ユーリ・ジルコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ユーリ・ジルコフ Football pictogram.svg
Yuri Zhirkov Anzhi 2011.jpg
名前
本名 ユーリ・ヴァレンティノヴィチ・ジルコフ
ラテン文字 Yuri Valentinovich ZHIRKOV
ロシア語 Ю́рий Валенти́нович Жирко́в
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1983-08-20) 1983年8月20日(33歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア 中央連邦管区
タンボフ州の旗 タンボフ州タンボフ
身長 180cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク
ポジション DF (SB) / MF
背番号 3
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 ロシアの旗 スパルタク・タンボフ 57 (26)
2004-2009 ロシアの旗 CSKAモスクワ 139 (15)
2009-2011 イングランドの旗 チェルシー 29 (1)
2011-2013 ロシアの旗 アンジ・マハチカラ 46 (97)
2013-2016 ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 54 (4)
2016- ロシアの旗 ゼニト
代表歴2
2005- ロシアの旗 ロシア 68 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年1月1日現在。
2. 2016年3月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユーリ・ヴァレンティノヴィチ・ジルコフロシア語: Ю́рий Валенти́нович Жирко́в, 1983年8月20日 - )は、ロシアサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーディフェンダーFCディナモ・モスクワ所属。「ロシアのロナウジーニョ」と評されるテクニシャン。

来歴[編集]

CSKAモスクワ時代のジルコフ

ジルコフは、工場で働く父のヴァレンティンと郵便局員の母との間にジルコフ家の2番目の子供として生まれた。

2001年、スパルタク・タンボフでプロデビューを飾り、74試合・26得点の記録を残し、2004年に強豪PFC CSKAモスクワへと移籍。加入初年度からレギュラーとして活躍し、UEFAカップではチームの初優勝に貢献した。2005年にはA代表デビューも飾る。

UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07ハンブルガーSV戦(2006年12月6日)でのジルコフのゴールが、UEFAオフィシャルマガジン選出のベストゴールに輝いた。

EURO2008ではロシア代表の左SBのレギュラーとして活躍し、チームのベスト4進出に貢献。UEFA選定大会優秀選手に選ばれた。元々はサイドハーフとして活躍していたが代表では不動の左SBとして君臨している。2008年10月、アンドレイ・アルシャヴィンとともに同年度のバロンドール受賞対象者30人にノミネートされた。

2009年7月6日、イングランドの強豪チェルシーFCへ移籍金1800万ポンド(2100万ユーロ)で移籍した。チェルシーの一員としてのデビュー戦となる親善試合ACミラン戦では決勝ゴールを決めるなど、衝撃的なデビュー戦となった。その後、膝の怪我で戦列を離れていたが、同年9月23日クイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦(カーリングカップ)で国内の公式戦のデビューを果たした。

しかしチェルシーでは思うような結果が残せず、2011年8月にFCアンジ・マハチカラに4年契約で移籍をした。

2013年8月、アンジの財政縮小の影響を受け、チームメイトのイゴール・デニソフアレクサンドル・ココリンと共にFCディナモ・モスクワに移籍した[1]

人物[編集]

ロシア代表でプレーするジルコフ
  • 家族構成は両親と姉と弟が2人。一番下の弟は、PFC CSKAモスクワのリザーブチームに所属していたMFニコライ・ジルコフNikolai ZHIRKOV1988年7月3日 - )。
  • 2008年2月に、モデルのインナと結婚した。同年9月には息子のドミトリが誕生した。
  • 2008年12月にタンボフ州立大学を卒業。
  • 趣味はテレビゲーム、音楽鑑賞、映画鑑賞。最近は第二次世界大戦関連のグッズを集めることがマイブームである。将来的には自身の集めたグッズを示した博物館を開設することを考えている。
  • 少年時代はブラックバーン・ローヴァーズFCのファンだった。
  • 過去に自動車事故を2度起こしたことがある。1回目は2005年1月にジルコフの地元タンボフ市内の高速道路で事故を起こした。2回目は2008年12月18日にカリーニングラード市内で事故を起こした。いずれも、エアバッグが起動したおかげで、ジルコフ自身に怪我はなかった。
  • チェルシーFCへ移籍する3年前にはロマン・アブラモヴィッチ・オーナーから「英語の勉強をしておきなさい」と助言をされていたが、その意味に気づかず今になって「助言に耳を傾けるべきだった」と後悔していると話している。現在は、ロシア語を話せるペトル・チェフイヴァノヴィッチ等のサポートにより徐々に学習してきてる模様。
  • PFC CSKAモスクワからチェルシーFCに移籍した際、もっとも驚いたのがトレーニング施設の違いであり、「ここは何もかもが素晴らしく全てがスーパーだ」と話している。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

チェルシーでプレーするジルコフ
クラブ シーズン リーグ カップ 欧州カップ戦 スーパーカップ 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
PFC CSKAモスクワ 2004 25 6 2 0 10 0 1 0 38 6
2005 20 2 6 1 13 1 0 0 39 4
2006 27 1 6 1 8 1 1 1 42 4
2007 29 2 5 1 8 0 1 0 43 3
2008 28 3 2 0 6 1 0 0 36 4
2009 10 1 3 1 3 1 1 0 17 3
通算 139 15 24 4 48 4 4 1 215 24
チェルシーFC 2009-10 17 0 5 0 4 0 0 0 26 0
2010-11 12 0 2 0 7 1 0 0 21 1
通算 29 0 8 0 11 1 0 0 48 1
FCアンジ・マハチカラ 2011-12 23 1 1 0 0 0 0 0 24 1
2012-13 1 0 0 0 3 0 0 0 4 0
通算 24 1 1 0 3 0 0 0 28 1
総通算 192 16 33 4 62 5 4 1 291 26

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ UEFA.com (2013年8月16日). “ディナモ・モスクワがロシア代表3人を獲得”. 2013年8月17日閲覧。

外部リンク[編集]