークスと株式会社ジョイスの株式交換による経営統合に関するお知らせ
  12. ^ 岩手のスーパー経営統合 アークス、東北進出加速
  13. ^ 連結子会社の合併及び存続会社の商号変更に関するお知らせ : 2012年5月1日(2012年5月4日閲覧)
  14. ^ 株式会社アークスと株式会社ベルグループの株式交換による経営統合に関するお知らせ
  15. ^ “アークス、サンドラッグと提携 規模の拡大が急務”. 日本経済新聞. (2016年4月13日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99576510S6A410C1L41000/ 2016年4月30日閲覧。 
  16. ^ “アークスがサンドラッグと新会社設立 ドラッグストア事業強化”. リアルエコノミー. (2016年4月13日). http://hre-net.com/keizai/ryutu/18484/ 2016年4月30日閲覧。 
  17. ^ RARAクレジット(アークスRARAカードについて)
  18. ^ ベルプラス店舗における「アークスRARAカード」ポイントサービス開始のお知らせ:1ページより(ベルジョイス 2017年1月20日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]