ウチナーヤマトグチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
沖縄弁から転送)
移動: 案内検索

ウチナーヤマトグチとは、第二次世界大戦後の沖縄県に成立した、新しい日本語の方言である。沖縄県民が「方言」として認識する土着の諸方言(琉球語)とは異なり均質性が強く、県外の人が俗に「沖縄弁」と呼ぶ言葉とほぼ同義である。

特徴[編集]

語彙文法は、標準語とほとんど変わらない。そのため、本土の人間がウチナーヤマトグチを聞いても理解は可能である。ただし、その構造は、琉球語(沖縄県土着の諸方言)のうち人口行政経済マスメディアなどの中心である沖縄本島のそれも沖縄方言の語彙・文法・アクセントが影響し、社会的風土や、若者から生まれた新語が含まれているなど、標準語との差が現れている。

第二次世界大戦後、標準語(ヤマトグチ)を使ったメディアの普及や、学校における標準語普及運動(方言札)により、旧来の話者は次第に高齢者に限られ、土地の方言が分からない、もしくは聞けても話せない若者が増えた。一方、普及した標準語は元の方言の影響を強く受け(言語接触)、また米軍統治によって本土との交流が断たれたことで、言葉本来の意味とは異なる独自解釈や誤読が訂正されることなく定着したことなどによって、伝統的な方言と標準語のどちらでもない新しい方言とも言える「ウチナーヤマトグチ」と化していった。戦後教育より下の世代は、概ねこのウチナーヤマトグチの話者である。

1980年代後半以降、標準語に対する独自性が、沖縄県のサブカルチャー愛好家の若者たちの間で見直され、戦後の沖縄県独自の習慣や風物ともども再発見され、書籍なども刊行された。1990年代には、ウチナーヤマトグチを使った劇団お笑い音楽などが沖縄県で流行し、2000年代には、沖縄県の食文化、ライフスタイルなどへの興味を中心とした新しい「沖縄ブーム」や、テレビNHK連続テレビ小説ちゅらさん』や、同ドラマに出演したガレッジセール等の沖縄出身タレント)を通じて、スローで優しい印象が全国で認識されるようになった。ただし、語尾を伸ばすためにそう聞こえるだけで、実際にはやや早口で喋ることが多い。

音韻[編集]

漢語における「え段+い」を[e:]ではなく、[ei]と発音する事が多い。これは九州や四国にも広く見られる。

アクセントは特殊アクセントとされ、肥筑方言薩隅方言など、九州地方西南部のアクセントとの類似が見られる。関東地方の出身者には京阪式アクセントに近い印象を与えるが、実際には、京阪式アクセントとはかなり異なり、むしろ東京式アクセントが変化したものであるとみられている。

文法[編集]

命令形は、九州地方でよく使われるように、e段で活用される。つまり、標準語では「着ろ」「見ろ」と活用されるものが、「着れ」「見れ」と活用される。

語彙[編集]

語彙に関しては、九州方言(とりわけ鹿児島弁)と共通する部分が多い。例えば、「来る(come)」が「行く(go)」という意味になる事は九州地方にもよくあるケースで、他にも、「ほじくる」ことを「クジル」という。また、「濃い」を「こゆい」と発音したり、語尾に「~ねぇ」を多用したり、地名などでも、「原」(はら)を「バル」と読むなど、幾つかの共通点が見られる。

実質的な宗主国が何度か変わっていることから、中国語や第二次世界大戦後のアメリカ統治時代に定着した英語に由来する語彙も豊富である。ただし、現在の沖縄では元来の意味や語源が忘れ去られているものも多い。これは日本語に由来する語彙に関しても同様で、識字率が低くあまり漢字を用いなかったという事情もあり、正確な語源が特定できない言葉も少なくない。

その他[編集]

ウチナー英語[編集]

「コーヒーシャープ」と書かれた食堂の看板

米軍統治時代に、英語の影響を受けて浸透したもの。他にも英語からの転用は多い。大半が食べ物に関する語彙である。英語の接尾辞"er"を用いたものであると説明されることがよくあるが、「アー」や「ヤー」、「サー」などを付けて「〜する人」という意味にするのは、アメリカ占領時代以前からある琉球方言の語法である。例として、ウミアッチャーは海を歩く人(漁をする人)すなわち漁師、リッチャーはrichの人でお金持ち、ハルサー=原(畑)の人、つまり農民などである。

