アンドレイ・アルシャヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンドレイ・アルシャヴィン Football pictogram.svg
AndreiArshavin.jpg
名前
本名 アンドレイ・セルゲイェヴィッチ・アルシャヴィン
愛称 シャヴァ、新皇帝
ラテン文字 Andrei Sergeyevich ARSHAVIN
ロシア語 Андрей Сергеевич Аршавин
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1981-05-29) 1981年5月29日(35歳)
出身地 サンクトペテルブルク
身長 172cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム カザフスタンの旗 FCカイラト
ポジション FW / MF
背番号 28
利き足 右足
ユース
1998-2000 ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2009 ロシアの旗 ゼニト 236 (52)
1999-2000 ロシアの旗 ゼニト-2 56 (7)
2009-2013 イングランドの旗 アーセナル 105 (23)
2012 ロシアの旗 ゼニト (loan) 10 (3)
2013-2015 ロシアの旗 ゼニト 35 (3)
2015-2016 ロシアの旗 クバン・クラスノダール 8 (0)
2016- カザフスタンの旗 カイラト 15 (5)
代表歴2
2001-2013 ロシアの旗 ロシア U-21 9 (1)
2002-2012 ロシアの旗 ロシア 75 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年7月10日現在。
2. 2012年11月21日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンドレイ・セルゲイェヴィッチ・アルシャヴィンАндрей Сергеевич Аршавин1981年5月29日 - )は、ロシア出身のサッカー選手FCカイラト所属。ポジションはフォワード及びミッドフィールダー

来歴[編集]

アルシャヴィンは労働者階級の家族のもとで生まれた。父親のセルゲイはアマチュアのサッカー選手だった。アルシャヴィンが10歳の時、両親が離婚し、母親のタチアナのもとで暮らし、狭苦しいアパートの床で眠らなければならない生活を余儀なくされていた。アルシャヴィンの父親のセルゲイは心不全のため40歳の若さで亡くなっている。

クラブ[編集]

ゼニト・サンクトペテルブルク[編集]

ゼニトでプレーするアルシャヴィン

サッカーを始めたのは7歳の時。シメナフットボールスクールを経て、ゼニトユースにて育成される。ゼニトセカンドチームで多くの経験を積んだ後、2000-01シーズンのUEFAインタートトカップブラッドフォード戦(2000年8月2日)でトップチームデビューを果たす。

2001-02シーズンよりレギュラーとしての地位を確立。同年代であるケルジャコフとのコンビでチームを牽引し、2002-03シーズンにはロシアリーグカップを制した。

2005-06シーズンにはUEFAカップベスト8進出に貢献する。2006-07シーズンには13アシスト7得点でリーグ最優秀選手賞を獲得すると、2007-08シーズンには11アシスト10得点を記録、チームも1984年以来のリーグ優勝を達成する。同シーズンのUEFAカップでは準決勝でドイツの強豪バイエルン・ミュンヘンに圧勝し、勢いに乗ったまま迎えた決勝でもレンジャーズを破り、ゼニト初優勝の立役者となった。

2008年8月の行われたUEFAスーパーカップでも欧州王者のマンチェスター・ユナイテッドを破りクラブ初の栄冠を手にする。後述のEURO2008を境に、欧州リーグの多くの強豪クラブが彼の獲得に動き出していたが、多額の移籍金などにより夏の移籍は叶わなかった。2009年2月、かねてよりアルシャヴィンへ興味を示していたプレミアリーグアーセナルFCへの移籍を果たす(移籍金は未公表)。

アーセナル[編集]

アーセナルでプレーするアルシャヴィン

2009年2月22日サンダーランド戦でプレミアリーグデビューを果たす。強烈なシュートを放ち鋭いクロスを上げるなど、デビュー戦からその実力の片鱗を示した。3月14日ブラックバーン戦では左サイドの角度のない位置から目の覚めるようなゴールを叩き込みアーセナル移籍後初ゴールを記録する。ここから更にシーズン終盤へ向けて調子を上げ、4月21日リヴァプール戦で自身初となる1試合4得点を達成する。シーズン後半だけの出場、またプレミアリーグ初挑戦ながら公式戦15試合で6得点9アシストという驚異的な数字を残した。

