国際現代音楽協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際現代音楽協会(こくさいげんだいおんがくきょうかい、: International Society for Contemporary Music)は、新しい音楽の普及・発展を目的として戦間期1922年に設立された国際組織。略称はISCM

歴史[編集]

日本現代音楽協会(会長:坪能克裕)は日本支部として1935年に加盟。第二次世界大戦中は除名となるも、1948年に再加盟が認められ現在に至る。また、日本作曲家協議会(会長:小林亜星)は準会員組織として認められている。

大戦中の3年間を除いて毎年、加盟国持ち回りで国際音楽祭“World Music Days”(世界音楽の日々)を開催。各支部推薦曲のほか、作曲家個人や出版社からも作品を募集。寄せられた膨大な作品の中から国際審査員による選考審査を経て、約2週間に及ぶ音楽祭のプログラムが構成された。

ストラヴィンスキーシェーンベルクからメシアンクセナキスリゲティベリオシュニトケ等、日本でも受賞歴のある作曲家達にいたるまで、20世紀の重要な作曲家の多くが、この音楽祭に作品が入選している。

第1回音楽祭は1923年ザルツブルクにて開催。

といった錚々たる作曲家たちの作品が並んでいる。

日本での開催は2001年横浜大会。アジアでは1988年2002年2007年香港1997年韓国で開催。香港の開催が短期間に3度もあり、多くの弱小支部から不満が上がっているが、これは資金難を回避できるかどうかの問題に過ぎない。

近況[編集]

21世紀にはいると、ISCMの役員からも、多くの不満の声が上がるようになった。オルランド・ジャチント・ガルシアはフロリダでISCM入選作の選考を担当しているが、彼ですら「シュトットガルト大会で、ISCMは死んだ!(原文は"The ISCM died last week at 90 (actually 85) - and then began to slowly rise from its ashes")[1]」と発言。その発言がISCMのトップページに掲載された。

かつては2週間ほど大規模にフェスティバルを組めたが、今世紀は各国とも財政難が続いており、2013年に入ってはスロヴァキアの経済事情から「一年一カ国」の原則が破られ、複数国での異例の開催となった。現在では最悪の場合6日間(2011年大会)しか組めなくなっている。この状況のためか、審査員を積極的に若返らせ、なるべく新規の作曲家を公募するように、調整している。

日本人作品入選記録 (開催年、開催地、作曲者名、作品名)[編集]

2017 (バンクーバー)
  • stub
2016 (ポルトガル各地)
  • stub
2015 (スロヴェニア各地)
  • stub
2014 (ブロツワフ)
  • stub
2013 (ブラティスラヴァウィーンコシツェ)
2012 (ベルギー各地)
2011 (クロアチア)
2010 (シドニー)
2009 (スウェーデン)       
2008 (リトアニアビリニュス)
  • 湯浅譲二: Cosmos Haptic V
  • 平野一郎: Yume no matsuri
2007 (香港)
  • 鈴木琴香 : Kreisen
  • 伴谷晃二  : Reminiscences of the Hermitage
  • 権代敦彦  : Hagion Pneuma, Op. 92
  • 小林隆一  : Forest Symbolized ~ Japanesque
  • 蒲池愛  : Turnstiles
  • 松下功  : A Time for Prayer
2006 (シュトゥットガルト)   
2005 (ザグレブ) 
  • 篠原眞:Passage B, for stereo amplified woodwind quartet
  • 福井とも子:Schlaglicht, for violin and piano
  • 湯浅譲二:Chronoplastic III, for orchestra
  • 岡本文子:Origin, for oboe and bass clarinet
  • 細川俊夫:(国際審査員作品)
2004 (スイス)
  • 篠原眞:テノール・リコーダーと二十絃のためのFragment Duo
  • 藤井喬梓:夢の浮橋~ギター独奏のための
  • 伊藤弘之:弦楽四重奏曲
2003 (スロベニア)
  • 大村哲弥:層的音楽 フルート、バス・クラリネット、ピアノのために
  • 中村寛:Purgatorio
2002(香港)
2001(横浜)
  • 下山一二三:2つのコントラバスのための深響
  • 山口淳:風の廻る庭第1番 笙と6人の奏者のための
  • 小鍛冶邦隆:バンドのためのポルカ集・タンゴ集 I
  • 権代敦彦:FATHER FORGIVE~The Litany of Reconciliation~+IN PARADISUM
  • 近藤春恵:Aria 尺八と弦楽オーケストラのための
  • 鈴木和彦:hinge(未上演)
  • 田中カレン:Frozen Horizon(未上演)
  • 田中吉史:6人の奏者のためのΦ
  • 夏田昌和:West, or Evening Song in Autumn(未上演)
  • 南 聡:帯/一体何を思いついた?
  • 山本裕之:Eve
  • 一柳慧:インターリレーション ヴァイオリンとピアノのための(国際審査員作品)
  • 近藤 譲:舞曲(国際審査員作品)
  • 篠原 眞:尺八奏者のための「求道A」(国際審査員作品)
  • 野平一郎:間奏曲第1番「ある原風景」ピアノのための(国際審査員作品)
  • 野平一郎:間奏曲第2番「イン・メモリアム・T」ピアノのための(国際審査員作品)
  • 松平頼曉:GALA ピアノのための(国際審査員作品)
  • 湯浅譲二:マイ・ブルー・スカイ 第3番(国際審査員作品)
2000 (ルクセンブルク)
  • 篠原 眞:Evolution
  • 小島有利子:Eclat du Soir
  • 山本裕之:Canticum Tremulum
  • 国枝春恵:Serenade for Soprano&Harp
  • 伊藤弘之:Salamander

