経蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

経蔵(きょうぞう、: Sutta pitaka(スッタ・ピタカ): Sutra pitaka(スートラ・ピタカ))とは、仏教の聖典(仏典三蔵)の一部であり、釈迦の教説である: Sutta(スッタ): Sutra(スートラ))をまとめたもの。

歴史[編集]

初期仏教[編集]

釈迦の死後、僧伽(仏教僧団)では仏教の成り立ちや戒律、その教説などを保全すべく、500人の阿羅漢五百羅漢)によって結集(集会)が開かれ、その内容が文書化され、三蔵としてまとめられた。その内の1つがこの経蔵である。

上座部仏教(南伝仏教)[編集]

部派仏教時代の形式を留めている上座部仏教(南伝仏教)の聖典である『パーリ仏典』は、現在でも「三蔵」の形式が保全されており、経蔵も「スッタ・ピタカ」(: Sutta pitaka)として保存されている。

これは、

  • 長部
  • 中部
  • 相応部
  • 増支部
  • 小部

の5部から成り、小部を除く4部は、漢訳経典の『阿含経』に相当する。

中国仏教(北伝仏教)[編集]

中国仏教(北伝仏教)においては、大乗仏教経典・偽経の追加や、段階的な仏典の輸入・翻訳が繰り返されたため、元々の「三蔵」や「経蔵」の枠組み自体が壊れてしまった。

漢訳経典は、後に代の頃から一切経大蔵経として総集・再編されていくことになるが、それらは般若経華厳経など主要な大乗仏教経典を中心に、雑多にまとめられており、律が後景に退き、その大部分が大乗仏教経典・偽経も含む「経」で占められるため、「三蔵」や「経蔵」の概念・呼称を適用しづらいものになってしまった。

チベット仏教[編集]

中国よりも更に遅く、大乗仏教・密教化した仏教を段階的に受容したチベット仏教における『チベット大蔵経』も、大乗仏教経典や密教タントラが入り乱れて元々の「三蔵」の枠組みが壊れてしまっているため、中国仏教の『漢訳大蔵経』と事情は大差が無い。

ただし、アティーシャ以来、顕密総合が志向され、「律蔵」「経蔵」に相当する「カンギュル」、「論蔵」に相当する「テンギュル」の組み合わせで『チベット大蔵経』が構成されているため、『漢訳大蔵経』よりは、「三蔵」との対応関係が維持されている。

出典[編集]

関連項目[編集]