山口淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山口淳
基本情報
出生名 山口淳
別名 やまぐちじゅん
出生 1967年10月19日(46歳)
学歴 九州大学大学院修士課程修了
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
ジャンル 現代音楽
職業 作曲家音楽学者
活動期間 1995年 -
公式サイト 山口淳オフィシャルウェブサイト

山口 淳(やまぐち じゅん、1967年10月19日 - )は、日本現代音楽作曲家音楽学者

経歴[編集]

東京都生まれ。九州大学大学院芸術工学府修士課程修了。修士芸術工学)。西岡龍彦松平頼暁ハヤ・チェルノヴィン中村滋延に師事。
1996年、第6回秋吉台国際作曲賞にて山口県知事賞、第13回日本現代音楽協会作曲新人賞入選。1999年、第20回入野賞受賞。2001年ISCM World Music Days横浜大会入選。2003年、第72回日本音楽コンクール作曲部門入選。
2001年、Asian Cultural Councilの招きとグラントにより渡米し、2002年までニューヨークに滞在(滞在中に2001年9月11日の米国同時多発テロに間近で遭遇)。
現在形の音楽深新會(第2次)などでのグループ活動での作品発表の他、秋吉台国際20世紀音楽セミナー&フェスティバルなど作品は国内外で演奏される。また、2003年以降、現代音楽専門の楽譜出版社「マザーアース」から作品が順次出版される。2004年頃から一時、本名をひらがな書きにしたペンネームを使用している。近年は音楽学の分野でも活動している。

作風[編集]

刹那的なテンションの高さと、沈黙に至る余韻を聞き込む態度が全作品に共通して見られる。一時期は新しい複雑性譲りの数的操作や、松平の作曲技法をコンピュータプログラムで参照するなど迷いの時期もあったが、近年はそのような力みが消えた独自の境地を展開している。ピアニストとしてもなかなかに聞かせる腕前を持っている。[要出典]

主要作品[編集]

  • 化身第4番〜ピアノのための
  • 化身第5番〜トランペット奏者(ゼフュロス)のための
  • 風の密度 II〜テナーサックス、ヴァイオリン、打楽器とピアノのための
  • サクリファイス〜2人のヴァイオリン奏者のための
  • 風の廻る庭第1番〜と6人の奏者のための
  • 風の廻る庭第2番〜笙とヴァイオリンのための
  • 舞曲第2番〜トロンボーンコントラバスのための
  • 舞曲第3番/悲歌〜ソプラノと弦楽オーケストラのための
  • 間奏曲—祈りと胎動 松平頼暁の未完のレクイエムによる〜オルガンのための
  • 弦楽四重奏曲第1番
  • 弦楽四重奏曲第2番—ニューヨーク、2001年9月11日の追憶に
  • 恋唄〜と電子音のための
  • 絃の幻影〜箏のための
  • 天地有楽〜箏とピアノのための
  • ラ・フォリア〜映像と電子音のための
  • 絃の幻影第2番〜ピアノと電子音のための
  • 静寂の舞〜ピアノのための
  • 彩られた幻影〜フルートのための

関連項目[編集]

外部リンク[編集]