張ウォン三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「張洹三」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
オリンピック
男子 野球
2008 野球

Jang Won-Sam
三星ライオンズ #13
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 慶尚南道昌原市
生年月日 1983年6月9日(30歳)
身長
体重
181 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 KBO二次ドラフト
初出場 2006年4月11日
年俸 7億5000万ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年2013年

(チャン・ウォンサム、1983年6月9日 - )は、大韓民国慶尚南道昌原市出身のプロ野球選手投手)。左投げ左打ち。韓国プロ野球三星ライオンズに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大学時代には2005年オランダで開催された第36回IBAFワールドカップの韓国代表に選出。予選の南アフリカ戦では8回をパーフェクトに抑えのを始め、中継ぎを中心に全11試合中7に登板。

プロ入り後[編集]

2006年新人ながら12勝を記録し、現代ユニコーンズの左のエースに成長し、同年のドーハアジア大会の韓国代表にも選ばれた。2007年もチーム2位の防御率3.63と安定した成績を残した。現代が解散し2008年ヒーローズに移籍した後も、馬一英と並ぶ左の2枚看板として活躍しチーム最多の12勝をあげ、北京オリンピック韓国代表にも抜擢された。

北京オリンピック野球韓国代表として出場。8月14日雨天サスペンデッドゲームとなり、3日後の17日に再開された予選ラウンドの中国戦の2番手としても登板し、4回を無失点に抑える好投で勝利に貢献した。また8月20日の予選ラウンド最終戦・オランダ戦では先発登板し、8回コールドゲームではあったが被安打4つの完封勝利を挙げた。

2008年シーズン後、現金30億ウォンと無名の投手を代償に三星ライオンズにトレードされた。しかし、ヒーローズの創設の前提のひとつであった「創設から5年間は選手を金銭トレードで出さない」という約束を破ったとして、韓国野球委員会(KBO)からトレードが承認されず、ヒーローズに戻された。韓国プロ野球史上、コミッショナーの裁定によってトレードが取り消されたのは初の事例である。

2009年は開幕前第2回WBC韓国代表にも選出された。1次ラウンド1戦目では大量にリードされた3番手として登板し、2回3分の1を投げ被安打4自責点2だった。2次ラウンド順位決定戦の日本戦に先発しが、内川聖一に先制の本塁打を打たれたが、3回を自責点1(失点は2)と好投。大会を通して目立った活躍はできなかった。そのときの不調を引きずったかプロ野球の公式戦でも調子が上がらず、故障もありシーズンを通して登板できなかったため、わずか4勝とプロ入り後最低の成績に終わった。同年12月末、資金難のチーム事情もあり、トレード失敗から1年たって、三星へ金銭20億ウォンと投手2人との交換条件でトレードされた。

2010年は三星で先発の軸として活躍し、自己最多、チーム最多勝となる13勝を記録した。2011年は故障により出遅れ、8勝にとどまったが先発として安定した投球を続け、韓国シリーズ優勝に貢献した。また同年のアジアシリーズでは福岡ソフトバンクホークスとの決勝戦などで先発として好投し、優勝に貢献したため大会MVPを受賞した。2012年は自己最多となる17勝を記録し、初の個人タイトルとなる最多勝を獲得した。

2013年3月、第3回WBC韓国代表として2度目の出場となった。第1ラウンド最終戦のチャイニーズタイペイ戦で8回表途中からリリーフ登板し無失点に抑えると、その裏姜正浩の逆転2ランでそのまま勝利したため勝利投手となったが、韓国は得失点差の関係で第1ラウンド敗退となった。

2013年は13勝し、シーズンオフに初のFAを行使し2014年より4年契約を三星と結んだ。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]







































W
H
I
P
2006 現代 29 12 10 0 0 0 183.1 146 19 68 142 60 58 2.85 6.97 1.17
2007 30 9 10 0 0 0 168.2 152 16 78 132 80 68 3.63 7.04 1.36
2008 ヒーローズ 27 12 8 2 2 0 167.1 145 9 59 126 54 53 2.85 6.78 1.22
2009 19 4 8 0 0 0 91.0 108 17 37 60 57 56 5.54 5.93 1.59
2010 三星 29 13 5 0 0 0 151.0 139 13 49 115 62 58 3.46 6.85 1.25
2011 25 8 8 0 0 0 115.0 139 13 37 68 58 53 4.15 5.32 1.53
2012 27 17 6 0 0 1 157.0 143 9 47 127 64 62 3.55 7.28 1.21
2013 27 13 10 1 0 0 154.0 165 21 51 104 85 75 4.38 6.08 1.34
通算成績:8年 213 88 65 3 2 1 1187.1 1137 117 426 874 520 483 3.66 6.62 1.29

獲得タイトル[編集]

  • 最多勝利:1回 (2012年)

表彰[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]