パヴェル・モギレヴェツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パヴェル・モギレヴェツ Football pictogram.svg
Pavel Mogilevets 2020.jpg
ヒムキ時代(2020年)
名前
本名 パーヴェル・セルゲーイェヴィチ・モギリェーヴェツ
Pavel Sergeyevich Mogilevets
カタカナ パヴェル・モギレヴェツ
ラテン文字 Pavel Mogilevets
ロシア語 Павел Сергеевич Могилевец
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1993-01-25) 1993年1月25日(28歳)
出身地 キンギセップ
身長 183cm
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 FCヒムキ
ポジション MF (CMF)
背番号 28
利き足 右足
ユース
ロシアの旗 ゼニト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2011-2016 ロシアの旗 ゼニト 12 (0)
2013-2015 ロシアの旗 ゼニト-2 16 (2)
2014 ロシアの旗 ルビン・カザン (loan) 16 (2)
2015-2016 ロシアの旗 ロストフ (loan) 26 (1)
2017 ロシアの旗 ロストフ 19 (0)
2018-2020 ロシアの旗 ルビン・カザン 56 (0)
2020- ロシアの旗 ヒムキ 5 (0)
代表歴2
2013-2014  ロシア U-21 10 (1)
2014- ロシアの旗 ロシア 4 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2020年12月30日現在。
2. 2018年9月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パーヴェル・セルゲーイェヴィチ・モギリェーヴェツロシア語: Павел Сергеевич Могилевец, ラテン文字転写: Pavel Sergeyevich Mogilevets, 1993年1月25日 - )は、ロシアキンギセップ出身の同国代表サッカー選手FCヒムキ所属。ポジションはMF(セントラルミッドフィールダー)。

クラブ歴[編集]

FCゼニト・サンクトペテルブルクの下部組織出身。2013年、ルチアーノ・スパレッティ監督によってトップチームに昇格。5月19日、第29節のFCヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦で、89分からコンスタンティン・ジリャノフに代わって途中出場しトップチームデビュー[1]。8月20日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフFCパソス・デ・フェレイラ戦でスタメン出場しCLデビュー。80分にダニー・アルヴェスと交代した。

2014年2月27日、2013-14シーズン終了までFCルビン・カザン期限付き移籍[2]。シーズン後半戦で2ゴール2アシストを記録した。翌シーズンにゼニトへ復帰したが、スタメン争いに敗れ出場機会は限られた。 2015年7月、FCロストフにレンタル移籍[3]。2017年2月にロストフへ完全移籍すると、グルバン・ベルディエフ監督の下レギュラーとしてプレーした。

2018年2月にルビン・カザンへ加入しベルディエフと再会する。2019年12月に就任したレオニード・スルツキー監督の信頼は得られず、2020-21シーズンには第2節のFCウラル戦で82分から途中出場するに止まる。

2020年10月16日にゼニトとの双方合意に基づき契約を解除し、FCヒムキへ加入した[4]

代表歴[編集]

FCルビン・カザンでのプレーもあり、2014年5月26日にスロバキアとの親善試合でファビオ・カペッロ監督により招集されロシア代表でデビュー。6月には負傷離脱したロマン・シロコフに代わり、ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップに参加した[5]

タイトル[編集]

ゼニト

脚注[編集]

外部リンク[編集]