現代(特に若者)の話し方の特徴[編集]

「○○さー」等に代表されるように、語尾は伸ばすことが多い。よく、本土メディアではニガウリを「ゴーヤ」と発音するが、沖縄県では「ゴーヤー」と発音する。「○○さー」という言葉は語尾だけではなく、主語目的語などの助詞の代わりの役目も持つ。「俺さー、こないださー、映画見に行ったわけさー」のように、文節ごとに伸ばして使う事もある。「○○サー」以外にも、接尾語として「○○だわけ(さ)」「○○だはず」「○○ね?」「○○よぉ」「○○ってば」「○○ってよ」「○○だばーよ」をよく使う傾向にある。

相手を叱る時に、「…される」「…られる」という主語をぼかした表現が用いられることが多い。例えば「叩かれるよー!」「死なされるよー!」などで、「○○(される)」の意味の言葉「…(さ)りんどー」を用いると、「すぐらりんどー(殴るぞ)」「死なさりんどー(ぼこぼこにするぞ)」など)。これは、第三者が聞き手にその動作をする事のように聞こえるかもしれないが、実際は、聞き手が話し手に「…される(られる)」のである。また、標準語の「行く」に相当する動詞として「来る」を用いるなど、英語的な話法も日常的に用いられる。これらは、「~しようね」「~しましょうね」といった、あたかも同意を求めるかのような意思表示と同様に、狭い島の中で波風を立てないために習慣化された、相手の立場に立った婉曲表現であるとも考えられる。関連して、総じて沖縄県では主語(目的語)抜きで会話することが多い。ただ、これは、相手が主語(あるいは目的語)が誰(何)なのかを承知していると見なしているわけではなく、実際、ある人が主語(目的語)抜きで一通り話し終えた後、相手から「誰(何)がよ?」/「誰(何)をよ?」と聞き返すシーンがかなり見受けられる。

話し方がゆったりしているイメージを持つ人が多いが、実際は上述した通り語尾を伸ばす話し方が多いためそのように聞こえるだけで、語尾以外はやや早口で話す人が多い。また、主語を曖昧にし、直截的な表現を避ける傾向があることから「沖縄の人の話し方は優しい」という評価を受けることもある。

人数を数える時、「ひとり」「ふたり」ではなく「いちめい」「にめい」といった表現を用いる。日付けを表す際は「ついたち」「ふつか」ではなく「いちにち」「ににち」、同様に「ひとつ」「ふたつ」より「いっこ」「にこ」のほうが一般的である。このため観光客が土産物屋などで「これを6つください」と頼んでも、「6個ね?」と聴き返されることが多い。

親しい人、そうでない人に対しても関係なく、姓よりも名前で呼ぶことが多い。ただし本土姓の人に対してや、呼びにくい名前の場合は苗字愛称で呼んだりもする。居酒屋などの従業員の名札が下の名前で書かれていたり、仕事で用いる印鑑が苗字でなく下の名前であったりすることも珍しくない。これは沖縄姓の大半が地名に由来するものであり、地域に同姓の者が多いことが理由である。対等以下の相手を名前やニックネームで呼ぶときには語尾を伸ばす。例えば、「ヒロミ」ならば「ヒーロー」、「マサアキ」ならば「マーサー(またはアーキー)」のように、二音節に短縮するのが通例である。なお、基本的に名前は呼び捨てであり、幼い子供に対しても「ちゃん」や「くん」付けで呼ぶことはほとんどない。これは語尾を伸ばすことに愛称のニュアンスが込められているためである。目上の人に対しては語尾を伸ばさずに「名前」+「さん」が一般的である。成人した女性でも、自身の一人称に下の名を使用する人がしばしば見られる。男性でも小学生くらいまでは自分のことを下の名前で呼ぶ人もいる。本土の感覚で聞くと「ぶりっ子」のイメージがあるが、そういう意味合いはあまり含まれておらず、沖縄では珍しいことではない。

参考文献[編集]