2010-11シーズンでは、リーグでは6得点、アシスト数ではセスク・ファブレガスに次ぐ11を記録した。

次第に出場機会が失われ、2012年2月、古巣のゼニトにシーズン終了までレンタル移籍が決定。

2013年6月5日、デニウソンセバスティアン・スキラシと共にアーセナルを退団することが発表された[1]

ゼニト・サンクトペテルブルク復帰[編集]

2013年6月27日、古巣のゼニトへの復帰が決定した[2]

クバン・クラスノダール[編集]

2015年7月13日、FCクバン・クラスノダールに移籍した。

カイラト[編集]

2016年3月18日、FCカイラトに移籍した。

代表[編集]

2011年にロシア代表でプレーするアルシャヴィン

2002 FIFAワールドカップを目前にした時期に、イゴール・セムショフデニス・ラクチオノフとともにロシア代表に初招集された。2002年5月17日のベラルーシ戦で国際Aマッチ初キャップを記録したが、ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。FW最後の枠はケルジャコフが選ばれている。代表初ゴールは、2003年2月13日のルーマニア戦(キプロス4か国トーナメント)。

EURO2008予選までは、キャプテンを務めていた。予選最終戦のアンドラ戦で、暴行により退場処分となり、2試合(EURO2008のグループリーグの最初の2試合)の出場停止処分を科され、ヒディンク監督からキャプテンの座を剥奪されてしまう(次期キャプテンは、セルゲイ・セマク)。

しかし、EURO2008グループリーグの第3節スウェーデン戦から復帰すると、たちまち素晴らしい活躍を見せ、オランダ戦では幾度と無く敵陣を切り裂き、オランダのDF陣を翻弄した。さらに1-1で迎えた延長戦、ペナルティエリア内で緩急をつけた見事なドリブルを披露。一瞬で相手DFを置き去りにすると、タッチラインギリギリからGKファン・デル・サールの頭上を越す芸術的かつ高精度のクロスボールを蹴り、ドミトリ・トルビンスキの得点をアシスト。さらに、運動量の落ち始めていたオランダの隙をつき、相手ゴール付近でのスローインを、トラップせずに素早く反転してシュート。試合を決定づける貴重な3点目を決めた。世界に衝撃を与えるプレーを連発した彼は「新皇帝の誕生」と称えられ、その名を世界に轟かせた。

2009年6月のフィンランド戦からキャプテンに復帰している。

人物[編集]

  • 既婚者(正確には籍は入れておらず事実婚である。2009年4月現在)であり、夫人との間に息子を授かっており、2008年4月には娘が誕生した。
  • スペインFCバルセロナのファンであり、ゼニト在籍時にはバルセロナへの移籍願望をメディアに対し語ったこともある。(但し、2008-09シーズン時点では、「今の段階でバルサに行っても(前年アーセナルからバルセロナへ移籍した)アレクサンドル・フレブのようにポジションは無い。」と語っている。)
  • 子供時代に女性が運転する自動車にひかれる交通事故に遭い、10メートルほど空中に吹き飛ばされたが、奇跡的にかすり傷だけで済んだ[3]
  • 上記の経験から「僕に権限があれば、間違いなくすべての女性ドライバーから運転免許を取り上げるだろう」と発言している[3]
  • 愛車はベンツGLクラス[3]
  • ヘアカットのたびにサンクトペテルブルクからロンドンに専属美容師を呼び寄せている[4]
  • リヴァプールFC戦後アルシャヴィンは(アウェーで4得点と大活躍したにもかかわらず)「まだ自分の実力を出し切れてはいない」と話した。また、EURO2008でのパフォーマンスについて「あの程度ならいつでもできる」とインタビューで語ったこともある。
  • ゴールを決めた際には、口に人差し指を当てるパフォーマンスを見せる。また、試合中に舌を出すこともある。理由のひとつとしては“マイケル・ジョーダン”である。舌を出すくせはジョーダンの真似ではないと語ったものの、ジョーダンのプレーが大好きであり、彼との共通点も喜んでいた[5]
  • NBAシカゴ・ブルズのファンである。

所属クラブ[編集]

ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク 2012.2-6 (loan)

