ユーリー・ロディーギン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーリー・ロディーギン Football pictogram.svg
Juri Lodigin.jpg
名前
本名 ユーリー・ウラジーミロヴィチ・ロディーギン
Yuri Vladimirovich Lodygin
ラテン文字 Yuri Lodygin
ロシア語 Юрий Владимирович Лодыгин
基本情報
国籍 ロシアの旗 ロシア
ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 (1990-05-26) 1990年5月26日(29歳)
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦ウラジーミル
身長 187cm[1]
選手情報
在籍チーム ギリシャの旗 オリンピアコスFC
ポジション GK
背番号 32
ユース
2008-2009 ギリシャの旗 シュコダ・クサンティFC
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2013 ギリシャの旗 シュコダ・クサンティ 24 (0)
2010-2011 ギリシャの旗 エオルダイコス (loan) 25 (0)
2013- ロシアの旗 ゼニト・サンクトペテルブルク 111 (0)
2019- ギリシャの旗 オリンピアコス (loan)
代表歴2
2010-2012 ギリシャの旗 ギリシャ U-21 3 (0)
2013-2016 ロシアの旗 ロシア 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年11月28日現在。
2. 2016年6月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ユーリー・ロディーギン (ロシア語: Юрий Лодыгин, ギリシア語: Γιούρι Λοντίγκιν, 1990年5月26日 - ) は、ロシアウラジーミル州ウラジーミル出身のサッカー選手オリンピアコスFC所属。元ロシア代表。ポジションはゴールキーパー

経歴[編集]

クラブ[編集]

1990年5月26日、現ロシアのウラジーミルでロシア人の父とギリシャ人の母との間に生まれた[2]。8歳の頃に初めてギリシャを訪れ10歳の頃にギリシャに移住した[2]。移住先の地元のチームにてサッカーを始めて、2008年からシュコダ・クサンティFCのユースに所属した[2]。シュコダ・クサンティFCのU-21は2008/09シーズンのU-21ギリシャ・スーパーリーグで優勝を果たした。そのパフォーマンスが認められて、2009年6月17日にシュコダ・クサンティFCとプロ契約を交わした。2010年にはエオルダイコス2007レンタル移籍をして25試合に出場した。2012年1月、クサンティFCと2016年6月30日までの契約に署名した。2012/13シーズンではクサンティFCで1部リーグ戦30試合の中で22試合に出場した。2013年6月7日、ロシアの強豪であるFCゼニト・サンクトペテルブルクに推定移籍金60万ユーロ[3]で移籍をした[4]。2013年7月17日、FCクラスノダールとの試合でロシア・プレミアリーグデビューを果たした。

2019年1月27日、オリンピアコスFCにシーズン終了までのレンタル移籍[5]

代表[編集]

2010年から2012年の間にギリシャU-21代表で計3試合に出場している。2013年3月22日にはA代表に招集されるもフィールドに立つことはなかった[2]。そのためギリシャ代表ロシア代表のどちらかでプレーする権利が保持されていた。2013年8月、ギリシャサッカー連盟から同年9月上旬に行われる2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選への代表招集の連絡がきたがFAXにて断り[6]「ロシア代表から招集されるのを待っている」と述べた[7][8][9]。2013年10月4日、ロシアサッカー連合から同月11日に行われるルクセンブルク代表との試合と15日に行われるアゼルバイジャン代表との試合に招集された[10]

11月19日に行われた韓国代表との親善試合で代表初出場を果たした。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]