1999 (ルーマニア)

  • 大前 哲:In the Memories for 2 pianos and percussion
  • 篠原 眞:Undulation A for piano
  • 河内琢夫:Dancing to my Spirit
  • 竹中康博:Trail of Tears
  • 東野珠美:Dinergy 2

1998 (マンチェスター)

  • 田中カレン:Echo Canyon
  • 三木 稔:Marimba Special(演奏者推薦)

1997 (ソウル)

  • 篠原 眞:YUMEJI
  • 久留智之:ENSALADAS
  • 村雲あや子:Reconciliation

1996 (コペンハーゲン)

  • 水嶋一江:String Telephones
  • 松永通温:In the Silence of Time
  • 川島素晴:Manic Psychosis(演奏者推薦)
  • 細川俊夫:Interim(主催支部推薦)

1995 (ドイツ・ルール地方)

  • 近藤 譲:A Shape of Time
  • 中村 斉:Drawing
  • 細川俊夫:Jenseits der Flusse Babylons(国際審査員として)
  • 平 義久:Polyedre(主催支部推薦)

1994 (ストックホルム)

  • 湯浅譲二:始源への眼ざし2
  • 大村哲弥:相応歌
  • 田中カレン:Hommage en cristal

1993 (メキシコ・シティ)

  • 松下 功:時の糸1
  • 高橋 裕:シンフォニック・カルマ
  • 嶋津武仁:クリティカル・ポイント
  • 江村哲二:インテクステリア5番
  • 松平頼曉:変域(国際審査員推薦)

特別企画として、マイケル・フィニシーISCM会長のピアノ演奏により、各支部1曲ずつ2分間のピアノ作品が上演される。日本支部作品としては江村哲二の「インテクステリア4番」が上演される。----(社)日本作曲家協議会がISCM準会員として承認される

1992 (ワルシャワ)

  • 下山一二三:Voices
  • 高橋 裕:プライヤ・ナヤ・シンフォニー
  • 大村哲弥:ファンタスティッシュ・フィギュレーン2
  • 松尾祐孝:飛来4

1991 (チューリッヒ)

  • 松平頼曉:レコレクション/Pと室内Orch
  • 松平頼則:源氏物語による三つのエール
  • 久留智之:ル・イゾール
  • 久田典子:プログノスティケーション
  • 篠原 眞:コオペレーション/8邦楽器と8洋楽器
  • 湯浅譲二:プロジェクション/VcとP(国際審査員として)
  • 遠藤雅夫:And so Becomes the Water(演奏団体推薦)

1990 (オスロ)

  • 下山一二三:十七弦とVcとテープのための一期の月影
  • 田中カレン:Pのためのクリスタリーヌ
  • 西村 朗:2台Pのためのヘテロフォニー
  • 嶋津武仁:Yuki Yuki te(委嘱作品)

1989 (アムステルダム)

  • 田中カレン:アナモルフォーゼ

1988 (香港)

  • 松下 功:時の糸2
  • 西村 朗:弦楽四重奏曲

他にACLによって日本作品9曲が演奏された。

1987 (ケルン/ボン/フランクフルト)

  • 松平頼曉:レユニオン(国際審査員推薦)
  • 篠原 眞:十七弦の生まれ(主催支部推薦)
  • Wonder Products 細野晴臣音楽:ジョニー(主催支部推薦)
  • 小杉武久+マイケル・ランタ:デュオ・パフォーマンス

1986 (ブダペスト)

  • 篠原 眞:9楽器のためのプレイ
  • 田中カレン:プリズム/Orch

1985 (アムステルダム) ----入選なし

1984 (トロント/モントリオール)

  • 藤枝 守:遊星の民話2
  • 西村 朗:ケチャ
  • 莱 孝之:ソリディテイ
  • 松平頼則:雅楽の主題によるラプソディ
  • 篠原 眞:ターンズ
  • 松平頼曉:尖度1
  • 湯浅譲二:天気予報(国際審査員として)

1983 (オルフス)

  • 松平頼則:唱歌
  • 湯浅譲二:問い
  • 土居克行:ル・パンソー

1982 (グラーツ)

  • 西村 朗:オード・フォア・エクスタシス
  • 松下 功:アラバスター/3群のOrch
  • 嶋津武仁:波の音楽2

1981 (ブラッセル)