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 合計
試合 得点 アシスト 試合 得点 アシスト 試合 得点 アシスト 試合 得点 アシスト
ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク 2000 10 0 1 1 0 0 3 0 0 14 0 1
2001 29 4 8 5 1 2 0 0 0 34 5 10
2002 30 4 7 3 0 2 4 2 5 37 6 16
2003 27 5 10 3 0 2 0 0 0 30 5 10
2004 28 6 8 4 2 1 8 4 1 40 12 10
2005 29 9 9 3 0 0 13 5 3 45 14 12
2006 28 7 13 4 0 1 0 0 0 32 7 14
2007 30 10 13 2 1 4 14 4 10 46 15 27
2008 27 6 8 1 1 0 6 0 1 34 7 9
Total 238 51 77 26 5 13 46 15 20 312 71 109
イングランドの旗 アーセナルFC 2008-09 12 6 7 3 0 2 0 0 0 15 6 9
2009-10 30 10 2 1 0 0 8 2 7 39 12 9
2010-11 22 4 9 5 1 3 4 2 2 31 7 14
Total 64 20 18 9 1 7 12 4 7 85 25 30
通算 Total 300 72 95 35 8 18 55 19 25 391 98 138

代表での得点[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2003年2月13日 キプロスの旗 リマソール ルーマニアの旗 ルーマニア ○ 4-2 キプロス4か国トーナメント
2. 2004年10月9日 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク市 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク ○ 4-0 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3. 2004年10月13日 ポルトガルの旗 リスボン ポルトガルの旗 ポルトガル ● 1-7 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
4. 2005年3月30日 エストニアの旗 タリン エストニアの旗 エストニア △ 1-1 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
5. 2005年6月4日 ロシアの旗 サンクトペテルブルク ラトビアの旗 ラトビア ○ 2-0 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
6. 2005年6月8日 ドイツの旗 メンヒェングラートバッハ ドイツの旗 ドイツ △ 2-2 親善試合
7. 2005年8月17日 ラトビアの旗 リガ ラトビアの旗 ラトビア △ 1-1 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
8. 2006年10月7日 ロシアの旗 モスクワ イスラエルの旗 イスラエル △ 1-1 EURO2008予選
9. 2006年11月15日 マケドニア共和国の旗 スコピエ マケドニア共和国の旗 マケドニア ○ 2-0 EURO2008予選
10. 2007年9月8日 ロシアの旗 モスクワ マケドニア共和国の旗 マケドニア ○ 3-0 EURO2008予選
11. 2008年6月4日 ドイツの旗 ブルクハウゼン リトアニアの旗 リトアニア ○ 4-1 親善試合
12. 2008年6月18日 オーストリアの旗 インスブルック スウェーデンの旗 スウェーデン ○ 2-0 EURO2008
13. 2008年6月21日 スイスの旗 バーゼル オランダの旗 オランダ ○ 3-1 EURO2008
14. 2008年10月11日 ドイツの旗 ドルトムント ドイツの旗 ドイツ ● 1-2 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
15. 2008年10月15日 ロシアの旗 モスクワ フィンランドの旗 フィンランド ○ 3-0 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
16. 2009年10月14日 アゼルバイジャンの旗 バクー アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン △ 1-1 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
17. 2012年2月29日 デンマークの旗 コペンハーゲン デンマークの旗 デンマーク ○ 2-0 親善試合

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal.com (2013年6月6日). “アーセナルがアルシャビン、デニウソン、スキラッチの退団を発表”. 2013年6月6日閲覧。
  2. ^ Goal.com (2013年6月28日). “アルシャビンがゼニト復帰”. 2013年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c スポーツナビ (2009年2月7日). “アルシャービン「女性から運転免許証を取り上げたい」”. 2009年2月7日閲覧。
  4. ^ スポーツナビ (2009年2月21日). “アルシャービン、ヘアカットのたびにロシアから専属美容師を呼び寄せ”. 2009年2月23日閲覧。
  5. ^ Goal.com (2010年3月17日). “アルシャビンはサッカー界のM・ジョーダン?”. 2010年3月18日閲覧。
  • Marc Bennetts, 'Football Dynamo - Modern Russia and the People's Game,' Virgin Books, (15 May 2008), 0753513196

外部リンク[編集]