ヴァシリ・ベレズツキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴァシリ・ベレズツキー Football pictogram.svg
Vasili Berezutski 2014.jpg
名前
本名 ヴァシリ・ウラジミーロヴィチ・ベレズツキー
Vasili Vladimirovich Berezutski
ラテン文字 Vasili Berezutski
ロシア語 Василий Владимирович Березуцкий
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
生年月日 (1982-06-20) 1982年6月20日(37歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦モスクワ
身長 189cm
体重 83kg
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 ロシアの旗 トルペド=ジル 29 (0)
2002-2018 ロシアの旗 CSKAモスクワ 393 (7)
代表歴
2003-2016 ロシアの旗 ロシア 101 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴァシーリー・ベレズツキーロシア語: Василий Владимирович Березуцкий, 1982年6月20日 - )は、ロシアの元サッカー選手。元ロシア代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

2000年、トルペドZIL-モスクワで、17歳ながらもプロデビューを飾る。2002年にCSKAモスクワに加入。2004年に加入したセルゲイ・イグナシェヴィッチとはコンビを組む事が多く抜群の相性を誇る。189cmの長身で空中戦が得意。サイドバックやウイングバック、サイドハーフとしてもプレイする事が出来る。CSKAではリーグ戦優勝、カップ戦優勝に貢献し2005年にはUEFAカップ優勝を成し遂げた。2011年12月7日、UEFAチャンピオンズリーグ 2011-12 グループリーグインテル戦 (2-1)では、後半41分にコーナーキックからのセンタリングを頭で合わせてに得点を決めた[1]。同時刻に行われていた、リールトラブゾンスポルの試合は引き分けに終わり、一方のCSKAは2-1のリードを守りきり試合は終了。CSKAモスクワの決勝トーナメント進出に貢献をした。2018年7月21日、双子の弟のアレクセイ・ベレズツキーと共に現役引退を発表した[2]

代表[編集]

2003年6月7日、スイス代表戦でロシア代表デビューを果たした。

2007年9月8日UEFA EURO 2008予選マケドニア戦で代表初ゴールを決めた。UEFA EURO 2008ではベスト4に貢献した。

UEFA EURO 2012予選ではアンドレイ・アルシャヴィンとともに全10試合先発出場を果たした。2012年5月11日、UEFA EURO 2012に向けた代表候補の26人に選出されたものの、同月20日に太ももの負傷により、メンバーから離脱することになった。

2014 FIFAワールドカップに出場するメンバーに選出され、怪我で離脱したロマン・シロコフの代役としてキャプテンに任命された。選定の理由が「英語が話せるから」とのこと[3]。なお弟のアレクセイは予備登録30人に選ばれたものの、クラブで出場機会を減らした影響もあり、23人に選ばれず、バックアップメンバーに回った。

人物[編集]

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

獲得タイトル[編集]

PFC CSKAモスクワ

脚注[編集]

  1. ^ 終盤の勝ち越し点でCSKAが決勝T進出uefa.com、2011年12月26日閲覧。
  2. ^ CSKAモスクワのベレズツキ双子兄弟が一緒に現役引退 超WORLDサッカー! 2018年7月22日
  3. ^ ベレズツキ、英語力を買われロシア代表の主将にAFPBB News、2014年6月17日閲覧。
  4. ^ EAスポーツ、FIFA 12 ワールドクラスサッカーに登場する世界のスター選手を発表zaikei.co.jp、2011年8月13日閲覧。
  5. ^ UEFAチャンピオンズリーグ マガジンプログラムより

外部リンク[編集]