  • 篠原 眞:25人の奏者のためのエガリザシオン
  • 湯浅譲二:シーンズ・フロム・バショー

1980 (テルアヴィヴ)

  • 久保摩耶子:Yogi
  • 下山一二三:彩響(国際審査員推薦)
  • 八村義夫:錯乱の論理
  • 松平頼則:神聖な舞踊による三つの楽章のための変奏曲

1979 (アテネ)

  • 小橋 稔:鬼女
  • 篠原 眞:たゆたい
  • 坪能克裕:三の像/Orch
  • 湯浅譲二:デルフィのための儀式(委嘱作品)

1978 (ストックホルム/ヘルシンキ)

  • 湯浅譲二:時の時/Orch
  • 松永通温:Sound First
  • 篠原 眞:Relations
  • 下山一二三:Breath
  • 小橋 稔:あうん

1977 (ボン)

  • 伊東英直:Influx/弦楽四重奏
  • 清水ちさ子:Calls

1976 (ボストン)

  • 入野義朗:Stromung(主催支部推薦)

1975 (パリ)

  • 遠藤 亮:パッサージュ
  • 下山一二三:風紋2
  • 平 義久:ストラトス
  • 松平頼曉:シミュレーション/Tuba Solo
  • 松平頼則:前奏曲、間奏曲、後奏曲(同一曲再入選)
  • 三村恵章:交響曲

<電子音響部門>

  • 田崎和隆:わが心いまだ…
  • 一柳 慧:東京1969
  • 武田明倫:パノラミック・ソノール

1974 (ロッテルダム)

  • 坪能克裕:弦楽四重奏
  • 松平頼則:前奏曲、間奏曲、後奏曲(上演見送り)
  • 湯浅譲二:クロノプラスティック

1973 (レイキャヴィック)

  • 徳永秀則:Eidos
  • 篠原 眞:City Visit
  • 住谷 智:Custer of Nephroepis marsharies

1972 (グラーツ)

  • 松平頼曉:What's next?
  • 松平頼則:循環する楽章
  • 武満 徹:Stanza/Hrp.とテープ(主催支部推薦)

1971(ロンドン)

  • 南 弘明:七夕
  • 湯浅譲二:プロジェクション/弦楽四重奏

1970 (バーゼル)

  • 篠原 眞:アルテルナンス

1969 (ハンブルク)

  • 下山一二三:リフレクション
  • 松平頼曉:分布
  • 松平頼則:ポルトレ

1968 (ワルシャワ)

  • 南 弘明:挽歌

1967 (プラーハ)

  • 松平頼曉:コンフィギュレーション
  • 福島和夫:月魄

1966 (ストックホルム) ----支部失格(会費納入遅延のため)

1965 (マドリッド)

  • 松平頼則:ピアノ協奏曲
  • 松下真一:壁画
  • 安達元彦:協奏曲/弦楽器

1964 (コペンハーゲン)

  • 福島和夫:飛鏡

1963 (アムステルダム)

  • 松平頼則:舞楽/室内Orch

1962(ロンドン)     

  • 江崎健次郎:働く鼓動

1961(ウィーン)     

  • 松下真一:カンツォーナ・ダ・ソナーレ/Pと打
  • 佐藤慶次郎:カリグラフィ/P 松平頼則:フィギュール・ソノール

1960 (ケルン)

  • ----入選なし

1959 (ローマ)     

  • 松平頼則:左舞

1958 (ストラスプール)

  • 諸井 誠:希薄な展開
  • 松平頼曉:変奏曲/P.Vl.Vc.

1957 (チューリッヒ)   

  • 松平頼則:フィギュール・ソノール

1956 (ストックホルム)

  • 黛 敏郎:エクトプラズム

1955 (バーデンバーデン)

  • 諸井 誠:αβ/P

1954 ハイファ     

  • 松平頼則:催馬楽によるメタモルフォーズ

1953 (オスロー)     

  • 諸井 誠:パルティータ/Fl

1952 (ザルツブルク)   

  • 松平頼則:主題と変奏/PとOrch

1951 (フランクフルト)

  • 黛 敏郎:スフェノグラム

1950 (ブラッセル)   

  • 箕作秋吉:芭蕉紀行集

1949 ----支部再加盟 1940~48 ----第二次世界大戦中、日本は枢軸国だったので支部は除名された 1939 (ワルシャワ)   

  • 小船幸次郎:弦楽四重奏曲

1938 (ロンドン)

  • ----入選なし

1937 (パリ)        

  • 外山道子:やまとの声

1935 ----支部加盟

作曲振興[編集]

当初から、作曲家を支援するための公募やコンクールを併設している。かつては現代音楽のための作曲コンクールが「全く無く」(他の作曲コンクールは普通に行われていた)、ISCMが全ての現代音楽の鉱脈を拾えることを前提に運営していた。しかし、1990年代に入ると「ISCMの役割は終わったなどとブーレーズにいわれたが、僕はそうは思いません(カン・スキ)」という意見に象徴されるように、必ずしも現代音楽の潮流を考慮した選考が行われにくくなった。

外部リンク[編集]